横浜GSFCコブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
特定非営利活動法人横浜GSFクラブ
国籍 日本の旗 日本
格付 特定非営利活動法人
コード 6020005011068
専門分野 社会教育、まちづくり、学術・文化・芸術・スポーツ、子どもの健全育成
設立日 2013年3月28日
代表者 青島直樹
郵便番号 240-0026
事務所 神奈川県横浜市保土ケ谷区権太坂1丁目52番6号
座標
北緯35度26分15.0秒東経139度34分8.1秒座標: 北緯35度26分15.0秒 東経139度34分8.1秒
外部リンク http://ygsfc.org/
テンプレートを表示

横浜GSFC(よこはまジーエスエフシー、横浜GSフットボール・クラブ、YOKOHAMA GS Football Club)は神奈川県横浜市を本拠地とする総合型地域スポーツクラブである。

本項目ではトップチームを中心にクラブ全般並びにトップチームの前身であるコブラ・フットボール・クラブついて記す。

クラブ概要[編集]

2017年現在、キッズ (U-6)、ジュニア (U-12)、ジュニアユース (U-15)、トップチーム、ウォーキングクラブ、フィットネスクラブが活動しており、運営はすべて「特定非営利活動法人横浜GSFクラブ」が行っている[1]

横浜市保土ケ谷区権太坂・境木地区で活動していた1987年創設の小学生サッカークラブチーム『GSファイターズ』を源流とする[2]1997年にジュニアユース (U-15)を設立[2]2004年に当時神奈川県社会人サッカーリーグ2部Aブロックに所属していたコブラ・フットボール・クラブと合併し[3]、コブラ・フットボール・クラブを移管する形でトップチームを設立、同時にキッズ (U-6)も設立し、クラブ名を横浜GSFCへ変更した[2]2005年より、トップチームの名称もクラブ名に合わせ、さらに名称にはトップチームの前身であるコブラ・フットボール・クラブから「コブラ (cobra)」を取って横浜GSFCコブラとした[4][5]

"GS"の『G』は東京箱根間往復大学駅伝競走 (通称:「箱根駅伝」)でも有名な権太坂、『S』は境木地蔵がある境木のことであり、それらの頭文字をとったものである[2]

歴史[編集]

GSファイターズ
  • 1987年 小学生サッカークラブチームGSファイターズ創設[2]
  • 1997年 ジュニアユース (U-15)創設[2]
  • 2004年
    • コブラ・フットボール・クラブと合併[3]
    • キッズ (U-6)創設[2]
コブラ・フットボール・クラブ
  • 2000年 江原勇司井浦政信によって創設[4]
  • 2001年 神奈川県社会人サッカーリーグ3部参戦[3]
  • 2002年
    • 神奈川県社会人サッカーリーグ3部Cブロック優勝。神奈川県社会人2部リーグ昇格トーナメント進出[3]
    • 神奈川県社会人2部リーグ昇格トーナメント2回戦敗退。神奈川県社会人サッカーリーグ3部残留[3]
  • 2003年
    • 神奈川県社会人サッカーリーグ3部Cブロック優勝。神奈川県社会人2部リーグ昇格トーナメント進出[3]
    • 神奈川県社会人2部リーグ昇格トーナメント優勝。神奈川県社会人サッカーリーグ2部初昇格[3]
  • 2004年 GSファイターズと合併[3]
横浜GSFC
  • 2004年
    • GSファイターズとコブラ・フットボール・クラブが合併して創設[5]
    • クラブ名を横浜GSFCへ改称[2]
    • トップチーム設立。
  • 2005年 トップチームの名称を横浜GSFCコブラへ改称。
    • 神奈川県社会人サッカーリーグ2部Aブロック2位。神奈川県社会人1部リーグ昇格入替戦進出[4]
    • 神奈川県社会人1部リーグ昇格入替戦かながわクラブに敗れ敗退。神奈川県社会人サッカーリーグ2部残留[4]
  • 2006年 神奈川県社会人サッカーリーグ2部Aブロック優勝。神奈川県社会人サッカーリーグ1部初昇格[4]
  • 2008年
    • 神奈川県社会人サッカーリーグ1部3位。関東社会人サッカー大会進出[4]
    • 関東社会人サッカー大会3位。神奈川県社会人サッカーリーグ1部残留[4]
  • 2012年
  • 2013年 運営法人を特定非営利活動法人横浜GSFクラブへ変更。
    • 神奈川県社会人サッカー選手権大会優勝。同大会2連覇[4]
  • 2016年
    • 神奈川県社会人サッカーリーグ1部2位。関東社会人サッカー大会進出[4]
    • 関東社会人サッカー大会2位。関東サッカーリーグ初昇格[4]

