牟礼慶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
牟礼 慶子
ペンネーム 牟礼 慶子
誕生 (1929-02-01) 1929年2月1日
日本の旗 日本東京都の旗 東京都
死没 (2012-01-29) 2012年1月29日(満82歳没)
配偶者 谷田昌平
テンプレートを表示

牟礼 慶子(むれ けいこ、1929年[昭和4年]2月1日 - 2012年[平成24年]1月29日)は、日本の詩人

東京都出身。東京府立第十二高等女学校(のちの東京都立北野高等学校)、実践女子専門学校(現・実践女子大学)国文科卒業。本姓・谷田。夫は堀辰雄の研究者で「新潮」の編集長なども務めた、文芸評論家谷田昌平

学生時代は井坂洋子の母親らと回覧雑誌に参加して短歌を作っていたが、のちに詩に転向。当初、同人誌「青銅」に参加。その後、「荒地」に参加、鮎川信夫に師事。1993年、評伝『鮎川信夫 路上のたましい』で第1回やまなし文学賞受賞。教員時代(狛江市立狛江第一中学校狛江市立狛江第二中学校)の教え子に早稲田大学教育学部教授石原千秋日本近代文学)やプロレスラー越中詩郎がいる。

2012年1月29日、脳梗塞(こうそく)のため死去[1]。82歳没。

著書[編集]

  • 『来歴』世代社 1960
  • 『魂の領分』思潮社 1965
  • 『日日変幻』山梨シルクセンター出版部(現代女性詩人叢書) 1972
  • 『ことばの冠 詩集』花神社 1989
  • 『鮎川信夫 路上のたましい』思潮社 1992
  • 『牟礼慶子詩集』思潮社 現代詩文庫 1995
  • 『鮎川信夫からの贈りもの』思潮社 2003
  • 『夢の庭へ』思潮社 2009

脚注[編集]

参考[編集]