神奈川県道75号湯河原箱根仙石原線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神奈川県道75号から転送)
移動先: 案内検索
主要地方道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
神奈川県道75号標識
神奈川県道75号湯河原箱根仙石原線
路線延長 38.8 km
陸上区間 38.8 km
海上区間 指定なし
制定年 1920年1923年(県道)
1954年(主要地方道)
開通年 未調査
起点 神奈川県足柄下郡湯河原町中央・吉浜
終点 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0135.svg国道135号
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
Japanese National Route Sign 0138.svg国道138号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
箱根町元箱根付近(2012年1月9日)
正面の山は箱根駒ケ岳
終点の様子(仙石原交差点)
椿台、大観山出入口間

神奈川県道75号湯河原箱根仙石原線(かながわけんどう75ごう ゆがわらはこねせんごくばらせん)は、神奈川県足柄下郡湯河原町箱根町を結ぶ主要地方道

概要[編集]

通称[編集]

  • 駅前通り(湯河原高校前交差点 - 奥湯河原)
  • 椿ライン(奥湯河原 - 箱根関所南交差点)

通過する自治体[編集]

沿革[編集]

  • 1920年大正9年)4月1日 - 箱根真鶴線を旧道路法の規定により県道認定
  • 1923年(大正12年)4月1日 - 仙石原元箱根線を旧道路法の規定により県道認定
  • 1953年昭和28年)2月10日 - 箱根真鶴線(第92号)および仙石原元箱根線(第120号)を道路法の規定により県道認定[1]
  • 1954年(昭和29年)1月20日 - 県道箱根真鶴線の一部および県道仙石原元箱根線を、湯河原箱根仙石原線として主要地方道に指定[2]
  • 1955年(昭和30年)3月4日 - 湯河原箱根仙石原線として県道に認定(整理番号21番)[3]

経路および交差する道路・鉄道路線・河川[編集]

重複区間[編集]

  • 関所南交差点 - 大芝交差点(国道1号

沿線の施設・名所[編集]

大観山から見た富士山芦ノ湖(椿ラインの路肩から撮影)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同日、神奈川県告示第54号
  2. ^ 同日、建設省告示第16号
  3. ^ 同日、神奈川県告示第136号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]