外池大亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
外池 大亮 Football pictogram.svg
名前
愛称 トノ
カタカナ トノイケ ダイスケ
ラテン文字 TONOIKE Daisuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1975-01-29) 1975年1月29日(42歳)
出身地 神奈川県横浜市港北区
身長 184cm
体重 78kg
選手情報
ポジション FW / MF / DF
利き足 左足
ユース
日産FCプライマリー
横浜市立大綱中学校
早稲田実業学校高等部
早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-1999 ベルマーレ平塚 41 (8)
2000-2002 横浜F・マリノス 34 (8)
2001 大宮アルディージャ(loan) 12 (4)
2003 ヴァンフォーレ甲府 43 (7)
2004 サンフレッチェ広島 7 (0)
2005 モンテディオ山形 19 (0)
2006-2007 湘南ベルマーレ 27 (2)
2008-2012 横浜GSFCコブラ
1. 国内リーグ戦に限る。2017-10-25現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

外池 大亮(とのいけ だいすけ、1975年1月29日 - )は、神奈川県横浜市出身のサッカー選手。現役時代はフォワードミッドフィールダーディフェンダーとさまざまなポジションをこなした。

2015年現在はスカパー・ブロードキャスティングの社員。

来歴・人物[編集]

甲府のマッチデイ・プログラム「ヴァンすぽ!」6号(2003年5月10日発行)のインタビューコーナーで、7歳からサッカーを始め、大学4年のときにプロ入りを目指すようになったと答えている。

早稲田大学を経て、1997年にベルマーレ平塚に加入。プロ入り当時は長身を生かしたヘディングを武器にフォワードとして活躍。1997年5月10日Jリーグ1stステージ第8節ベルマーレ平塚対サンフレッチェ広島がプロデビュー戦。この試合で初ゴールを決め、かつVゴールでチームに勝利をもたらした。1999年、チームの親会社撤退による経営縮小を迫られ、主力選手を放出する中、開幕前はDFにコンバートされチームを引っ張る。J1残留争いに苦しむチームは、終盤再び外池をストライカーに指名。

2000年、横浜F・マリノスに移籍。2001年8月からは期限付き移籍で大宮アルディージャでプレー[1][2]。2002年は横浜FMに復帰。所属中期にはレギュラーとして活躍するも、低迷するチームの変換期に差し掛かり、2002年シーズン終了後に戦力外通告を受ける。

2003年、ヴァンフォーレ甲府にトライアウトの末入団。ヴァンフォーレ甲府では、身体能力の高さと豊富な経験を買われてボランチにコンバートされ、レギュラーの座を勝ち取る。特にシーズン前半ではチームの強い牽引力となった。

その後、2004年にはサンフレッチェ広島、2005年にはモンテディオ山形を経て、2006年から古巣の湘南ベルマーレに復帰。副キャプテンを任される。2006年5月3日のヴィッセル神戸戦で復帰初ゴールを記録した。2007年は背番号をデビュー時の19に戻し、ポジションも自ら志願して再びフォワードに変更[3]。また、選手会長に選任される。2007年11月25日、ホーム最終戦で選手会長としての挨拶の後、涙ながらに自身の引退を発表。監督の菅野将晃など、ごく一部の関係者以外には極秘にされていた。

現役引退後は、広告代理店の電通に就職し[3]、主にサッカー事業に携わる仕事をしながらアマチュアサッカー選手として横浜GSFCコブラでプレー。また、スカパー!でヴァンフォーレ甲府戦の解説者も務める。

その後Jリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナーであるスカパー・ブロードキャスティングに転職し[4]、Jリーグに関わる事業に携わりながら、解説者としても活動している。

エピソード[編集]

  • 2003年以降、徐々に成績を伸ばしていた甲府だが、当時のチームは、選手の意識が低く、試合後の観客の声援に感謝を持って応えることなど、当たり前のことすら出来ていなかった。その中で、外池は試合終了後、(時には一人で)観客席前で感謝を表すなど、プロ選手としての範を示した。
  • 学習意欲が強く、また、自身の体験を通じて学び得たことを伝えようとする姿勢を貫く。オフ期間に体験したインターンシップ数も、全てのJリーガーの中でダントツの数を誇る。
  • 2007年シーズン、勝負をかけると周囲にも宣言する中、2007年4月15日の東京ヴェルディ1969戦にて交代直後に鮮やかなヘディングでゴールを決めた。試合後のサポーターとのダンスではユニフォームを振り回して踊り、感涙する姿も。J2降格以前のベルマーレを知る数少ない選手である。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1993 早大 - - - 2 1 2 1
1996 - - 2 0 2 0
1997 平塚 19 J 9 3 0 0 0 0 9 3
1998 8 1 4 2 0 0 12 3
1999 5 J1 24 4 2 0 1 1 27 5
2000 横浜FM 19 25 8 6 3 3 0 34 11
2001 7 0 3 0 - 10 0
大宮 9 J2 12 4 - 1 0 13 4
2002 横浜FM 14 J1 2 0 0 0 0 0 2 0
2003 甲府 17 J2 43 7 - 3 1 46 8
2004 広島 4 J1 6 0 5 0 0 0 11 0
2005 山形 5 J2 19 0 - 2 1 21 1
2006 湘南 6 14 1 - 0 0 14 1
2007 19 13 1 - 0 0 13 1
通算 日本 J1 82 16 20 5 4 1 106 22
日本 J2 101 13 - 6 2 107 15
日本 - - 4 1 4 1
総通算 183 29 20 5 14 4 217 38

その他の公式戦


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “外池 大亮選手 期限付き移籍のお知らせ” (プレスリリース), (2001年8月21日), オリジナル2001年11月19日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20011119145357/http://www.so-net.ne.jp:80/f-marinos/news/407/news_main00407.htm 横浜F・マリノス閲覧。 
  2. ^ “外池大亮選手の移籍について” (プレスリリース), (2005年1月13日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=15312 2017年10月25日閲覧。 
  3. ^ a b OBリレーコラム:「サッカーと私」 第51回(外池 大亮)”. Jリーグキャリアサポートセンター. Jリーグ (2009年12月). 2010年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月25日閲覧。
  4. ^ “「OB交流会」開催(アルビレックス新潟 ユース)” (プレスリリース), Jリーグ, (2013年7月26日), http://www.jleague.jp/release/hometown-00000739/ 2015年10月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]