悪魔城ドラキュラXX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
悪魔城ドラキュラXX
ジャンル アクション
対応機種 スーパーファミコン[SFC]
Wii UNewニンテンドー3DS バーチャルコンソール[VC]
開発元 コナミ
発売元 コナミ
人数 1人
メディア 16MbitROMカセット
発売日 [SFC]1995年7月21日
[Wii U・VC]2014年4月23日
[New3DS・VC]2017年8月23日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

悪魔城ドラキュラXX』(あくまじょうドラキュラ ダブルエックス、北米: Castlevania: Dracula X、欧州: Castlevania: Vampire's Kiss)は、コナミから1995年7月21日に発売されたスーパーファミコン用ソフトのアクションゲーム。PCエンジン版の『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』を、ステージ構成やデモシーンなどを大きく変更してリメイク移植したもの。

任天堂ローソンによるスーパーファミコン用ゲームソフト書き換えサービス「ニンテンドウパワー」では、1997年9月30日のサービス開始時から書き換えソフトのラインナップに入っていた。

概要[編集]

イラストレーションには新たに山田章博を起用。『血の輪廻』と物語の内容に大差はないが、容量上の問題(540MBを扱えるCD-ROMから2MB(16メガビット)のロムカセットになった)から、アニメーションが削減されたり、BGMが内蔵音源になるなどの制約を受けている。キャラクタードットは『血の輪廻』と同じものだが、ステージ背景は色数を増やして一新され、ラスタースクロールや透明処理の演出などが施されている。セーブ機能はなく、パスワード・コンティニュー方式。

マリアを救出してもプレイヤーキャラクターとして使えないほか、テラとイリスとシャフトは登場せず、リヒター自体の操作感覚も異なるなど、『血の輪廻』とはほとんど別物として扱われる事が多い。

なお海外では、発売されなかった『血の輪廻』に代わって本作がリヒター・ベルモンドとドラキュラの戦いを描く最初の作品となった。

ステージ[編集]

ステージ ステージ名 BGM ボス
1 燃える街 乾坤の血族 ケルベロス
曲名不明(ケルベロス戦前の曲)
2 悪魔城城門と玄関 Vampire Killer ジャイアントバット
3 大広間 血の涙(Bloody Tears) デュラハーン
4 地下牢 Cemetery ミノタウロス
4' 地下墓地 ゴースト(落下で分岐)
5 中庭 Op.13 ワーウルフ
5' 地下水没古代神殿 幽霊船の絵 サラマンダー
6 時計台 Beginning 死神
カミーラ(アネットを救出してない場合)
7 ドラキュラ伯爵 巣窟 ドラキュラ

外部リンク[編集]