芙蓉山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
芙蓉山
Matua.jpg
芙蓉山
標高 1,496 m
所在地 千島列島
位置 北緯48度5分31.2秒 東経153度12分0秒 / 北緯48.092000度 東経153.20000度 / 48.092000; 153.20000座標: 北緯48度5分31.2秒 東経153度12分0秒 / 北緯48.092000度 東経153.20000度 / 48.092000; 153.20000
種類 成層火山
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
2009年6月14日の噴火、ISSから撮影
芙蓉山

芙蓉山(ふようざん)は、千島列島松輪島にある、標高1,496mの成層火山である。別名は松輪富士、ロシア名はサリチェフ山(влк.Сарычева、英語表記:Sarychev)。 千島列島の成層火山では最も美しいとされる。

概要[編集]

  • 1760年頃、1878年 - 1879年1923年1930年1946年1960年1976年1981年1987年1989年2009年に噴火したとされる。
  • 1946年の11月に起こった噴火は規模が大きく、降下した火山弾やスコリアが山頂火口から東山麓一帯を覆い、植生が完全に破壊され、北西海岸まで火砕流が流下した。
  • 2009年の6月~7月にかけて大規模な噴火があった。中でも2009年6月13日には推定高度16km(54,000ft)[1]にまで吹き上げた。衛星で追跡できた範囲で、火山灰の拡散範囲は、沿海州北部からサハリン(樺太)、クリル(千島)列島に至る範囲に拡散し、一時太平洋路線と北極回り欧州路線を中心に航空機の大幅な遅延や欠航が相次いだ。[2]島には広範囲に渡って火砕流が流れ、上空には二酸化硫黄が拡がった。噴火直後の様子は、国際宇宙ステーション (ISS) の乗組員によって宇宙から撮影された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]