行動嗜癖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

行動嗜癖(こうどうしへき、Behavioral addiction)、プロセス嗜癖(process addiction)、過程嗜癖(かていしへき)[5][6][7])とは、 嗜癖の一形態であり、当人の身体的、精神的、社会的、金銭的な幸福に対してネガティブな結果を招くにも関わらず、報酬刺激をもたらす非薬物関連行動へ強迫的に従事している状態[8][9]。自然報酬(natural reward)とも呼ばれている[10][11]。これにはΔFosB という転写因子が関与することが判明しており、行動と薬物の両方の嗜癖に関与する共通因子であって、報酬系における神経適応セットに関連するとされている[10][11][12]

精神医学的分類[編集]

現在の診断モデルにおいては、行動嗜癖の臨床現場での診断に必要な基準は作成されていない。DSM-5においては新しい分類として行動嗜癖を追加しようと提案されているが、現在含まれているのはギャンブル障害のみである。オンラインゲーム嗜癖は、今後の研究課題として付録に加えられた[13][14]

行動嗜癖は衝動制御障害と呼ばれることもあり、治療可能な嗜癖の形態としてますます認識されている[15]

嗜癖性ありとして特定されている過剰行動には、ギャンブル摂食性交ポルノパソコンビデオゲームインターネットエクササイズ買い物がある。

治療[編集]

行動嗜癖は治療可能な状態である。治療手法には心理療法薬物療法、またはその組み合わせが行われ、一般的なのは認知行動療法(CBT)である。CBTは強迫的行動を引き起こすパターンを特定し、より健康的な行動を促進するためにライフスタイルの変更を行うことに焦点を当てている。行動嗜癖の治療のために承認された薬物は現在のところ存在しないが、物質依存の治療に使用されるいくつかの薬物は、ある種の行動嗜癖にも有益であり得る[16]

脚注[編集]

  1. ^ “Chapter 15: Reinforcement and Addictive Disorders”. Molecular Neuropharmacology: A Foundation for Clinical Neuroscience (2nd ed.). New York: McGraw-Hill Medical. (2009). pp. 364–375. ISBN 9780071481274. 
  2. ^ Nestler EJ (December 2013). “Cellular basis of memory for addiction”. Dialogues Clin. Neurosci. 15 (4): 431–443. PMC 3898681. PMID 24459410. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3898681. 
  3. ^ Glossary of Terms”. Department of Neuroscience. 2015年2月9日閲覧。
  4. ^ “Neurobiologic Advances from the Brain Disease Model of Addiction”. N. Engl. J. Med. 374 (4): 363–371. (January 2016). doi:10.1056/NEJMra1511480. PMID 26816013. 
  5. ^ “Diagnostic instruments for behavioural addiction: an overview”. Psychosoc Med 4: Doc11. (2007). PMC 2736529. PMID 19742294. http://www.egms.de/static/en/journals/psm/2007-4/psm000043.shtml. 
  6. ^ Potenza MN (September 2006). “Should addictive disorders include non-substance-related conditions?”. Addiction 101 Suppl 1: 142–51. doi:10.1111/j.1360-0443.2006.01591.x. PMID 16930171. 
  7. ^ Shaffer, Howard J. (1996). “Understanding the means and objects of addiction: Technology, the internet, and gambling”. Journal of Gambling Studies 12 (4): 461–9. doi:10.1007/BF01539189. PMID 24234163. 
  8. ^ Stein, Dan J.; Hollander, Eric; Rothbaum, Barbara Olasov (31 August 2009). Textbook of Anxiety Disorders. American Psychiatric Pub. pp. 359–. ISBN 978-1-58562-254-2. https://books.google.com/books?id=quQY1R8vsZcC&pg=PA359 2010年4月24日閲覧。. 
  9. ^ “Behavior and substance addictions: is the world ready for a new category in the DSM-V?”. CNS Spectr 12 (4): 257; author reply 258–9. (April 2007). PMID 17503551. http://www.cnsspectrums.com/aspx/articledetail.aspx?articleid=1035. 
  10. ^ a b “Transcriptional and epigenetic mechanisms of addiction”. Nat. Rev. Neurosci. 12 (11): 623–637. (November 2011). doi:10.1038/nrn3111. PMC 3272277. PMID 21989194. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3272277. 
  11. ^ a b Olsen CM (December 2011). “Natural rewards, neuroplasticity, and non-drug addictions”. Neuropharmacology 61 (7): 1109–22. doi:10.1016/j.neuropharm.2011.03.010. PMC 3139704. PMID 21459101. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3139704. 
  12. ^ “Sex, drugs, and rock 'n' roll: hypothesizing common mesolimbic activation as a function of reward gene polymorphisms”. J. Psychoactive Drugs 44 (1): 38–55. (2012). doi:10.1080/02791072.2012.662112. PMC 4040958. PMID 22641964. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4040958. 
  13. ^ Kuss, Daria (2013). “Internet gaming addiction: current perspectives”. Psychological Research and Behavior Management 6 (6): 125–137. doi:10.2147/PRBM.S39476. PMC 3832462. PMID 24255603. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3832462. 
  14. ^ Is your child a gaming addict?”. 2017年4月1日閲覧。
  15. ^ Grant, Jon: Impulse Control Disorders: A Clinician's Guide to Understanding and Treating Behavioral Addictions
  16. ^ “Introduction to behavioral addictions”. Am. J. Drug Alcohol Abuse 36 (5): 233–241. (September 2010). doi:10.3109/00952990.2010.491884. PMC 3164585. PMID 20560821. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3164585. 

関連項目[編集]