砂糖依存症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

砂糖依存症(さとういぞんしょう、英語: Sugar Addiction)とは、砂糖の含有量が多い甘い飲料食品の過剰摂取によって様々な疾患が発現する原因となる依存症の一種である[1]。「砂糖中毒」とも呼ばれる。

甘味のメカニズム[編集]

砂糖の主成分であるショ糖(sucrose, スクロース)は、ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)で構成され、果糖がおいしい甘さをもたらす[2]清涼飲料水に使われる「高果糖コーンシロップ」のような異性化糖は、果糖55%、ブドウ糖45%の割合で健康への影響はショ糖と同様とされる[2]。この糖分は「果糖ブドウ糖液糖」と呼ばれる。

臨床学的根拠[編集]

砂糖に対する「依存症」という定義は、合意が不足していて複雑であり、患者にとっても甘い飲料食品の過剰摂取による自覚症状がない場合もある。1998年、キャサリン・デスメゾンズは、脳でのオピオイドμ受容体の活性により引き起こされた生理状態について砂糖依存症の概念を提唱した[3]。デスメゾンズは、砂糖が鎮痛剤として作用しモルヒネブロッカーから遮断することができたことを示す先行研究[4]に基づき、砂糖はDSM IVで概説されていた他の薬物依存症と同様の依存関係があると指摘した。それ以来、デスメゾンズによる仮説を確証する臨床検査が増加し[1][5]プリンストン大学のバード・ホーベルは、砂糖がほかのドラッグに対するゲートウェイドラッグ(入門薬物)として機能する可能性に注目し、砂糖の神経科学的な作用を研究した。

2008年の研究「砂糖依存症の臨床根拠:砂糖の周期的な過剰摂取に関する行動神経化学的機能」でも、砂糖が脳内ドーパミンオピオイドに作用し、依存症となる可能性についての臨床根拠が得られており、「乱用」「離脱症状」「渇望」「交差感作」の四つの過程において行動主義的に砂糖乱用が強化因子として作用すること薬物依存との比較を通じて立証された[1]神経の適合は、ドーパミンオピオイド受容体の結合、エンケファリンmRNAの発現と側坐核におけるドーパミンとアセチルコリンの放出の変化を含んでいる。

リーア・アリニエーロ( Leah Ariniello )は、砂糖依存症とラットの実験について、以下のように述べている[5]

近年のラット実験は、砂糖とドラッグの共通点を示している。薬物依存は一般に、薬物摂取の増大、摂取停止からの離脱症状、薬物への渇望と摂取回帰という三つの段階を経由する。砂糖を投与したラットも同様の行動をとった。実験では、餌を与えずに12時間経過してから砂糖水を与えた。周期的な過剰摂取(乱用)によって摂取は増大し、倍加した。餌の停止またはオピオイド遮断によってラットは歯ぎしりや震えといった、薬物中毒者と同様の禁断症状を発症し、再発の兆候も示した。ラットへの砂糖水投与をやめると、砂糖水の出るレバーを何度も押すようになった。

砂糖関連の企業が行った実験では、ラットに対してカロリーゼロの甘味料投与によって類似作用が報告されている[6]

砂糖と甘味は、脳のβエンドルフィン受容体の部位を活動させる刺激となるが、これらはヘロインモルヒネを摂取した際に惹き起こされる反応と同じものである[要出典]

摂食障害との関連[編集]

心理学者は、これらの研究によって過食症診断の基準を確立させることができると主張するが、それよりも砂糖を乱用薬物と同じカテゴリーとみなして用いるよう注意すべき結果といえる。彼らは、食物摂取量と依存症を支配するシステムの間になんらかの重複があると信じているが、ある特定の食物に依存性があるとはまだ明確に述べることはできていない[要出典]。もし定期的な摂取を停止したあと、乱用するようであれば、甘い食品への依存とすることができ、これは神経性大食症のような摂食障害と関連する可能性を示唆している(上記引用したラット実験)。

一般的に依存症に分類されるには、再現性のある「二重盲検」の実験によって、以下の3つの過程の観察データを提示する必要がある。

  1. 摂取量が増加する行動パターンと神経伝達物質の変化
  2. 欠乏時の神経伝達物質の変化と離脱症状の兆候
  3. 離脱症状後の再発と渇望の兆候

2003年、国際連合が委託した世界保健機関国際連合食糧農業機関委員会の報告では、砂糖は健康的な食事では10%以上を占めるべきではないと定められた[7]。砂糖を使った製品の生産に従事する業界団体であるアメリカ砂糖協会( en:The Sugar Association )は、「飲食品の砂糖の含有率は25%までは安全」と主張しているが、タフツ大学が発表した以下の研究結果とは矛盾する。

