橋本弘文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橋本 弘文(はしもと ひろふみ) こと 姜 弘文(きょう ひろふみ [1]1947年1月8日[2] - )は、日本ヤクザ指定暴力団六代目山口組若頭補佐[3]大阪府東大阪市に本部を置く山口組系暴力団極心連合会の会長[4]

来歴[編集]

1963年頃に大阪の独立組織であった南一家吉田組に加入したが、吉田組が程なく解散したため、自ら橋本組を結成した。

1976年、山本健一組長から盃を受け、初代山健組直参として加入。

1983年、極心連合会を結成、直後に勃発した山一抗争では武闘派として抗争に参加するなど次第に頭角を現した。

1987年、二代目山健組若頭代行となった。

1989年、桑田兼吉が三代目山健組の組長となった。橋本弘文は三代目山健組若頭となった。

1997年に桑田兼吉が逮捕された。

2003年、組長不在であった山健組において組長代行となった。

1987年から十数年にわたり、最高幹部として山口組最大勢力であった組織の土台を支えた。

2005年4月、五代目山口組の直参となった[3]

2005年6月、六代目山口組の若頭補佐となった。

2012年4月、六代目山口組の統括委員長となった。

2015年12月、六代目山口組の舎弟に直った。

事件[編集]

2005年12月、不正競争防止法違反により逮捕。大阪府警による自宅家宅捜索では、抗議する構成員と警察官が路上で衝突する騒ぎになり、テレビ全国放送ニュース番組などで取り上げられた。

2012年11月、2011年3月に大阪府内のゴルフ場において暴力団関係者であることを隠してプレーしたことにより、元ボクシング世界王者で同会幹部の渡辺二郎と共に詐欺容疑で逮捕された[5]

2016年2月19日、自分の車を別人の名義で登録したとして電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕された[6]。 同月22日、橋本と共謀し車の虚偽登録を行ったとして極心連合会の若頭・本部長・相談役ら幹部4名も逮捕された[7]


周辺者[編集]

  • 島田紳助 - 2011年8月、暴力団関係者との交際を理由に芸能界を引退。橋本と親密な関係であったことが様々な報道で明らかになっている[8]

法規命令[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Treasury Sanctions Members of Japanese Criminal Organization 12/19/2013 アメリカ合衆国財務省
  2. ^ 実話時報 2012年3月号:『六代目山口組<大検証>「武」と「智」:六代目山口組「直系組長85人」:橋本弘文』 (特別付録) 2012年2月14日 竹書房
  3. ^ a b 『六代目山口組 完全データBOOK』メディアックス2008年 ISBN 978-4-86201-328-6 P.5
  4. ^ 暴力団 : “芸能人や政治家となぜ付き合うのか?” (p.138) 溝口敦 2011年 新潮新書 ISBN 978-4-10-610434-3
  5. ^ [1]朝日新聞 2012年11月30日参照[リンク切れ]
  6. ^ [2]山口組ナンバー3を逮捕 別人名義で自分の車を登録容疑 朝日新聞 2016年2月20日参照
  7. ^ [3]極心連合会本部長ら4人逮捕 山口組ナンバー3と共謀し車の虚偽登録容疑 大阪府警 産経ニュース 2016年2月22日参照
  8. ^ フライデー (雑誌) 2011年9月16日号(同年9月9日発売)など