石原千秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石原 千秋(いしはら ちあき、1955年11月30日[1] - )は、日本国文学者早稲田大学教授。専門は日本近代文学。男性。

経歴[編集]

東京都狛江市生まれ。東京都立千歳高等学校を経て、[要出典]1979年成城大学文芸学部国文学科卒業。1983年同大学院博士課程後期中退(文学修士)。1983年東横学園女子短期大学助教授、93年成城大学文芸学部教授、2003年早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専門は日本近代文学研究。[2]

漱石文学の読解から出発し、小森陽一とともに『漱石研究』(翰林書房)の責任編集を務めた(1993年10月に創刊、2005年11月の第18号で終刊)。その後、テクスト論の立場から、ケータイ小説にいたるまで多くの小説の読解を行っている。また、子供の私立中学受験を機に、中学、高校、大学の国語入試問題について、テクスト分析や言説分析の観点からのエッセイを著した。さらに、国語教科書のテクスト分析も行っている[要出典]。2007年4月から「産経新聞」の文芸時評を担当。

一年間の浪人を経て、成城大学の二期試験に合格・進学[3]。大学院時代は東郷克美に師事[4]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『反転する漱石』(青土社、1997年)
    • 長らく絶版だったが、『反転する漱石 増補新版』(青土社、2016年)として復刊
  • 『秘伝 中学入試国語読解法』(新潮選書、1999年)
  • 『漱石の記号学』(講談社選書メチエ、1999年)
    • 絶版状態が続いていたが、大幅に加筆の上、『漱石入門』(河出文庫、2016年)として復刊
  • 『教養としての大学受験国語』(ちくま新書、2000年)
  • 『小説入門のための高校入試国語』(NHKブックス、2002年)
  • 『大学受験のための小説講義』(ちくま新書、2002年)
  • 『テクストはまちがわない』(筑摩書房、2004年)
  • 『漱石と三人の読者』(講談社現代新書、2004年)
  • 『評論入門のための高校入試国語』(NHKブックス、2005年)
  • 『『こころ』大人になれなかった先生』(みすず書房、2005年)
    • 同増補『『こころ』で読みなおす漱石文学 大人になれなかった先生』(朝日文庫、2013年)
  • 『国語教科書の思想』(ちくま新書、2005年)
  • Jポップの作詞術』(HNK出版 生活人新書、2005年)
  • 『学生と読む『三四郎』』(新潮選書、2006年)
  • 『大学生の論文執筆法』(ちくま新書、2006年)
  • 『百年前の私たち』(講談社現代新書、2007年)
  • 『未来形の読書術』(ちくまプリマー新書、2007年)
  • 『秘伝 大学受験の国語力』(新潮選書、2007年)
  • 『謎とき 村上春樹』(光文社新書、2007年)
  • 『中学入試国語のルール』(講談社現代新書、2008年)
  • 『ケータイ小説は文学か』(ちくまプリマー新書、2008年)
  • 『受験国語が君を救う!』(河出書房新社、2009年)
  • 『国語教科書の中の「日本」』(ちくま新書、2009年)
  • 『名作の書き出し 漱石から春樹まで』(光文社新書、2009年)
  • 『読者はどこにいるのか 書物の中の私たち』(河出ブックス、2009年)
  • 『あの作家の隠れた名作』(PHP新書、2009年)
  • 『漱石はどう読まれてきたか』(新潮選書、2010年) 
  • 『近代という教養 文学が背負った課題』(筑摩選書、2013年)
  • 『教養として読む現代文学』(朝日選書、2013年)
  • 『打倒! センター試験の現代文』(ちくまプリマ-新書、2014年)
  • 『なぜ『三四郎』は悲恋に終わるのか 「誤配」で読み解く近代文学』(集英社新書、2015年)
  • 『生き延びるための作文教室』(河出書房新社、2015年)
  • 『漱石激読』(小森陽一との対談、河出ブックス、2017年) 

共編著[編集]

  • 夏目漱石 3』(有精堂 1985.7)
  • 『夏目漱石 反転するテクスト』(有精堂出版 1990.4)
  • 『読むための理論』(世織書房 1992.3)
  • (小森陽一)共編『漱石を語る』1-2(翰林書房 1998)
  • 『夏目漱石『こころ』をどう読むか』(責任編集・河出書房新社 2014.5)
  • 『夏目漱石『三四郎』をどう読むか』(責任編集・河出書房新社 2014.10)
  • 『生まれて来た以上は、生きねばならぬ 漱石珠玉の言葉』(編集、新潮文庫、2017.2)

解説[編集]

  • 若林幹夫『増補 地図の想像力』(河出文庫、2009年)
  • 小林秀雄『直観を磨くもの 小林秀雄対話集』(新潮文庫、2013年)
  • 夏目漱石『社会と自分 漱石自選講演集』(ちくま学芸文庫、2014年)

監修[編集]

  • 『教科書で出会った名詩一〇〇』(新潮文庫、2014年)
  • 『教科書で出会った名句・名歌三〇〇』(新潮文庫、2015年)
  • 『教科書で出会った古文・漢文一〇〇』(新潮文庫、2017年)

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑2007』
  2. ^ researchmap - 石原千秋 http://researchmap.jp/read0044380/
  3. ^ 石原千秋『教養としての大学受験国語』298-300頁
  4. ^ 石原千秋『反転する漱石』(1997年)386頁、あるいは、『百年前の私たち』268頁
  5. ^ 学校法人成城学園企画広報部編『sful 成城だより』vol.5(2015年7月)「対談 石原千秋×荻上チキ『文学を通して世界を見るその目はここで鍛えられた』」10-13頁
  6. ^ 石原千秋『学生と読む『三四郎』』110頁
  7. ^ 石原千秋『教養としての大学受験国語』8頁、あるいは、『生き延びるための作文教室』21頁
  8. ^ 石原千秋『教養としての大学受験国語』298頁、あるいは、『生き延びるための作文教室』15頁

参考[編集]