渡邊晃一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 晃一(わたなべ こういち、1967年 - )は、絵画現代美術インスタレーション)を中心に活動する日本の画家美術家福島大学人間発達文化学類教授福島大学藝術による地域創造研究所所長

来歴・人物[編集]

北海道夕張市出身。札幌藻岩高等学校卒業。筑波大学芸術専門学群美術専攻卒業。同大学院修士課程(洋画分野)修了。 1995年より福島大学教育学部に着任。 2001年より2年間文部科学省在外派遣研究員としてアメリカイギリスに滞在。Royal college of Art Post Graduation。

ペンシルバニア州立大学(The Pennsylvania State University School of Visual Arts)客員研究員。ロンドン芸術大学(チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン/University of the Arts London/Chelsea College of Art and Design)客員研究員。

芸術活動[編集]

主な発表として、個展に、川口現代美術館、茨城県つくば美術館、銀座コバヤシ画廊、銀座養清堂画廊、Zoller Gallery(アメリカ)、Century Gallery(イギリス)など。 グループ展に、「現代日本美術展」「VOCA」展、越後妻有アートトリエンナーレ、会津漆の芸術祭、北海道立近代美術館福島県立美術館福島県立博物館板橋区立美術館、INNER SPACES(ポーランド)、Chevigny(フランス、ブルゴーニュの古城)、Mouson(ドイツ)、ボローニア大学(イタリア)などの企画展など。

■ダンスとのコラボレーション/『大野一雄 疾走する肌膚』(川口現代美術館スタジオ)2000年、『平山素子 Life Casting』(新国立劇場)2007年など。大野一雄大野慶人平山素子舘形比呂一とのコラボレーション、新国立劇場で舞台美術の制作を担当。

■詩人とのコラボレーション/『胎動』、和合亮一ほか、2007年、インフォミューズ(日本橋)、銀座コバヤシ画廊。2008年、福島県立美術館

■オペラの舞台美術/「乙和の椿」「こうもり」「蝶々夫人」「魔笛」福島オペラ協会 

■ veronica 「Life Hands」(手の型による作品シリーズ)/これまでに制作した主な人物

 靉嘔(美術家)、秋山佑徳太子(パフォーマンスアーティスト)、朝倉摂(舞台美術家)、アントニ−・ゴームリ−(彫刻家)、伊藤公象(美術家)、伊藤有壱(美術家)、宇野亜喜良(イラストレータ)、大友良英(音楽家)、大野一雄(舞踏家)、大野慶人(舞踏家)、岡部昌生(美術家)、唐十郎(劇作家、俳優)、河口龍夫(美術家)、北川健次(美術家)、木下史青(東京国立博物館デザイン室長)、栗原小巻(女優)、斎藤岩男(映画美術)、三枝成彰(作曲家)、酒井はな(バレリーナ)、佐藤忠良(彫刻家)、舘形比呂一(舞踏家)、建畠覚造(彫刻家)、田中英道(美術史)、種村季弘(独文学者)、デビッド・ナッシュ(彫刻家)、中垣内祐一(バレーボール)、仲代達矢(俳優)、奈良美智(美術家)、萩原美樹子(バスケット)、日野皓正(トランペット奏者)、服部克久(ピアニスト)、羽田健太郎(音楽家)、ブレント・ウィルソン(芸術教育学)、細江英公(写真家)、宮脇理(芸術教育学)、ヤノベケンジ(美術家)山折哲雄(宗教学者)、山口昌男(文化人類学)、山下洋輔(ピアニスト)、 湯浅譲二(作曲家)、養老孟司(解剖学者)、吉増剛造(詩人)、四谷シモン(人形作家)

主な著書、論文、学会発表[編集]

著書に『絵画の教科書』、『渡邊晃一作品集 テクストとイマージュの肌膚』など。

2007年 ■渡邊晃一「美術教育の『専門性』と制作学による考察」新島久美との共著 学術雑誌『美術教育学』第28号、pp.391-403、美術科教育学会会誌 ■渡邊晃一「『スケッチブック』の制作と英国の新しい『美術』の教育」谷川渥他監修『絵画の制作学』、pp.122-123、日本文教出版社 ■資料シンポジウム 渡邊晃一『地域文化と現代美術』pp.119~135、福島大学地域創造支援センター ■「<黄金比>と人体」『Quintessence of Dental Technology』June 2007 vol32 No.6、pp.95-107 ■ [コンテンポラリー<ダンスと美術> 」 第46回 大学美術教育学会 口頭発表、平成19年、 神戸国際会議場 ■シンポジウム「地域文化と現代美術」美術科教育学会公開シンポジウム、会津本郷会館 ■「Performance Art の現在形」 第29回美術科教育学会 口頭発表、平成19年、金沢大学 ■「発表との関わりからの制作学的考察」第29回美術科教育学会 口頭発表、金沢大学