プリンストン大学の砂糖依存症研究では、一般に市場で人が入手している炭酸飲料水と同程度の25%の割合の砂糖水をラットに投与したところ、一ヶ月でラットは甘い飲食品への依存症状を見せるようになり、通常の餌よりも砂糖水の摂取を選ぶようになった。 - タフツ大学 Health & Nutrition Letter[6]

砂糖と疾患[編集]

アメリカ人の肥満の原因は砂糖、とくに「果糖にある」とされる。コロラド大学デンバー校のリチャード・ジョンソン( Richard Johnson )によると、ブドウ糖が全身の細胞で代謝されるのに対し、果糖は肝臓が中性脂肪にして(※果糖を代謝できるのは肝臓だけ)蓄積する。これが続くと、肝機能が低下し、脂肪肝の原因となる[2]。また、血中の中性脂肪の濃度が高い状態が続くと、高血圧脂質異常症を発症する。血糖値を維持しようとして膵臓がインスリンの分泌量を増やすことで、インスリン抵抗性を発症、さらには糖尿病メタボリック症候群を発症し、心臓発作のリスクが増大する[2]。ヒトが運動不足になる原因も砂糖依存によるといわれ、「糖分の摂取は一時的に高揚感が得られるが、エネルギーを奪われる」という[2]

砂糖中毒[編集]

アメリカ合衆国の歯科医師ウェストン・プライスWeston Price )は、狩猟採集生活を送っている集団の食生活についての研究をまとめた報告書『食生活と身体の退化―先住民の伝統食と近代食その身体への驚くべき影響』(1939年)の中で、「砂糖を食べるようになってから、虫歯を患ったり、栄養不足に伴う病気が増えた」と述べている。ジョン・ユドキンJohn Yudkin )は、著書『Pure, White and Deadly』(1972年)の中で、「肥満や心臓病を惹き起こす犯人は砂糖であり、食べ物に含まれる脂肪分は、これらの病気とは何の関係も無い」と断じている。ユドキンの主張を支持する者の1人として、カリフォルニア大学神経内分泌学者ロバート・ラスティグRobert Lustig )がおり、カリフォルニア大学が製作・公開したラスティグによる講演『Sugar: The Bitter Truth』の中で、「砂糖は毒物であり、ヒトを肥満にさせ、病気にさせる」「砂糖の含有量が多いものには課税すべきだ」と断じており[8]、著書『Fat Chance』の中でもそのように主張している。また、「砂糖はカロリーがあるだけで栄養価は皆無であり、肥満をもたらすだけでなく、タバコアルコールと同じように中毒性が強く、含有する成分の果糖が内分泌系に悪影響を与え、心臓病や心臓発作、2型糖尿病を発症するリスクを高める」として、「砂糖の含有量が多いものには課税すべきである」との主張を科学雑誌ネイチャー誌( 『Nature』 )に発表した[9]アメリカ心臓協会The American Heart Association )は、糖分の過剰摂取について「砂糖は高カロリーで栄養がないから」として警告しているが、ジョンソンやラスティグは、「カロリーの問題ではない」と述べている。

サイエンス・ジャーナリストのゲアリー・タウブスGary Taubes )は、2016年に出版した著書『The Case Against Sugar』(『砂糖に対する有罪判決』)の中で、「砂糖は『中毒性の強い薬物の一種』であり、ヒトを肥満にさせるだけでなく、心疾患の原因でもあり、健康を脅かす」「肥満とは、身体がホルモン障害を惹き起こした結果であり、そのスイッチを入れるのは砂糖である」と断じている[10]

カナダの腎臓内科医ジェイスン・ファン( Jason Fung )も、「砂糖の摂取は、血糖値および血中のインスリン濃度を速やかに急上昇させ、その状態を長時間に亘って持続させ、さらにはインスリン抵抗性をも同時に惹き起こす」「砂糖や人工甘味料は、インスリン抵抗性を惹き起こす直接の原因となる」「『どれくらいの量なら砂糖を摂取してもいいか』というのは、『どれくらいの量ならタバコを吸ってもいいのか』という質問と同じである」「砂糖を食べると太る。この事実に異を唱える者はいないだろう」「太りたくない、体重を減らしたいのなら、真っ先にやるべきなのは、糖分を厳しく制限することである」と断じている[11]

