知林古丹島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
知林古丹島
知林古丹島
座標 北緯48度58分48秒
東経153度28分48秒
面積 6[1] km²
最高標高 742[1][注釈 1] m
所属国・地域 帰属未定
実効支配:ロシア)
地図 千島列島における位置
テンプレートを表示

知林古丹島チリンコタン島、ちりんこたんとう)は千島列島中部に位置するである。ロシア名はチリンコタン島 (о. Чиринкотан)、英語表記はChirinkotan

島の名前の由来は、アイヌ語の「チリン・コタン(汚れた波<泥流>・村)→泥流に呑まれた村」となる。

地理[編集]

越渇磨島の西約 30 キロメートルに位置する、直径約 3 キロメートルの円形の火山島である。

島自体が山(日本名とロシア名は不詳)を形成しており、海抜は 742 メートル[1]。正保御国絵図には「マサヲチ」との表記があり、アイヌ語で「マサ・オチ(開く・突進する→噴火口が開いて、泥流が突進するように流れ下る)」という意味がある。現在でも時々爆発して泥流や溶岩を噴出しており、蒸気は常に噴出している。

少なくとも1760年付近からの噴火が確認されており、1884年1900年1979年1986年2004年に噴火している(1955年のものは噴火かどうか不明)。

岸辺は切り立った崖が続き、小舟が辛うじて接岸できるに過ぎない。

その他[編集]

日本の行政区分においては北海道根室振興局管内の占守郡に属した。

現在はロシア連邦が実効支配しているものの、日本政府は国際法上、帰属未定地であるとしている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c International Kuril Island Project(IKIP、国際千島調査、英文)”. University of Washington Fish Collection or the respective authors. 2009年7月28日閲覧。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Global Volcanism Programでは 724 メートル