皮膚むしり症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
皮膚むしり症
分類および外部参照情報
ICD-10 L98.1
ICD-9-CM 312.3
DiseasesDB 29765
eMedicine article/1122042
MeSH D007174
テンプレートを表示

皮膚むしり症(ひふむしりしょう、英語: Excoriation disorder)とは皮膚を剥がしたり、引っ掻いたりして傷つけずにはいられなくなる精神障害である。スキン・ピッキングとも呼ばれる。

概要[編集]

衝動制御障害の一つで皮膚の凹凸や角質に留まらず健康的な皮膚もむしり取らずにはいられなくなる。DSM-5では『強迫症および関連症群』に分類されている[1]ICD-10では「人工皮膚炎」の下位分類に記されている。

患者の4分の3は女性である。

通常は爪で自らの皮膚をむしるが場合によっては針やピンセットなどの道具が使用されることもある。傷跡の化膿や出血を招くので早めの治療が必要である。

診断[編集]

診断を支持する特徴は以下の通りである。

A. 皮膚の損傷を引き起こす繰り返される皮膚を掻く、剥がす、むしり取る行為。

B. 皮膚を掻く、剥がす、むしり取る行為を減らしたりやめようと繰り返し試みるがうまくいかない。

C. 皮膚を掻く、剥がす、むしり取るによって、臨床的に意味のある苦痛、または、社会的、学業的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている

D. 皮膚を掻く、剥がす、むしり取る行為は、物質関連障害または身体疾患によるものではない。

E. 皮膚を掻く、剥がす、むしり取る行為は、他の精神疾患の症状ではうまく説明できない。

鑑別[編集]

統合失調症妄想性障害などの精神病による妄想の一つに、寄生虫に感染していると思い込む「寄生虫妄想」があり、それが皮膚むしり行為を引き起こす場合がある。

強迫性障害の洗浄強迫による皮膚疾患、身体醜形障害の外見の欠陥または欠点を改善しようという試み、抜毛症などほかの強迫スペクトラム障害との鑑別を要する。

一般の皮膚疾患により皮膚をむしったり掻く行為は除外する。

境界性パーソナリティ障害などによる自傷行為と鑑別を要する。

治療[編集]

皮膚むしり行為の程度によっては皮膚科で傷の回復を優先する。

精神科領域の治療では強迫性障害の治療に準ずる。

脚注[編集]

  1. ^ 高橋三郎、大野裕、染矢俊幸、神庭重信、尾崎紀夫、三村將、村井佼哉「DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル」『医学書院』、日本精神神経学会、2014年、 242-254頁。

関連項目[編集]