その他[編集]

1996年、ミシシッピ州クラークスデールは、肥満糖尿病高血圧心臓病を抱える住民の割合が全米中著しく高いという報告を受け、小学校からコーラやスナック菓子の自動販売機が撤去された[2]。クラークスデールは奴隷貿易時代には砂糖のプランテーションがあり、黒人奴隷が砂糖生産に多数従事していた歴史がある[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Hoebel BG; Rada P; Avena NM (2008). “Evidence for sugar addiction: behavioral and neurochemical effects of intermittent, excessive sugar intake”. Neuroscience and Biobehavioral Review 32 (1): 20–39. doi:10.1016/j.neubiorev.2007.04.019. PMC: 2235907. PMID 17617461. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2235907/. 
  2. ^ a b c d e f g リッチ・コーエン「砂糖の誘惑、その甘くない現実」ナショナル ジオグラフィック2013年8月号、日経BPnet,2013年8月8日。
  3. ^ Kathleen DesMaisons, Ph.D. (1998). "Potatoes Not Prozac." Simon & Schuster. ISBN 141655615X
  4. ^ Blass, E., E. Fitzgerald, and P. Kehoe, Interactions between sucrose, pain and isolation distress. Pharmacol Biochem Behav, 1987. 26(3): p. 483-9. PMID 3575365.
  5. ^ a b (Leah Ariniello, Brain Briefings, October 2003)
  6. ^ a b Tufts University Health & Nutrition Letter.New York:OCT 2002. Vol.20, Iss.8; Pg.1,3pgs. Media reports of sugar being addictive were inaccurate and speculative
  7. ^ WHO/FAO release independent Expert Report on diet and chronic disease(WHO)
  8. ^ Sugar: The Bitter Truth - YouTube
  9. ^ Robert H. Lustig, Laura A. Schmidt and Claire D. Brindis (2012年2月2日). “VOL.482 NATURE, P27 The toxic truth about sugar”. Nature. 2019年10月15日閲覧。
  10. ^ Taubes, Gary (2016). The Case Against Sugar. New York City: Alfred A. Knopf. ISBN 978-0307701640. 
  11. ^ Fung, Jason (2016). The Obesity Code: Unlocking the Secrets of Weight Loss. Canada: Greystone Books. ISBN 9781771641258. 

参考文献[編集]

