北クリル管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北クリル管区
Северо-Курильский городской округ


印章
ロシアの旗 ロシア
サハリン州
成立 1946年6月5日
区庁所在地 セベロクリリスク
行政
 - 種別 都市管区
面積
 - 計 1,856.1km2 (716.6mi2)
人口 (2014年)
 - 計 2,487人
ウェブサイト 公式サイト

北クリル管区(きたクリルかんく、Северо-Курильский городской округ)はロシア連邦サハリン州の管区。区庁所在地はセベロクリリスク。行政上、セベロクリリスク都市管区と同一である。カムチャツカ半島南側の北千島の島々で構成される。面積は1,856.1km2。人口は2,487人(2014年)で、全てがセベロクリリスクの人口である。

地理[編集]

北クリル管区は、千島列島の阿頼度島占守島幌筵島志林規島磨勘留島温禰古丹島春牟古丹島知林古丹島越渇磨島捨子古丹島雷公計島松輪島羅処和島宇志知島計吐夷島と、これらの付属島嶼からなる。有人島は幌筵島のみである。

人口[編集]

2002年 2592人
2010年 2536人
2011年 2531人
2012年 2634人
2013年 2560人
2014年 2487人

行政区分[編集]

2つの市町村からなる。但しバイコーヴァには居住者がなく、事実上セベロクリリスクが唯一の街である。

  • セベロクリリスクСеверо-Курильск = セヴェロクリリスク「北千島の町」の意)…日本名は柏原。人口2,487人(2014年)。
  • バイコーヴァ(Байково)…占守島にある。日本名は片岡。現在、定住者はいない。

アクセス[編集]

セベロクリリスクに渡るにはペトロパブロフスク・カムチャツキーから空路でシュムシュ島に渡り、そこでヘリコプターに乗り換えるか、またはコルサコフ港からの船便で行くことになる。