南クリル管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南クリル管区
Южно-Курильский городской округ


印章
ロシアの旗 ロシア
サハリン州
成立 1946年6月5日
区庁所在地 ユジノ・クリリスク
行政
 - 種別 都市管区
面積
 - 計 1,856.1km2 (716.6mi2)
人口 (2016年)
 - 計 10,734人
ウェブサイト www.yuzhno-kurilsk.ru/

南クリル管区(みなみクリルかんく、Южно-Курильский городской округ)、はロシア連邦サハリン州の管区。

千島列島の最南部、国後島色丹島歯舞群島を包括する。時差は日本から2時間進んでいる。

択捉島とあわせ、管区全体が北方地域に含まれる。日本は、これらの島が北海道根室振興局に属するとしている。

地理[編集]

手付かずの自然がそのまま残されており、多様な生態系に富むが、発展が遅れる要因にもなってきた。近年では、択捉島において開発が進められ、観光客を招致する計画もある。

歴史[編集]

1945年8月9日ソビエト連邦日ソ中立条約を破って日本への侵攻を開始し、千島列島全域を占領した。1946年6月5日ハバロフスク地方南サハリン州の一部として、南クリル管区の設置を一方的に宣言した。1947年1月2日に、南サハリン州を廃止して、ハバロフスク地方から分離したサハリン州に編入した。

2006年6月、南クリル管区を南クリル都市管区に転換した。

人口[編集]

人口は微増を続けており、2016年時点で、10,734人である。都市部への人口の集中が顕著であり、南部にある国後島の中心地ユジノクリリスクには人口の64.83%が集中する。

行政区分[編集]

10の集落からなる。

国後島[編集]

留夜別村[編集]

泊村[編集]

色丹島[編集]

色丹村[編集]

現在、2つの集落を除き廃村状態である。

経済[編集]

主要産業は林業、木材加工業、漁業畜産業である。