覚和歌子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

覚 和歌子(かく わかこ、1961年9月1日 - )は、日本の作詞家詩人、シンガーソングライター。夫は落語家入船亭扇辰。覚和歌子名義となる前には蓮田ひろか名義でも作詞家として多数の詩を提供していた[1]

略歴[編集]

山梨県山梨市生まれで、中学校より千葉県松戸市で育つ[2][3]。小学校3年から高校まで合唱部に所属する[3]早稲田大学第一文学部卒業。大学ではミュージカル研究会に所属し主に作曲を担当する[4]

1985年、前衛ロックバンド「ショコラータ」に作詞提供してデビュー。その後、沢田研二ムーンライダーズFAIRCHILD、オルケスタ・デル・ソル、平原綾香SMAP夏川りみクミコ新垣勉などに作詞提供。

1992年以後、自作詩の朗読ステージを国内外で精力的に展開(継続中)。「朗読するための物語詩」という独自の分野を開拓し、評価を受ける。

2001年千と千尋の神隠し』主題歌「いつも何度でも」が第43回日本レコード大賞金賞、第25回日本アカデミー賞協会特別賞(主題歌賞)。

2008年公開の『崖の上のポニョ』ではオープニング主題歌「海のおかあさん」を宮崎駿監督と共作。

著作に、第一物語詩作品集『ゼロになるからだ』(徳間書店)、最新詩集『海のような大人になる』(理論社)、エッセイ、翻訳絵本など多数。

2004年 ソロアルバム『青空1号』をソニー・ミュージックダイレクトよりリリース。

2008年 5月公開の写真映画『ヤーチャイカ』では、原作・脚本・監督(共同監督・谷川俊太郎)。

2009年 ル・テアトル銀座での『届かなかったラブレター』(クミコ、井上芳雄・主演)の舞台演出。

2010年 セカンドアルバム『カルミン』をValbよりリリース。

2012年 震災ドキュメンタリー映画『きょうを守る』(菅野結花監督)の主題歌、シングルCD『ほしぞらとてのひらと』をValbよりリリース。

2013年より 米国バーモント州ミドルベリー大学日本語学校(夏季)にて教鞭をとる。

2014年 アルバム「ベジタル」をValbよりリリース。

2017年 アルバム「cidre」をモモランチよりリリース。

2020年1月 カリフォルニア大学サンディエゴ校にてワークショップ。

しずおか連詩(2010年、2012年、2014年、2015年、2017年、2019年)、くまもと連詩(2010年)、六本木連詩(2014年)参加。

著書[編集]

  • ゼロになるからだ 詩集 徳間書店スタジオジブリ事業本部 2002
  • 薬罐 yah-can この世の始まりをめぐって 冨山房インターナショナル 2003
  • 青天白日 晶文社 2004
  • 海のような大人になる 詩集 理論社 2007
  • ねえ 谷川俊太郎共著 絵本 フレーベル館 2008
  • 星つむぎの歌 CD絵本  響文社 2009 
  • 中学生で出会っておきたい71の言葉 2012
  • 高校生で出会っておきたい73の言葉 2012
  • ハナさんの赤い指輪 2013 [私家版]
  • 小学生で出会っておきたい55の言葉
  • ポエタロ オラクルカード 地湧社 2015
  • はじまりはひとつのことば 詩集 港の人 2015
  • 2馬力 谷川俊太郎共著 詩集 ナナロク社 2017

翻訳[編集]

  • ねんどぼうや ミラ・ギンズバーグ 徳間書店 2003 2003年度山ねこ文学賞大賞
  • しあわせのちいさなたまご ルース・クラウス あすなろ書房 2005
  • ねどこどこかな? ジュディ・ヒンドレイ 谷川俊太郎共訳 小学館 2006
  • ハグタイム パトリック・マクドネル あすなろ書房 2008

作詞 (一部)[編集]

クラシック音楽[編集]

 寺嶋陸也編曲。覚が担当したのは「君を愛す」「さくら草」「子守唄」「ソルヴェイグの歌」。

詩集[編集]

  • ゼロになるからだ 徳間書店 スタジオジブリ事業本部 2002
  • 海のような大人になる 詩集 理論社 2007
  • yes 小学館 2015  高砂淳二と共著
  • はじまりはひとつのことば 港の人 2016
  • 2馬力 谷川俊太郎と共著 ナナロク社 2017 

本人自唱アルバム[編集]

  • 青空1号 sony GT music 2004
  • カルミン valb 2010
  • ベジタル valb/momo-launch 2014
  • シードル momo-launch 2017

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 晶文社WEBサイト連載「晴天白日」参照。
  2. ^ 公式サイトプロフィール 2012年1月31日参照。
  3. ^ a b 『ハーモニー』141号 p.4~6
  4. ^ 『ハーモニー』141号 p.8

参考文献[編集]

  • 「ハーモニー・ジョイフルトーク Vol.5 覚和歌子」『ハーモニー』141号(全日本合唱連盟、2007年7月10日発行)

外部リンク[編集]