福井慎二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふくい しんじ
福井 慎二
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 北海道札幌市
生年月日 (1956-07-17) 1956年7月17日(62歳)
最終学歴 小樽商科大学商学部卒業
勤務局 NHK札幌放送局
部署 放送部
職歴 旭川秋田釧路→札幌→東京アナウンス室長野→札幌→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→札幌→旭川→札幌
活動期間 1980年
公式サイト NHK
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

福井 慎二(ふくい しんじ、1956年7月17日 - )は北海道生まれ、小樽商科大学卒業で、北海道にあるNHK札幌放送局シニアアナウンサー

人物[編集]

北海道出身で、みずから番組内で、雪国寒冷地の勤務地が多いことに触れた経験がある。北海道札幌東高等学校を経て、小樽商科大学商学部卒業後、1980年入局。

嗜好・挿話[編集]

  • 22:50〜22:55の関東甲信越ローカルニュース(担当当時)のエンディングで、「関東甲信越のニュースをお伝えしました」の口上と共に、切り替わったカメラに向かって独特のお辞儀をするのが特徴だった。
  • 2018年9月の北海道の大地震被災地情報を伝える際の最初と最後の部分でも、独特で一風変わったお辞儀をする本人が尊重してやまない流儀は変えていない。
  • 社会人になった直後と晩年は、出身地・北海道の旭川放送局に所属した。
  • 入局以来、主に北日本での勤務が多くなっている。今夜も生でさだまさしスペシャル(2015.3.29)に出演した際に転勤した放送局を自ら紹介し、東京以外は雪国や寒冷地が多いと語った。勤務した北海道秋田長野金沢の各放送局とも該当する。
  • スポーツ実況アナウンサーを目指したあと、事件・事故の緊急報道やおはよう日本の現場リポーター、国会中継等を担当したこと、および、NHKニュース7ニュースウオッチ9のニュースリーダーやナレーターを務めたこと等から、雪国や寒冷地の勤務経験が多いことに加え、報道系アナと位置付けられる一面もある。
  • 2016年3月25日のニュースウオッチ9 のエンディングで、この日で降板する気象予報士の井田寛子やフィールドリポーターの児林大介(現・盛岡放送局)らと共に出演し、4月からふるさとの北海道に移って地域放送を担当する趣旨の挨拶をした。通算7年間ナレーションを担当したうち、画面に登場したのはこの1回だけであった。
  • アナウンサーになったきっかけは、中学生の頃に聴いていたラジオの深夜放送のパーソナリティー亀淵昭信に憧れたことと、学生時代に見た映画「大統領の陰謀」の影響で報道の世界に興味を持った事をあげている。(旭川放送局ホームページ)
  • 鰊漁のために北海道に渡った祖先から数えて移住者6代目で、本家は積丹町で、その鰊御殿が資料館になっている。(札幌放送局ホームページ)

現在の担当番組[編集]

  • 北海道のニュース

過去の担当番組[編集]

出典[編集]

『アナウンサーたちの70年』 講談社 1992年 ISBN 4062032325

外部リンク[編集]