浅野順一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本基督教団合同前の日本基督教会代表の準備委員 後列左より,熊野義孝三吉務富田満小野村林蔵佐波亘浅野順一飯島誠太堀内友四郎、 前列左より,今村好太郎村田四郎金井為一郎,村岸清彦

浅野 順一(あさの じゅんいち、1899年12月12日1981年6月10日)は、日本の牧師神学者旧約聖書学)。青山学院大学名誉教授、キリスト教功労者

生涯[編集]

福岡県に生まれる。東京商科大学(現一橋大学)を卒業後に、東京神学社に進み高倉徳太郎らに師事。その後、イギリスドイツに留学して聖書学を学ぶ。

1931年(昭和6年)日本基督教会美竹教会を設立する。牧会の傍ら、旧約聖書学の研究にあたる。1954年(昭和29年)世田谷区社会福祉法人泉会(身体障害者更生施設)を設立。1959年(昭和34年)青山学院大学文学部神学科の教授に就任する。

1962年(昭和37年)に、62歳で美竹教会を辞任して、『伝道者として、研究者としてもう一度出直したい』と言い、世田谷区に開拓伝道を始めた。これは、親鸞の生き方に共感したからであった。[1]牧会伝道と研究に尽くして、81歳で死去。没後に浅野順一賞創設と、「浅野順一著作集」刊行が行われた。

主な著作[編集]

単著[編集]

記念論集[編集]

澤柳大五郎関根正雄村治能就浅野順一中野幸次秀村欣二兼岩正夫、 清水富雄、 渡辺金一下村寅太郎西沢龍生藤田健治永井博 による共編著)

脚注[編集]

  1. ^ 弟子の高野勝夫の『キリスト教逸話例話集』より、214ページ

外部リンク[編集]