春苅島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
春苅島
Harukari island 01.jpg
座標 北緯43度25分1秒
東経146度10分2秒
面積 2 km²
最高標高 34 m
所在海域 太平洋北海道
所属諸島 歯舞群島
所属国・地域 ロシアの旗 ロシア(実効支配)
日本の旗 日本(領有権主張)
テンプレートを表示

春苅島(はるかるとう)は、いわゆる北方領土歯舞群島にある一島。無人島。ロシア名はハルカル島(о. Харкар)。

ハルカルモシリまたは春苅茂尻島(はるかりもしりとう)とも呼ばれ[1]アイヌ語の「ハル・カル・コタン(オオウバユリの鱗茎・採取すること・村→オオウバユリの鱗茎・採取すること・村)」または「ハルカルモシリにあるコタン(村)」に由来する。

納沙布日誌には「ハルカルモシリ」と記されている(モシリはアイヌ語で「島」を意味する)。

地理[編集]

勇留島の東の沖合に位置し、上の島、中の島、下の島から成る。総面積はわずか2km2しかない。

歴史[編集]

江戸時代には、樹木が無いが飲水は有り、アイヌは「夷船」で春苅島へ渡っていたと記されている[2]

また、が深く東には岩礁があり、北・西・南の三方は岸が深く、やはり暗礁が多いとも記録されている[3]

寛政11年(1799年)にネモロ(根室)とアッケシ(厚岸)両場所のアイヌが立会い、秋勇留島とともに双方の入会地となった[4]

明治時代には珸瑶瑁村の一部となり、後に歯舞村に属し、戦前は中の島にのみ6人住んでいた。

現在はロシア連邦占領実効支配下にある。日本も領有権を主張しており、1959年より根室市に編入されている。

脚注[編集]

  1. ^ 大泰司紀之, 本間浩昭 『知床・北方四島 カラー版 流氷が育む自然遺産』 岩波書店2008年、82頁。ISBN 978-4-00-431135-5
  2. ^ 『東行漫筆』 文化6年4月29日条(1809年6月11日
  3. ^ 『蝦夷日誌』
  4. ^ 『場所境調書』

参考文献[編集]

  • 『北方領土地名考』 北方領土問題対策協会編、1978年
  • 日本歴史地名大系(オンライン版) 小学館 (『日本歴史地名大系』 平凡社、1979年-2002年 を基にしたデータベース)
[ヘルプ]