神戸山口組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神戸山口組
Yamabishi.svg
神戸山口組の代紋「山菱」
設立2015年8月27日
設立者井上邦雄
本部〒651-0093
日本の旗 日本兵庫県神戸市中央区二宮町3-10-7[1][2]
首領井上邦雄
活動期間2015年 - 現在
構成員数
(推定)
約1,000人[3](2022年3月末時点)
┗構成員 約550人[4]
┗準構成員 約450人
友好組織Kyodo-kai.svg 俠道会
Asano-gumi.svg 浅野組
敵対組織Yamabishi.svg 山口組[1]
絆會

神戸山口組(こうべやまぐちぐみ)は、日本兵庫県神戸市中央区二宮町3-10-7[1][2]に主たる事務所(本部)を置く特定抗争指定暴力団[1]。組員数は2022年3月末時点で約1,000人[3](構成員約550人[4]、準構成員等約450人)。

六代目山口組住吉会及び稲川会とともに、警察庁から主要暴力団として位置づけられている[1]。かつては兵庫県淡路市志筑88-1に本部を置いていた[5]

概要[編集]

警察庁の報告によると、2015年平成27年)8月27日に指定暴力団・六代目山口組を離脱した13名の直系組長により結成された組織であり、組長は四代目山健組組長・井上邦雄である[6]

分裂の背景には、六代目山口組が司忍を始めとする名古屋弘道会出身者を重用していることに対して、以前の主流派であった山健組等の関西系組織の不満があったものとされている[7]

六代目山口組で毎月65万円とされる上納金が神戸側では10万円まで減額されていると言われ、一部の幹部に対しては1,000万円単位の支度金まで用意されるケースもあるとされる[8]

結成以後、六代目山口組との抗争状態が続き、発砲や車両突入などの関係抗争事件2016年3月6日までに20都道府県で49件発生し、翌日7日に警察が対立抗争状態と認定してから2019年末までには72件発生している[1][9]

来歴[編集]

2016年平成28年)4月15日、兵庫県公安委員会により指定暴力団に指定された(指定番号6316-1)[10]。また読売新聞や日本経済新聞は、警察当局が六代目山口組と共に当組織を特定抗争指定暴力団へ指定する事を検討中と報じた[11]

2017年(平成29年)4月30日、傘下の一部団体が組の運営方針に異議を唱え神戸山口組を離脱。反旗を翻す形で新組織・任俠団体山口組(現・絆會)を結成した[12][13]

同年10月2日には、暴力団追放兵庫県民センターが本部事務所の使用差し止めを求める仮処分神戸地方裁判所に申し立てた[14]。これを受け、神戸山口組側は地裁が判断する前の同月25日、淡路市内にあった本部事務所を閉鎖した[15]

2019年令和元年)12月に兵庫県公安委員会など6府県の公安委員会により、六代目山口組と共に特定抗争暴力団に指定され、2020年(令和2年)1月7日の官報告示をもって発効した。

綱領と組指針[編集]

山口組と同様に田岡一雄が制定した下記の五箇条から成る綱領があり、定例会等で唱和される。

一、内を固むるに和親合一を最も尊ぶ
一、外に接するに愛念を持し信義を重んず
一、長幼の序を弁え礼に依って終始す
一、世に処するに己の節を守り譏を招かず
一、先人の経験を聞き人格の向上を図る

指針[編集]

  • 平成28年度 - 継往開来(けいおうかいらい・先人の事業を受け継ぎ発展させながら未来を切り開くこと)[6][16]
  • 平成29年度 - 風霜尽瘁(ふうそうじんすい・厳しく激しい苦難の中でも一所懸命に力を尽くして労苦すること)[17][18]
  • 平成30年度 - 一燈照隅(いっとうしょうぐう・一人ひとりが一隅を照らすことになれば、人の和が成り立つこと)[19]
  • 平成31年(令和元年)度 - 一心一意(いっしんいちい・心を一つにして、共に思い励むこと)
  • 令和2年度 - 不易流行(ふえきりゅうこう・いつまでも変化しない本質的なものを忘れないなかにも、新しい変化を重ねているものを取り入れていくこと)
  • 令和3年度 - 金剛不壊(こんごうふえ・非常に堅固で、決して壊れないこと)
  • 令和4年度 - 刻苦義励(こっくぎれい・心身を苦しめてでも、信念のために励むこと)

組織図[編集]

役職 氏名 出身二次団体 在任期間
組長 井上邦雄 四代目山健組 2015年8月 - 現在

執行部[編集]