コブラ・フットボール・クラブ[編集]

コブラ・フットボール・クラブ
原語表記 コブラ・フットボール・クラブ
呼称 コブラFC、C.F.C[3]
愛称 コブラ
クラブカラー    
創設年 2000年
解散年 2004年
所属リーグ 神奈川県社会人サッカーリーグ
所属ディビジョン 2部Aブロック
ホームタウン 神奈川県横浜市横須賀市[3]
代表者 青島直樹 (総監督)
監督 井浦政信
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

コブラ・フットボール・クラブ(Cobra Football Club、C.F.C)は、神奈川県横浜市横須賀市を本拠地としてかつて活動した社会人サッカーのクラブチームで[3]、現在関東サッカーリーグ2部に所属する横浜GSFCコブラの前身になったクラブである[4]

クラブ概要[編集]

2000年2月に、現在横浜GSFCコブラの理事を務める江原勇司と、コブラ・フットボール・クラブの監督を務めた井浦政信によって創設[4]2001年神奈川県社会人サッカーリーグ3部に参戦するが[3]、リーグ戦では勝つも、神奈川県社会人2部リーグ昇格トーナメントでは2年連続でその壁が破れなかった[4]

2003年に、川崎フロンターレの監督を務めた今井敏明をヘッドコーチに招聘[4]、選手では現在、川崎フロンターレU-15のコーチを務める元Jリーガー高田栄二も獲得し[4]、漸く神奈川県社会人サッカーリーグ2部昇格を決めた[4]。続く2004年、クラブは小学生サッカークラブチーム『GSファイターズ』との合併を決め[3]、総監督にGSファイターズの代表を務め、現在、横浜GSFCの代表を務める青島直樹が就任[3]、コブラ・フットボール・クラブとしてはその歴史の幕を下ろしたが、横浜GSFCが本クラブを移管する形でトップチームを設立、コブラ・フットボール・クラブから「コブラ (cobra)」を取って横浜GSFCコブラとした[5]

クラブ成績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合
2001 神奈川県3部Cブロック 優勝
2002 優勝 21 7 7 0 0 39 1 38
2003 優勝 24 8 8 0 0 42 6 36
2004 神奈川県2部Aブロック 5位 17 11 5 2 4 29 24 5

横浜GSFCコブラ[編集]

横浜GSFCコブラ
原語表記 横浜GSフットボール・クラブコブラ
呼称 横浜GSFCコブラ
愛称 コブラ
クラブカラー      水色、     赤、    
創設年 2005年
所属リーグ 関東サッカーリーグ
所属ディビジョン 2部
ホームタウン 神奈川県横浜市
ホームスタジアム Hodogaya Park Soccer Stadium, Kanagawa, Japan.JPG神奈川県立保土ヶ谷公園サッカー場
IIMURO GLASS綾瀬市民スポーツセンター陸上競技場
神奈川県サッカー協会フットボールセンター
収容人数 584(保土ヶ谷)
1,000(IG綾瀬)
運営法人 特定非営利活動法人横浜GSFクラブ
代表者 日本の旗 笠原秀美
監督 日本の旗 青島直樹
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

横浜GSFCコブラ(よこはまジーエスエフシーコブラ、横浜GSフットボール・クラブコブラ、YOKOHAMA GS Football Club Cobra)は、神奈川県横浜市をホームタウンとして活動するサッカークラブ。

クラブ概要[編集]

2004年、GSファイターズとコブラ・フットボール・クラブの合併によって、クラブ名が横浜GSFCへ改称、同時にトップチームがコブラ・フットボール・クラブを移管する形で設立、2005年よりトップチームの名称を横浜GSFCコブラへ改称した[4]

2006年神奈川県社会人サッカーリーグ2部Aブロックで優勝、コブラ・フットボール・クラブ時代を含め、7年目で初めて神奈川県社会人サッカーリーグ1部に昇格した[4]

2008年には、元日本代表で、日本代表監督も務めた森孝慈を顧問として迎え[4]湘南ベルマーレから外池大亮も加入した。

同年のリーグ戦では神奈川県社会人サッカーリーグ1部で3位となり、開催県代表として関東社会人サッカー大会に初出場[4]、結果は準決勝で日立ビルシステムサッカー部に敗れ、惜しくも関東サッカーリーグ2部昇格は果たせなかったが[4]、急速に実力をつけていることを示すと、2009年神奈川県社会人サッカー選手権大会で3位の好成績を収めた[4]。その後のリーグ戦では浮き沈みはあったものの、おおむね好成績を収めると、2016年、神奈川県社会人サッカーリーグ1部で2位となり、3度目となる関東社会人サッカー大会出場を決める[4]。すると、同大会の準決勝でザスパ草津チャレンジャーズに勝利し、決勝に進出、決勝ではTUYに敗れたが[6]、初の関東サッカーリーグ2部昇格を決めた[4]

