秋勇留島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋勇留島
ファイル
座標 北緯43度21分59.1秒
東経146度0分21秒
面積 5 km²
海岸線長 10.5 km
最高標高 33 m
所在海域 太平洋北海道
所属諸島 歯舞群島
所属国・地域 ロシアの旗 ロシア(実効支配)
日本の旗 日本(領有権主張)
テンプレートを表示
納沙布岬・望郷の塔より望む
左から オドケ島萌茂尻島・秋勇留島(2006年3月撮影)

秋勇留島(あきゆりとう)は、歯舞群島の島の一つである。ロシア名はアヌーチナ島Остров Анучина)。ロシア連邦実効支配下にあるが日本領有権を主張している。

島の名前の由来は、アイヌ語の「アキ・ユリ(弟・勇留→勇留の弟)」から。

地理[編集]

納沙布岬から13.7kmの沖合に位置し、勇留水道を隔てた勇留島の南西約4kmの位置にある。平坦な地形であり、全島がクマザサにおおわれ巨木はほとんど見当たらない。戦前は海藻の宝庫とされ、缶詰会社が設けた直営のカニ刺網を除いては、共同漁業を営んでおり、コンブ漁やタラ漁が盛んであった。

歴史[編集]

現在もロシア連邦の実効支配下にあるが日本領有権を主張している。

当該地域の領有権に関する詳細は千島列島及び北方領土の項目を、現状に関してはサハリン州の項目を参照。

参考文献[編集]

  • 『北方領土地名考』 北方領土問題対策協会編、1978年
  • 『北方領土関係資料総覧』 行政資料調査会北方領土返還促進部、1977年11月4日
[ヘルプ]
  1. ^ 『場所境調書』

関連項目[編集]