池田組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池田組
Yamabishi.svg
設立者 池田孝志(金孝志) 池田 澄
本部 岡山県岡山市
首領 池田孝志(金孝志)
構成員数
(推定)
約460人
上部団体 Yamabishi.svg 神戸山口組
敵対組織 六代目山口組

池田組(いけだぐみ)は、岡山県岡山市に本部を置く暴力団で、神戸山口組の二次団体。

略歴[編集]

初代[編集]

  • 池田孝志(金孝志)は、池田組を結成して、組長に就任後、大石組に参画した。
  • 1982年、大石組若頭に就任した。
  • 1992年02月、五代目山口組に昇格した。
  • 1993年、五代目山口組組長秘書に就任した。
  • 2005年、六代目山口組に参画して、六代目山口組幹部に就任した。
  • 2007年06月、六代目山口組若頭補佐に就任した。
  • 2013年10月、六代目山口組舎弟に就任した。
  • 2015年08月26日、六代目山口組を離脱した。
  • 2015年08月27日、共に離脱した13団体と神戸山口組を結成して、神戸山口組舎弟頭に就任した。
  • 2015年10月06日、警視庁組織犯罪対策総務課は、アダルトサイト利用料を架空請求した詐欺容疑で、池田組若頭補佐二代目孝昇会会長岩渕匠(43)と同会幹部塚田修(42)の両容疑者を逮捕した。[1][2]
  • 2016年03月03日、旭川中央署は、池田組若頭補佐二代目孝昇会会長岩渕匠の自宅に車で突っ込んだ、建造物損壊の容疑で、旭導会系組員松原朗(34)を現行犯逮捕した。[3][4][5][6][7][8][9]
  • 2016年5月31日、午前9時50分ごろ岡山市南区豊成のマンション前で、ナンバー2の若頭高木忠が数発の銃弾を浴び心肺停止の状態で発見される。病院に搬送され1時間後に死亡が確認された。捜査関係者によると山口組、神戸山口組両団体から「伊勢志摩サミット終了までは騒動を起こすな」と傘下組織に指示があり、警察庁が3月に両団体を対立抗争状態に認定して以降、初めて死亡者が出た。

当代[編集]

  • 組長 - 池田孝志(神戸山口組舎弟頭/六代目山口組舎弟/五代目山口組若中/大石組若頭)

構成[編集]

  • 組長 - 池田孝志
  • 組長代行 - 竹内哲三(竹内興業組長)
  • 若頭 -
  • 若頭代行 - 吉田利成(志龍会会長)
  • 舍弟頭 - 村上平衛(村上組組長)
  • 本部長 - 前谷祐一郎(神戸山口組幹事功龍會会長)
  • 舎弟頭補佐 - 樫田 昇(樫田組組長)
  • 舎弟頭補佐 - 竹本眞一郎(眞生会会長)
  • 舎弟頭補佐 - 南 省蔵(二代目清政興業組長)
  • 若頭補佐 - 小畑雄二(雄真会会長)
  • 若頭補佐 - 岩渕 匠(二代目孝昇会会長)
  • 若頭補佐 - 森安 功(森安組組長)
  • 若頭補佐 - 池上啓二(池上組組長)
  • 若頭補佐 - 古賀 明(太白会会長)
  • 若頭補佐 - 藤原弘三(志弘会会長)
  • 若頭補佐 - 林 圭司(三代目考昇会会長)
  • 若頭補佐 - 木村淳宏(宏心連合会会長)
  • 事務局長 - 伊藤 誠(伊藤組組長)
  • 顧問 - 正司光勇(正司組組長)
  • 顧問 - 山口仁堂(山口会会長)
  • 相談役 - 宮澤悦夫(宮澤興業組長)
  • 舎弟 - 山路欣也(山路組組長)
  • 舎弟 - 橋本竜哉(橋本組組長)
  • 舎弟 - 横井興人(横井組組長)
  • 舎弟 - 小野充修(小野組組長)
  • 幹部 - 藤原純一(藤原組組長)
  • 幹部 - 大槻 浩(大槻組組長)
  • 幹部 - 村上正行(村上組組長)
  • 若中 - 大石 丈(大石総業組長)
  • 若中 - 白石芳則(二代目白石組組長)
  • 若中 - 河野美雄
  • 若中 - 中川 覚(中川組組長)
  • 若中 - 富田清志(二代目岡崎組組長)
  • 若中 - 原田直人(志道会会長)
  • 若中 - 南元好晴(南元組組長)
  • 若中 - 奥野柳太郎(二代目紀心会会長)
  • 若中 - 高橋剛史(高橋組組長)
  • 若中 - 津田昭二(津田企画代表)
  • 若中 - 野川博史(野川組組長)
  • 若中 - 平本 勇(平本連合会会長)
  • 若中 - 澤本卓司(志勝会会長)
  • 若中 - 湯本 健(湯本組組長)
  • 若中 - 安西智弘(安西組組長)
  • 若中 - 藤田精宏

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]