2017年、主な新加入選手としてガイナーレ鳥取から小谷野顕治[7]ラオスランサーン・ユナイテッドFC英語版から海老澤宏樹などを補強[8]、その他、外池大亮がコーチとして2013年以来、5年ぶりに復帰した。

クラブ戦績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 天皇杯
2005 神奈川県2部Aブロック 2位 23 11 7 2 2 31 13 18 県予選敗退
2006 優勝 27 11 9 0 2 33 16 17
2007 神奈川県1部 6位 14 11 4 2 5 23 14 9
2008 3位 21 11 6 3 2 24 13 11
2009 6位 16 11 5 1 5 21 21 0
2010 5位 17 11 5 2 4 23 22 1
2011 3位 21 11 7 0 4 31 9 22
2012 2位 23 11 7 2 2 21 13 8
2013 5位 17 11 5 2 4 20 17 3
2014 9位 12 11 3 3 5 16 23 -7
2015 3位 21 11 6 3 2 25 13 12
2016 2位 25 11 8 1 2 30 16 14
2017 関東2部 18

所属選手・スタッフ[編集]

2017年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
横浜GSFCコブラ代表 日本の旗 笠原秀美 横浜GSFCコブラ 監督
理事 日本の旗 江原勇司 コブラ・フットボール・クラブ コーチ
監督 日本の旗 青島直樹 横浜GSFCジュニアユース 監督 監督兼横浜GSFC代表
コーチ 日本の旗 外池大亮 日本の旗 横浜GSFCコブラ 選手
コーチ 日本の旗 江原宏 日本の旗 横浜GSFCコブラ 選手
コーチ 日本の旗 秋山真之 日本の旗 横浜GSFCコブラ 選手

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 藤田慎平 日本の旗 大船FC
30 日本の旗 阪口正大 日本の旗 六浦FC
40 日本の旗 保要佑樹 鹿屋体育大学 新加入
DF 3 日本の旗 大平潤 日本の旗 Y.S.C.C.横浜
4 日本の旗 笠原嵩太 法政大学
5 日本の旗 伊藤卓也 日本の旗 神奈川県教員SC
13 日本の旗 今泉圭吾 日本の旗 六浦FC 新加入
17 日本の旗 勝将太郎 関東学院大学
26 日本の旗 曽谷拓矢 帝京大学
27 日本の旗 鈴木章弘 明治学院大学 新加入
30 日本の旗 松木達也 米沢中央高校
32 日本の旗 大里将也 関東第一高校 新加入
35 日本の旗 柏木祐人 横浜東高校
36 日本の旗 永田陽一 立正大学 新加入
MF 2 日本の旗 渡辺雄也 日本の旗 横浜猛蹴FC
6 日本の旗 江成隆希 帝京第三高校
8 日本の旗 小谷野顕治 日本の旗 ガイナーレ鳥取 新加入
10 日本の旗 大空昌宏 キャプテン 日本の旗 V・ファーレン長崎 キャプテン
14 日本の旗 鈴木修人 日本の旗 ギラヴァンツ北九州
18 日本の旗 渡邊啓也 日本の旗 六浦FC 新加入
20 日本の旗 佐久間卓 日本の旗 ALL Z 新加入
24 日本の旗 押久保佑太 横浜創英高校
28 日本の旗 海老澤宏樹 ラオスの旗 ランサーン・ユナイテッドFC英語版 新加入
31 日本の旗 玉生剛太 玉川大学 新加入
35 日本の旗 渡部航誠 山形中央高校 新加入
FW 7 セネガルの旗 ジェイ・パパ・バカリ セネガルの旗 FCマハン
9 日本の旗 志連真人 日本の旗 さがみ大沢FC
16 日本の旗 高木凛 国士舘大学
21 日本の旗 川上青空 近大附高校 新加入
23 日本の旗 山下一歩 尚志高校
25 日本の旗 菅原俊太 瀬谷高校
29 日本の旗 渡辺悠太 横浜創学館高校

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 水色
FP(2nd)
GK(1st) オレンジ オレンジ オレンジ
GK(2nd) グレー グレー グレー
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •      水色、     赤、    

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
有限会社Tコーポレーション T CORPORATION 2009年 -
東洋水工株式会社 東洋水工 2014年 -
背中上部 株式会社K-FRONT K-FRONT 2016年 -
背中下部 なし - -
パンツ なし - -

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2009 T CORPORATION - - - - adidas
2010
2011
2012
2013
2014 東洋水工
2015
2016 K-FRONT
2017

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]