東郷克美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東郷克美

東郷 克美(とうごう かつみ、男性、1936年12月9日 - )は、日本近代文学研究者、早稲田大学名誉教授。

鹿児島県出身。早稲田大学教育学部卒業。安田女子高等学校東京都立深川高等学校東京都立小平高等学校早稲田大学高等学院成城短期大学教諭、成城大学文芸学部教授、早稲田大学教育学部教授、2006年に定年退職、名誉教授[1]。教え子に石原千秋重松清がいる[2]泉鏡花太宰治などを論じ、『井伏鱒二全集』(筑摩書房)の編纂を行った。2002年に『太宰治という物語』で第10回やまなし文学賞を受賞[3]

著書[編集]

編著[編集]

  • 『太宰治』渡部芳紀共編 双文社出版 1974
  • 『日本文学史概説 近代編』平岡敏夫共著 有精堂出版 1979
  • 『日本文学研究資料新集 泉鏡花』 有精堂 1991
  • 『太宰治事典』 学燈社 1995
  • 『井伏鱒二 昭和作家のクロノトポス』寺横武夫共編 双文社出版 1996
  • 『井伏鱒二の風貌姿勢』(「国文学解釈と鑑賞」別冊) 至文堂 1998
  • 『近代小説<異界>を読む』高橋広満共編 双文社出版 1999
  • 『近代小説<都市>を読む』吉田司雄共編 双文社出版 1999
  • 『井伏鱒二全集索引』 双文社出版 2003

論文[編集]

出典[編集]

  1. ^ 東郷克美教授略歴・業績「早稲田大学教育学部学術研究 国語・国文学編」 2006
  2. ^ 重松清 & 2013錦秋号, 早稲田の文学.
  3. ^ e-hon 2016, 文学賞.

外部リンク[編集]