湯河原温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯35度08分43秒 東経139度04分28秒 / 北緯35.14528度 東経139.07444度 / 35.14528; 139.07444

Hot springs 001.svg湯河原温泉
Dopponoyu01.jpg
湯河原温泉万葉公園足湯施設独歩の湯
温泉情報
所在地 神奈川県足柄下郡湯河原町
交通 JR東海道本線湯河原駅下車、タクシーで5分。
泉質 単純泉、弱食塩泉、石膏泉など
泉温(摂氏 30 - 88 ℃
外部リンク 湯河原温泉観光協会
テンプレートを表示
温泉街に隣接する万葉公園
湯河原温泉の位置
湯河原温泉の位置
湯河原温泉
湯河原温泉の位置

湯河原温泉(ゆがわらおんせん)は神奈川県足柄下郡湯河原町にある温泉。

奥湯河原温泉、湯河原温泉、浜湯河原温泉伊豆湯河原温泉[1]の総称としても用いる。

泉質[編集]

湯河原温泉は数十万年前に活動を終えた湯河原火山の浸食カルデラ内に湧出している。

効能[編集]

  • 皮膚病、筋肉痛、リューマチ、神経痛、冷え性など

※注 効能はその効果を万人に保証するものではない。

歴史[編集]

役行者穂積濃美麻呂一行による発見説、加賀山伏による発見説、行基による発見説、弘法大師による発見説、タヌキによる発見説など、複数の開湯伝説がある。

湯河原温泉は万葉集に 『足柄の土肥の河内に出ずる湯の世にもたよらに子ろが言はなくに』 と詠まれており、この歌碑が温泉街に設置されている。

明治以降は文豪に愛され、国木田独歩が晩年に『湯河原より』『湯河原ゆき』などの短編小説を執筆したほか、夏目漱石が絶筆となった『明暗』を湯河原で執筆した。また島崎藤村芥川龍之介谷崎潤一郎らが訪れている。

温泉街[編集]

日帰り温泉施設「こごめの湯」
湯河原温泉の宿

湯河原駅から千歳川の谷を遡るように温泉街が続いている。隣の熱海には巨大温泉ホテルが林立するが、湯河原は日本旅館主体であり、古式ゆかしい“温泉街”の風情が残っている。日帰り入浴施設は町営の「こごめの湯」の他、温水プールなどを備える施設もある。また温泉街に隣接する万葉公園には、大型の足湯である万葉公園足湯施設独歩の湯がある。

湯河原温泉を舞台にした作品[編集]

交通[編集]

  • 鉄道 - JR東海道本線湯河原駅下車。温泉街の入口までは神奈川県道75号沿いに徒歩15分。しだいに坂は急になり、「温泉場」と呼ばれる中心街までは徒歩30分。駅前より奥湯河原行き、または不動滝行きバスで10分。タクシーでは5分。

脚注[編集]

  1. ^ 伊豆湯河原は熱海市内でありながら熱海市街からは程遠く、湯河原温泉から約800mしか離れていないため、湯河原温泉の一部として扱われることが多い。
  2. ^ a b 湯河原の歩き方

外部リンク[編集]