難波安組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

難波安組(なんばやすぐみ)は、かつて存在した日本暴力団大阪府堺市堺区甲斐町東1-2-28難波安綜合ビルに本部を置き、指定暴力団山口組の二次団体であった[1]。2009年9月に解散。

概要[編集]

山口組の中では武闘派と呼ばれる組織であった。1989年6月4日に放送された関西テレビ制作のドキュメンタリー番組「実録 日本の裏社会~極道~」で本部事務所内や小林組長の生活などが放送されている。この番組ではノンフィクション作家の軍司貞則が取材を行っており、組長などにインタビューを行っている。

最盛期には構成員が500名を超えていたが、組織の衰退が進み、病気療養を理由とし小林組長自身が引退を決め、跡目継承は行われず2009年9月解散となった。解散時の構成員は数十人程度だった。 組員はその後同じ山口組傘下団体(現在は神戸山口組傘下)の宅見組に移籍した。

組織の解散後も本部だった難波安綜合ビルは残存しているが、全面立ち入り禁止でビルの名前は外されており実質空き家状態である。

歴代組長[編集]

  • 初代 - 松本安男
  • 二代目 - 小林治 (ヤクザ)(五代目山口組組長秘書)(六代目山口組若中)[1]

最高幹部[編集]

  • 組長 - 小林治 (ヤクザ)
  • 若頭 - 籠谷武(籠谷組組長)、中西勝彦 (中西総業組長)
  • 本部長 - 橋本清 (難仁会会長)
  • 若頭代行 - 千葉嗣幸(難侠会会長)
  • 相談役 - 鹿田次郎(鹿田組組長)

若中[編集]

山本智明

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『六代目山口組 完全データBOOK』メディアックス、2008年、ISBN 978-4-86201-328-6のP.6