日本長老教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本基督長老教会から転送)
移動先: 案内検索

日本長老教会(にほんちょうろうきょうかい)は、日本の米国プロテスタント福音派の団体。日本福音同盟に加盟している。

沿革[編集]

  • 1948年 - 美濃ミッションのフィウェル宣教師の招きによって、アメリカの聖書長老教会の海外宣教組織から、P.フォックスウェル夫妻が三重県四日市港に上陸した。また、J.ヤング宣教師が来日し、四日市での伝道に加わった。
  • 1949年 - 東京堀ノ内で神学校を計画していた長谷川真太郎の要請を受けて、全員が東京に移った。東京基督神学校が設立される。無牧になった四日市教会に東京基督神学校の学生が定期的に通う。
  • 1955年 - 小畑進が四日市教会の初代牧師に就任した。
  • 1956年12月9日 - 当初、横浜海岸教会、堀の内グループにも呼びかけたが機が熟せず、宣教師と日本人協力者によって生まれた3教会(済美ヶ丘教会、松ノ木教会、四日市教会)、6伝道所の代表者によって東京で日本基督長老教会が設立された。初代議長は後藤光三である。なお、1959年には横浜海岸教会から分かれた山の上教会が加わり、堀の内グループも日本福音長老教会設立を経て、1993年に合同した。
  • 1979年6月3日 - 台湾基督長老教会から日本に派遣された鍾子時牧師の支援の元、日本福音長老教会が5教会(井田、西船橋、蓮沼、堀ノ内、横浜山手)で設立。
  • 1993年5月3日 - 日本基督長老教会と日本福音長老教会が合同し、日本長老教会になる。

特色[編集]

30周年記念宣言には以下のように記載されている。

関連項目[編集]

主な牧師[編集]

外部リンク[編集]