武魯頓島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武魯頓島
武魯頓島
座標 北緯46度42分42秒
東経150度44分00秒
面積 7 km²
海岸線長 17 km
最高標高 801 m
所属国・地域 帰属未定
実効支配:ロシア)
テンプレートを表示

武魯頓島(ぶろとんとう)は千島列島中部に位置する島である。ロシア名はブロウトナ島(о.Броутона)、英語表記はBroutona

島の名前の由来は、1796年(寛政8年)から2年に渡り千島・サハリン沿岸を調査した、イギリス海軍プロヴィデンス号のブロートン艦長(噴火湾の命名者)に由来する。

また、アイヌ語では「マカンルル(マック・アン・ルル=後ろ・ある・潮→後方の潮の中にある島)」と呼ばれ、潮流の激しい得撫水道の北端に位置することを指すと見られる。漢字表記では磨勘留島とも記されるが、磨勘留島との関連性は不明。

地理[編集]

知理保以島(北島)の北北西 11 海里にあり、海抜 801 メートルの円錐形をした峰(日本名とロシア名共に不詳)から成る、周囲約 11 キロメートルの楕円形の島である。

島の南端と西端以外は約 300 メートルの断崖を成し、所々にある岩場に辛うじて上陸することが出来る。 [1]

歴史[編集]

続縄文時代オホーツク文化期に得撫島で集落が発達した時期があり、武魯頓島にもラッコ猟などで人が訪れた可能性があるが、定住の痕跡は発見されていない[2]。近代でも、択捉島アイヌラッコ猟に出猟していた。

現在はロシア連邦実効支配下にあるが、日本政府は国際法上は所属未定地であると主張している。

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ 千島列島陸海編合図得撫島(其ノ二)外邦図デジタルアーカイブ 東北大学
  2. ^ 千島列島における資源・土地利用の歴史生態学的研究

外部リンク[編集]