  • Kathleen DesMaisons, Ph.D. (2000). The Sugar Addict's Total Recovery Program. Ballantine Books. ISBN 0-345-44132-X.
  • Kathleen DesMaisons, Ph.D. (2008). "Potatoes Not Prozac." Simon & Schuster. ISBN 141655615X
  • Hoebel BG; Rada P; Avena NM (2008). “Evidence for sugar addiction: behavioral and neurochemical effects of intermittent, excessive sugar intake”. Neuroscience and Biobehavioral Review 32 (1): 20–39. doi:10.1016/j.neubiorev.2007.04.019. PMC: 2235907. PMID 17617461. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2235907/. 
  • Avena NM, Hoebel BG. A diet promoting sugar dependency causes behavioral cross-sensitization to a low dose of amphetamine. Neuroscience. 2003;122(1):17-20. PMID 14596845.
  • Avena NM, Long KA, Hoebel BG. Sugar-dependent rats show enhanced responding for sugar after abstinence: evidence of a sugar deprivation effect. Physiol Behav. 2005 Mar 16;84(3):359-62. PMID 15763572.
  • Blass, E., E. Fitzgerald, P. Kehoe, Interactions between sucrose, pain and isolation distress. Pharmacol Biochem Behav, 1987. 26(3): p. 483-9. PMID 3575365.
  • Blass, E.M., A. Shah, Pain-reducing properties of sucrose in human newborns. Chem Senses, 1995. 20(1): p. 29-35. PMID 7796057.
  • Carlo Colantuoni, Pedro Rada,, Joseph McCarthy, Caroline Patten, Nicole M. Avena, Andrew Chadeayne, Bartley G. Hoebel. Evidence That Intermittent, Excessive Sugar Intake Causes Endogenous Opioid Dependence. Obesity Research 10:478-488 (2002) PMID 12055324.
  • Cleary, J., et al., Naloxone effects on sucrose-motivated behavior. Psychopharmacology (Berl), 1996. 126(2): p. 110-4. PMID 8856829.
  • Colantuoni C, Schwenker J, McCarthy J, Rada P, Ladenheim B, Cadet JL, Schwartz GJ, Moran TH, Hoebel BG. Excessive sugar intake alters binding to dopamine and mu-opioid receptors in the brain. Neuroreport. 2001 Nov 16;12(16):3549-52. PMID 3801926.
  • Czirr, S.A., L.D. Reid, Demonstrating morphine's potentiating effects on sucrose-intake. Brain Res Bull, 1986. 17(5): p. 639-42. 15085560.
  • D'Anci, K.E., R.B. Kanarek, Naltrexone antagonism of morphine antinociception in sucrose- and chow-fed rats. Nutr Neurosci, 2004. 7(1): p. 57-61. PMID PMID 8853191.
  • D'Anci, K.E., R.B. Kanarek, and R. Marks-Kaufman, Duration of sucrose availability differentially alters morphine-induced analgesia in rats. Pharmacol Biochem Behav, 1996. 54(4): p. 693-7.
  • Drewnowski, A., M.R. Greenwood. Cream and sugar: human preferences for high-fat foods. Physiol Behav, 1983. 30(4): p. 629-33. PMID 6878464.
  • Drewnowski, A., et al., Taste responses and preferences for sweet high-fat foods: evidence for opioid involvement. Physiol Behav, 1992. 51(2): p. 371-9. PMID 1313591.
  • Drewnowski, A., et al., Naloxone, an opiate blocker, reduces the consumption of sweet high-fat foods in obese and lean female binge eaters. Am J Clin Nutr, 1995. 61(6): p. 1206-12.
  • Erlanson-Albertsson, C., Sugar triggers our reward-system. Sweets release opiates which stimulates the appetite for sucrose—insulin can depress it. Lakartidningen, 2005. 102(21): p. 1620-2, 1625, 1627. PMID 15962882.
  • Fantino, M., J. Hosotte, M. Apfelbaum. An opioid antagonist, naltrexone, reduces preference for sucrose in humans. Am J Physiol, 1986. 251(1 Pt 2): p. R91-6. PMID 3728712.
  • Fullerton, D.T., et al., Sugar, opioids and binge eating. Brain Res Bull, 1985. 14(6): p. 673-80.
  • Kampov-Polevoy, A.B., et al., Sweet preference predicts mood altering effect of and impaired control over eating sweet foods. Eat Behav, 2006. 7(3): p. 181-7. PMID 16843219.
  • Kanarek, R.B., S. Mandillo, C. Wiatr. Chronic sucrose intake augments antinociception induced by injections of mu but not kappa opioid receptor agonists into the periaqueductal gray matter in male and female rats. Brain Res, 2001. 920(1-2): p. 97-105. PMID 11716815.
  • Laeng, B., K.C. Berridge, C.M. Butter. Pleasantness of a sweet taste during hunger and satiety: effects of gender and "sweet tooth". Appetite, 1993. 21(3): p. 247-54. PMID 8141596.
  • Leventhal, L., et al., Selective actions of central mu and kappa opioid antagonists upon sucrose intake in sham-fed rats. Brain Res, 1995. 685(1-2): p. 205-10. PMID 7583248.
  • Levine, A.S., C.M. Kotz, B.A. Gosnell. Sugars and fats: the neurobiology of preference. J Nutr, 2003. 133(3): p. 831S-834S. PMID 12612162.
  • Levine, A.S., et al., Opioids and consummatory behavior. Brain Res Bull, 1985. 14(6): p. 663-72. PMID 2992720.
  • Rada P, Avena NM, Hoebel BG. Daily bingeing on sugar repeatedly releases dopamine in the accumbens shell. Neuroscience. 2005;134(3):737-44. PMID 15987666.
  • Schoenbaum, G.M., R.J. Martin, D.S. Roane. Relationships between sustained sucrose-feeding and opioid tolerance and withdrawal. Pharmacol Biochem Behav, 1989. 34(4): p. 911-4. PMID 2623045.
  • Spangler R, Wittkowski KM, Goddard NL, Avena NM, Hoebel BG, Leibowitz SF. Opiate-like effects of sugar on gene expression in reward areas of the rat brain. Brain Res Mol Brain Res. 2004 May 19;124(2):134-42. PMID 15135221.
  • 「太る原因は「砂糖依存症」?」日経BPnet,2013年8月8日
  • リッチ・コーエン「砂糖の誘惑、その甘くない現実」ナショナル ジオグラフィック2013年8月号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]