梅崎重治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

梅崎 重治(うめざき しげはる、1960年 - )は日本のゲームクリエイター

1983年4月にコナミ入社。『ゴエモンシリーズ』を多く手がけた。1998年2月にKCE神戸代表取締役社長。2005年10月にはグッド・フィールを設立し、代表取締役社長に就任した。

主な作品[編集]

FC[編集]

SFC[編集]

N64[編集]

GBC[編集]

PS[編集]

PS2[編集]

GBA[編集]

DS[編集]

Wii[編集]

Wii U[編集]

開発奉行ウメザキ[編集]

帯ひろ志のマンガに登場する。当時の新作ゲーム『がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス』の発売が決定したことをゴエモン達に内緒で町中に宣伝したコナミに抗議するため、神戸の電子要塞化されたコナミビルに乗り込むというエピソードで、ゴエモンたちの前に立ち塞がり翻弄する。

開発責任者キノシタの手下で、ちょんまげ頭に上下ジャージの上に羽織と袴という姿。

独自開発したワイヤレス式のスーパーファミコンのコントローラーの形をした「ハイパービーム」を使って、ヤエを裸にしようとするが、同行していたボンボンの撮影担当者にコントローラーを奪われ、激怒したヤエに倒される。