役職 氏名 二次団体 本部
副組長 入江 禎 二代目宅見組 大阪市中央区
若頭 寺岡 修 俠友会 兵庫県淡路市
副本部長 青木和重 五龍会 北海道札幌市
舎弟頭補佐 宮下和美 二代目西脇組 神戸市西区
若頭補佐 藤田恭道 二代目英組 大阪市西淀川区
若頭補佐 仲村石松 三代目古川組 兵庫県尼崎市
若頭補佐 大瀧一門 徳誠会 茨城県石岡市

舎弟[編集]

役職 氏名 二次団体 本部
舎弟 岡本久男 二代目松下組 神戸市中央区
舎弟 須ノ内祥吾 二代目東生会 大阪市淀川区
舎弟 小嶋恵介 二代目中野組 大阪府堺市
舎弟 近藤大恵 徳心会(俠友会) 東京都

幹部・若中[編集]

役職 氏名 二次団体 本部
幹部 清崎達也 四代目大門会 熊本県熊本市
若中 藪内秀宝 修心會(俠友会) 兵庫県淡路市
若中 元満志郎 二代目安部組 福岡県福津市
若中 竹本 均 百八竜会 福井県

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 警察庁組織犯罪対策部組織犯罪対策企画課 (2022-03-24) (PDF). 令和3年における組織犯罪の情勢【確定値版】 (Report). pp. 1-34. https://www.npa.go.jp/sosikihanzai/kikakubunseki/R03sotaijousei/R03sotaijousei.pdf 2022年4月26日閲覧。. 
  2. ^ a b 大阪府警察. 指定暴力団一覧表 (Report). https://www.police.pref.osaka.lg.jp/seikatsu/boryokudan/6857.html 2022年4月22日閲覧。. 
  3. ^ a b 兵庫県警察. 兵庫県警察-暴力団対策の推進 (Report). https://www.police.pref.hyogo.lg.jp/seikatu/boryoku/index.htm 2022年4月22日閲覧。. 
  4. ^ a b 「神戸山口組」に異変 構成員減少、3分の1に 山健組の古巣合流など要因』 2022年1月20日 ラジトピ
  5. ^ 官報 平成30年12月7日 本紙 第7405号
  6. ^ a b 平成27年の暴力団情勢』(警察庁、2016年2月)
  7. ^ 【ゼロから分かる「神戸山口組」分裂騒動】ヤクザの名門「山健組」の内紛はなぜ起きたのか?(p.2) 尾島正洋 2020年7月25日 文春オンライン
  8. ^ “クローズアップ現代+ 独占取材 山口組“分裂抗争”の内幕”. NHK. (2016年4月7日). オリジナルの2020年4月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.vn/rNIDd 2016年4月11日閲覧。 
  9. ^ 『読売新聞 第18354号』 “山口組分裂「抗争」認定” (35面) 2016年3月8日 読売新聞社
  10. ^ 官報本紙 (p.8) 2016年4月15日、2016年4月16日閲覧
  11. ^ 神戸山口組、指定暴力団に 国家公安委が確認』 2016年4月7日 日本経済新聞
  12. ^ 神戸山口組の離脱幹部が集会 新組織結成、組長は置かず』 2017年4月30日 朝日新聞デジタル
  13. ^ 神戸山口組が分裂 新組織は「任侠団体山口組」』 2017年5月1日 デイリースポーツ
  14. ^ 神戸山口組本部「差し止めを」 住民委託で代理訴訟へ”. 朝日新聞 (2017年10月2日). 2018年3月31日閲覧。
  15. ^ 本部事務所を閉鎖か、神戸山口組 住民代理訴訟受け”. 産経新聞 (2018年10月30日). 2018年3月31日閲覧。
  16. ^ “山口組「事始め式」激変全容 直系組長17人減る 神戸山口組も「納会」で対抗”. ZAKZAK. (2015年12月15日). http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151215/dms1512151550003-n1.htm 2016年4月3日閲覧。 
  17. ^ 山口組は「和親合一」、神戸山口組は「風霜尽瘁」…直系組長集め新年の方針示す 抗争状態で越年へ』 2016年12月13日 産経新聞
  18. ^ 分裂山口組、それぞれの指針に“異変” 長引く対立抗争の影響が色濃く反映』 2016年12月15日 ZAKZAK
  19. ^ “【山口組速報】12月13日、3つの山口組が同じ兵庫県に集結…各会合で示された来年の「指針」とは?”. ビジネスジャーナル. (2017年12月18日). http://biz-journal.jp/2017/12/post_21742.html 2018年1月10日閲覧。 

関連項目[編集]