相原和友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相原 和友
K aihara20160304.jpg
さいたま市営浦和球場にて(2016年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県仙台市
生年月日 (1989-10-27) 1989年10月27日(27歳)
身長
体重
186[1] cm
72[1] kg
選手情報
投球・打席 [1]投左[1]
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト7位
初出場 2014年4月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

相原 和友(あいはら かずとも[2]1989年10月27日[1] - )は、宮城県仙台市出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

宮城県仙台市出身[3][4]。小学校3年[3]または4年[4]の時に野球を始め、仙台市立広瀬中学校では軟式野球部に所属していた[3][4]。高校は東陵高等学校に進学し[4]、1年春からベンチ入り選手として名を連ね[4]、3年春にはチームのエースとして宮城県大会で優勝した[3]

大学は東北福祉大学に進学し、1年春からベンチ入り選手として名を連ねていた[3]。4年時の全日本大学野球選手権大会の2回戦の愛知学院大学戦では、9回無死満塁のピンチを抑えることができず逆転された[5]。その後、明治神宮野球大会の準々決勝の大阪体育大学戦では、8回1死満塁のピンチを抑えると、続く9回も三者凡退に抑え、チームの勝利に貢献した[6]。東北福祉大学では、リーグ戦通算3勝の成績を残した[3][4]。大学の野球部には同期に中根佑二、1学年先輩に阿部俊人石山泰稚がいる。

2012年には七十七銀行に加入[3]。同年の第83回都市対抗野球2次予選東北大会では、エース阿部博文が不在の中、相原は6月6日の敗者復活戦で148球を投げ、翌々日の8日に行われた第2代表決定戦の日本製紙石巻戦では、9回1失点で完投勝利を挙げ敢闘賞を受賞[7]。チームは6年連続で都市対抗への出場を決めた[7]第83回都市対抗野球大会では、初戦のNTT西日本戦で7回1/3を2失点に抑えたが、チームは敗退した[8]。同年の第38回社会人野球日本選手権大会では、2回戦のバイタルネット戦で9回を投げ被安打10・先頭打者の出塁5という内容であったが、1失点に抑えチームは勝利した[9]

2013年は、6月に東北楽天ゴールデンイーグルスとの試合に登板し、6回を1失点に抑えた[4]。同年の第84回都市対抗野球大会には、東北第1代表の日本製紙石巻の補強選手として出場[10]。7月17日に行われた1回戦の信越硬式野球クラブ戦では、日本製紙石巻のエース相沢晋[注釈 1]が2回3失点でKOされたが[12]、相原はその後の7回を被安打4・無失点に抑え、日本製紙石巻は勝利を収めた[10][13]第39回社会人野球日本選手権大会では、1回戦の四国銀行戦で7回2失点で勝利し、自身全国大会3勝目(社会人時代のみ)を挙げた[14]。2回戦の三菱重工神戸戦では、2回途中5失点でKOされた[15]

同年10月24日に行われたドラフト会議では、楽天から7位で指名された[16]。相原は指名後に「地元球団で応援していた楽天に行きたいと思っていた」とコメントした[16]。11月19日に契約交渉を行い、契約金2500万円、年俸720万円で合意した[17]。背番号は53[18]。東北福祉大の先輩で[4]、東陵高校時代から約8年間相原を視察してきた楽天スカウトの上岡良一[19]からは、即戦力としての期待をかけられている[4]

プロ入り後[編集]

2014年
開幕後の4月19日に、入団後初めての一軍登録[20]。この年の新人8投手では、開幕から一軍に帯同している西宮悠介、ドラフト1巡目入団の松井裕樹(いずれも相原と同じ左腕)に続く3人目の登録であった。同月25日オリックス戦(京セラドーム大阪)で一軍デビュー[21]。最終的には17試合に登板し、防御率は2.79を記録した。
2015年
5月8日にシーズン初めて一軍に昇格するも、1試合投げたのみで出番が無く、二軍に降格。その後も5月31日に再び一軍に登録されるが、ここでも出番が無く、1試合投げたのみで二軍に降格した。二軍では23試合に投げ、防御率4.82だった。
2016年
この年からサイドスローに転向した[22]。一軍では2試合登板、防御率は45.00で、二軍では24試合登板で防御率3.92であった。シーズン終了後の10月24日に、球団から戦力外通告を受けた[23]。12月2日、自由契約公示された[24]

選手としての特徴[編集]