2008年 「教育実践の観点から見た教科内容学研究の現状と課題」兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科共同研究プロジェクトF研究会、大阪イノベーションセンター ■The32nd InSEA World Congress 2008 World Congress and Research Conference International House, Osaka " The relationship between " Japanese traditional Art " and " HAN, BAN " in contemporary arts ■シンポジウム「地域文化と現代美術」風と土の芸術祭 公開シンポジウム、会津本郷会館 ■シンポジウム「地域文化と現代美術」福島現代美術ビエンナーレ公開シンポジウム、福島県文化センター

2009年 ■『風と土の芸術祭  Artown in Misato 2009』渡邊晃一(共著) 会津美里町発行 ■『はじめる視点』赤坂憲雄(共著) 福島県立博物館発行、平成21年11月 ■パネリスト「教科内容学は美術教育を進化させるのか?」全国大学美術教育学会(第48回愛知大会) ■口頭発表「メディア時代の《十牛図》— 現代美術における「見跡」を中心に —」全国大学美術教育学会(第48回愛知大会) ■ポスター発表「芸術における地域文化の創造について」全国大学美術教育学会(第48回愛知大会)

2010年 『渡邊晃一作品集 テクストとイマージュの肌膚』青幻舎 ■ 「表現」とはなにか(改訂版) 渡邊晃一(共著) 保育内容シリーズ『造形』、一藝社 ■ 「0歳からの<絵><画>教育 ~身体、視覚、言語との関わりから~」『教育美術』  第72巻第3号(825号) 財団法人教育美術振興会、  pp.52-55 [特集] 「絵を描く」とは

2011年 ■ 「Koi 鯉アートのぼり」プロジェクト 『月刊美術』 実業之日本社; 月刊版 (2011/5/20)、[特集] 美術は負けない! ■ 『福島大学 メッセージ鯉のぼり 「Koi 鯉アートのぼり」プロジェクト』 『月刊ギャラリー』 [特集] 東日本大震災から60日 今、美術に何ができるのか? 2011Vol.6(通巻314号)、pp.82-87 ■ 震災後の「風と土」のなかで、美術教育と日本文化をめぐって 「Koi 鯉アートのぼり日誌から」 『教育美術』  第72巻第6号(828号) 財団法人教育美術振興会、pp.54-59 ■ 岡本太郎のみた東北と文明との狭間のなかで「Koi 鯉アートのぼり」にかけたメッセージ『美育文化』 [特集] 今、私たちにできること第61巻第4号 財団法人美育文化協会、pp.28-35


大学美術教育学会・美術科教育学会、美術解剖学会 「制作学」や「身体」、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」をテーマにした研究を学会で発表

その他[編集]

■企画監修/2004年〜「福島ビエンナーレ」 福島県文化センター、福島空港ほか

       2007年〜「風と土の芸術祭」 会津美里町(本郷・瀬戸)

      2011年〜「鯉アートのぼり」福島市街地、福島空港、福島県立博物館 ほか

     

■特別講座 「アンリの会 油彩画教室」 福島市渡利学習センター、「朋友会 水彩画教室」 福島市三河台学習センター、郡山ふれあい科学館、郡山市立美術館ほか

■公開講座 / 「LifeDrawing・人体素描コース]、「わくわくJrカレッジ~未来のスーパーアーティスト養成講座~現代美術クリニック」

■福島県 「八重の桜」キャラクター審議委員 八重の桜キャラクター「八重たん」

■映画 2014年『万能鑑定士Q - モナ・リザの瞳 -』取材協力、《モナ・リザ》の秘密 監修(ホームページ、パンフレット ほか) 2014年『コトコトコトコ』楽映舎、美術協力 2015年『図書館戦争 The Last mission 』協力

■主な紹介   1995年 日本経済新聞(文化欄特集)、雑誌「太陽」 1995年 NHK衛星放送『エンターテーメントニュース・特集 渡辺晃一「肌膚の厚さ・熱さ」』 2000年 NHK衛星放送『(真夜中の王国) 疾走する肌膚  渡辺晃一×大野一雄』 2006年 NHK東北放送『(特集)出会った人を作品に  渡辺晃一』 2014年 NHK 『日曜美術館  福島ビエンナーレ』2015年 日本テレビ『ルーヴル美術館 特別番組 レオナルドが夢見た幻の3Dモナ・リザ』監修、解説