杉本宏之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すぎもと ひろゆき
杉本 宏之
生誕 (1977-06-25) 1977年6月25日
日本の旗 日本 神奈川県川崎市
職業 起業家

杉本 宏之(すぎもと ひろゆき、1977年6月25日 - )は、日本起業家。株式会社エスグラントコーポレーション代表取締役社長

略歴[編集]

人物[編集]

生まれた直後に父親が経営する不動産会社が倒産。借金もかさみ、3歳の時に家族3人で豪邸から6畳一間のアパートに引っ越す。小学校時代は給食費の支払いに困るほどの貧乏生活であった。13歳で母親がガンに侵され急逝。[1]

父親との刃傷ざたの大ゲンカをきっかけに、人生を真剣に考え始める。高校3年の後半から勉強を開始して大学に補欠合格した。高校卒業後、大学には進学せず専門学校へ進学。1年目に宅建主任者資格を取得。[1]

1997年に投資用ワンルーム販売会社に就職。約5年の経験を積んだ後、知人から「出資するから独立しないか」と声をかけられ、[2]2001年12月に自ら起業し、株式会社エスグラントコーポレーションを設立した。 設立4年目の2005年12月に業界史上最短、最年少で株式上場を果たす。上場までの記録は、著書に綴っている。[1]

上場後、ワンルームマンション事業に加え、事業用不動産の売買、不動産ファンド等も手掛け、順調に売上高を伸ばしてきたが、2008年9月のリーマン・ショックの煽りを受け、2009年3月に民事再生法の適用を申請した。民事再生から5年が経ち、2014年7月、8年ぶりにダイヤモンド社から著書を出版。[1]

現在は再起しており、グループ会社7社、売上高200億円を超えるまでに成長している。

著書[編集]

  • 26歳、熱血社長、年商70億の男(2004年4月、経済界)
  • 1R(ワンルーム)男(2006年4月、アメーバブックス)
  • 30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由(2014年7月、ダイヤモンド社)

出演[編集]

関連書籍[編集]

  • 杉本宏之の素顔 業界内、最年少上場を果たした28歳(2006年5月、経済界、児玉隆一著)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]