変化球の球種が多いことが特徴で[4][8]スライダーカーブシンカーチェンジアップカットボールを持ち球としており[3]日刊スポーツスポーツ報知は「技巧派左腕」と評価している[14][25]。また、各球種の球速差があまりないことも特徴[3]ストレートの最速は東北福祉大学時代に記録した141km/hで[14]、通常は130km/h台である[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 楽天 17 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 91 19.1 23 0 11 1 1 5 3 0 6 6 2.79 1.76
2015 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 14 3.0 3 0 1 0 0 1 0 0 1 0 0.00 1.33
2016 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 1.0 5 0 4 0 0 1 2 0 5 5 45.00 9.00
通算:3年 21 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 117 23.1 31 0 16 1 1 7 5 0 12 11 4.24 2.01
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 53 (2014年 - 2016年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 相沢晋は2013年のドラフトで東北楽天ゴールデンイーグルスから8位指名を受けた[11]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e ドラフト会議2013”. 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト. 2013年12月13日閲覧。
  2. ^ 2013年プロ野球ドラフト 相原和友”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2013年12月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j “【楽天】ドラ7・相原、母校・東陵に負けない!”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年11月12日). オリジナル2013年11月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131113042505/http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131111-OHT1T00179.htm 2013年12月14日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j “楽天ドラ7相原 斎藤先輩に弟子入り志願”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2013/news/p-bb-tp0-20131112-1217228.html 2013年12月14日閲覧。 
  5. ^ “東北福祉大・相原が好救援!/神宮大会”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2011年11月26日). オリジナル2011年11月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111127080229/http://www.sanspo.com/baseball/news/111126/bsn1111261158001-n1.htm 2013年12月14日閲覧。 
  6. ^ “東北福祉大4強 尾形サヨナラ/神宮大会”. nikkansports.com. (2011年11月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp3-20111126-868790.html 2013年12月14日閲覧。 
  7. ^ a b “七十七銀行、6年連続出場決定…都市対抗野球”. スポーツ報知. (2012年6月9日). オリジナル2012年6月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120609064440/http://hochi.yomiuri.co.jp/tohoku/baseball/news/20120609-OHT1T00096.htm 2013年12月14日閲覧。 
  8. ^ a b “七十七銀行・相原無念…被災地に朗報届けられず”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年7月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/19/kiji/K20120719003707600.html 2013年12月14日閲覧。 
  9. ^ “社会人野球:七十七銀行、8強一番乗り…日本選手権”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2012年11月8日). http://mainichi.jp/sports/news/20121109k0000m050083000c.html 2013年12月14日閲覧。 
  10. ^ a b “日本製紙石巻 絆で全国初勝利/都市対抗”. nikkansports.com. (2013年7月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp3-20130718-1159376.html 2013年12月14日閲覧。 
  11. ^ “楽天8位相沢「活躍して復興の象徴に」”. nikkansports.com. (2013年10月25日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2013/news/p-bb-tp0-20131025-1208869.html 2013年12月14日閲覧。 
  12. ^ “日本製紙石巻 初8強!2回一挙4点、相沢は粘投6回零封”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年7月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/20/kiji/K20130720006252760.html 2013年12月14日閲覧。 
  13. ^ “日本製紙石巻、困難乗り越え悲願の初勝利/都市対抗”. SANSPO.COM. (2013年7月18日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130718/ama13071805050000-n1.html 2013年12月14日閲覧。 
  14. ^ a b c “楽天ドラ7相原が全国3勝目/社会人野球”. nikkansports.com. (2013年11月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2013/news/p-bb-tp0-20131101-1212135.html 2013年12月14日閲覧。 
  15. ^ “楽天ドラ7、七十七銀行・相原 5失点KO「申し訳ない」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年11月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/05/kiji/K20131105006951590.html 2013年12月14日閲覧。 
  16. ^ a b “【プロ野球ドラフト会議】「被災地に勇気与える選手に」楽天7位指名 七十七銀行の相原和友投手”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2013年10月24日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/131024/bbl13102422040017-n1.htm 2013年12月14日閲覧。 
  17. ^ “楽天ドラ7相原入団合意 契約金で恩返し”. nikkansports.com. (2013年11月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2013/news/p-bb-tp0-20131120-1220619.html 2013年12月14日閲覧。 
  18. ^ 2014年度:新入団選手発表会”. 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト. 楽天野球団 (2013年12月9日). 2013年12月14日閲覧。
  19. ^ “ドラフト7位・相原、東北楽天と契約合意”. 河北新報 (河北新報社). (2013年11月20日). オリジナル2013年12月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131213024729/http://www.kahoku.co.jp/spe/spe165/20131120_03.htm 2013年12月14日閲覧。 
  20. ^ “楽天ドラフト7位相原が「緊張」の1軍初昇格”. nikkansports.com. (2014年4月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140419-1287683.html 2014年4月19日閲覧。 
  21. ^ “超仙台っ子 楽天相原3回2失点デビュー”. nikkansports.com. (2014年4月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140426-1291201.html 2014年4月26日閲覧。 
  22. ^ 楽天相原サイドスロー転向 中継ぎ左腕の道に活路
  23. ^ 来季の選手契約に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト(2016年10月24日)
  24. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  25. ^ “【楽天】ドラ7相原「先発も中継ぎも」“便利屋”OK!”. スポーツ報知. (2013年11月20日). オリジナル2013年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131120061007/http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131119-OHT1T00119.htm 2013年12月14日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]