バンパイアキラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バンパイアキラー
ジャンル アクション
対応機種 メガドライブ
開発元 コナミ
発売元 コナミ
プロデューサー 桐田富和
音楽 山根ミチル
シリーズ 悪魔城ドラキュラシリーズ
人数 1人
メディア 8メガビットROMカセット
発売日 アメリカ合衆国の旗1994年3月17日
日本の旗1994年3月18日
欧州連合の旗1994年3月20日
テンプレートを表示

バンパイアキラー』(VAMPIRE KILLER、北米: Castlevania: Bloodlines、欧州: Castlevania: The New Generation)は、コナミから1994年3月17日(日本では3月18日)に発売されたメガドライブ用ソフトのアクションゲーム。

概要[編集]

ゴシックホラーアクションゲーム・悪魔城ドラキュラシリーズの1作で、メガドライブでの作品。1917年の第一次世界大戦中のヨーロッパを舞台とした、シリーズでも異色作であった。悪魔城ドラキュラのタイトルは冠していないが、シリーズ定番の鞭を武器とする主人公に、槍を武器とする主人公も加えたダブル主人公選択制を採用している、ステージクリア型の横視点スクロールのアクション。開発スタッフは本作のコンセプトとして「派手な演出」を企画当初から考えていたという。多関節で動くボス敵が多いのも特徴的。キャッチコピーは、「汝に<バンパイアキラー>の称号を授く」[1]

なお、後述の雑誌企画の募集時など本作発表当時には、本作は吸血鬼ドラキュラを題材にした世界のイメージと基本的なシステムは悪魔城ドラキュラシリーズを踏襲しているがその続編ではなく、まったく新しい「コナミのホラーアクション新シリーズ」とされていた。また、発売当時には「ドラキュラ外伝」と紹介され、外伝として位置付けられていた[2]。本作は当初予定より延期されて発売され、製品版には存在しない発表されていたゲーム画面もあるなど、ゲーム内容の変更もあった。本作のゲーム中の文は、メガドライブが日本よりも北米でより広く普及していたこともあり、日本版でもオープニング・エンディングデモやキャラクター紹介など全て英語表示である。

本作はメガドライブ後期の発売で生産数も少なかったためか、同じような境遇の他のメガドライブゲーム同様、中古市場では1万円以上のプレミアム価格で取引されている。そのため、公式サイトでも「現在では入手困難なプレミア品」と紹介されている。

システム[編集]

基本的に従来同様、横視点スクロールのステージクリア型2Dアクションである。全6ステージで、ステージによってはちょっとした分岐ルートも存在する。使用するメイン武器が異なる2人の主人公がおり、ゲーム開始時にどちらか1人を選択してスタートする(プレイ中のキャラクター変更は不可)。パスワード・コンティニュー制。オプション画面で難易度などを変更できる。従来のシリーズ作品と比較しての本作の特徴は以下の通り。

  • これまでのシリーズ作品では悪魔城内部及びその周辺を各ステージとして区切っていたのに対し、本作はヨーロッパ全土を舞台としており、ステージごとに舞台となる国を移動していく。
  • サブウェポンの使用に必要なアイテムの名称及び形状は伝統的に「ハート」だったが、本作では「ジュエル」という宝石型のアイテムとなっている。
  • 従来はメイン武器のパワーアップは3段階(革の鞭 → 鎖の鞭 → 長い鎖の鞭)というのが伝統だったが、本作では更にその上の4段階までパワーアップする。ただし、4段階目の状態でダメージを受けると3段階目に戻ってしまう。また、4段階目でジュエル数が8以上ある状態では、サブウェポンがジョニーは敵を追尾、エリックは画面全体を拡散して攻撃する究極のサブウェポンに変化する。
  • サブウェポンの種類が従来と異なる。悪魔城ドラキュラシリーズのサブウェポンと言えば、ナイフ・斧・聖水・クロス・懐中時計の5つが伝統的に使われてきたが、本作ではブーメラン・斧・聖水の3種類である。ただし、各サブウェポンごとに通常使用と、ジュエルを多く消費し強力な攻撃を繰り出す強化使用の2種類があり、主人公ごとの究極のサブウェポン2種も加えると、種類としては全8種存在する事になる。

ステージ[編集]

ステージ ステージ名 BGM 中ボス ボス
1 ドラキュラ城
(Ruins of the Castle Dracula)
ルーマニア
Reincarnated Soul
Nothing to Lose
ヘルハウンド アーマーバトラー
2 アトランティス神殿
(Atlantis Shrine)
ギリシャ
The Sinking Old Sanctuary ウォーターメイジ
アーマーロード(鉄球)
アーマーロード(斧)
ゴーレム
3 ピサの斜塔
(The Leaning Tower of Pisa)
イタリア
The Discolored Wall ドラゴンスケルトン ガーゴイル
4 兵器工場
(The Munitions Factory)
ドイツ
Iron-Blue Intention フランケン ギアスチーマー
5 ベルサイユ宮殿
(Versailles Palace)
フランス
The Prayer of a Tragic Queen アーマーロード(青)
シルエット・デーモン
プリンセス・オブ・モス
6 プロセルピナ城
(The Castle Proserpina)
イギリス
Calling from Heaven
Theme of Simon
死神
エリザベート・バートリーとメデューサ
ドラキュラ伯爵とドロテア・ツェンテス

キャラクター[編集]

ジョニー・モリス(Johnny Morris[3]
本作の主人公の1人。1895年12月12日生まれ、アメリカテキサス州出身のアメリカ人。22歳。吸血鬼ハンターの名門・ベルモンド一族の血を引くバンパイアハンター。モリス家に伝わる妖鞭バンパイアキラーを武器とする。通常時、鞭は正面に向かってしか振る事ができないが、滞空時のみ斜め上と真下にも振る事ができ、その際に鞭を天井に引っ掛けて無敵状態になる「ロープフック」をする事が可能。これを利用して通常のジャンプでは届かない遠くの足場まで移動できる。武器は革の鞭 → 鎖の鞭 → 長い鎖の鞭 → 波動鞭の4段階にパワーアップする。究極のサブウェポンは、渦巻が画面中を暴れて敵を追尾する「水龍」。日本版と米国版ではパッケージイラストのルックス、ファッションともに異なり、日本版ではゲーム内グラフィックに忠実なレザーのベストにサスペンダーを着用しているが、米国版ではフリルシャツにジャケットを着用している。
エリック・リカード(Eric Lecarde)
本作の主人公の1人。1892年5月3日生まれ、スペインセゴビア出身のスペイン人。25歳。元は芸術を愛する青年だったが、恋人を吸血鬼に変えてしまったエリザベートに復讐するためバンパイアハンターとなった。妖槍アルカードスピアを武器とする。武器を振る速度がジョニーより遅く(しゃがみ状態の攻撃のみジョニーより速く振る)、3段階目以上になると射程はジョニーより長くなる。槍は刃先にしか攻撃判定がないので、3段階目以上にパワーアップして槍が伸びると手元の攻撃が疎かになる。立ち状態で方向キーを入れながら攻撃ボタンを押すと、左右、斜め上、真上の5方向に槍を突ける(滞空時は横と真下のみ)。横に槍を突いた場合のみ、槍が伸び切った後に反対側の方向キーを押せば、槍を振り回しつつ反転しての全方位への攻撃が可能で、更にその後にまた反対側にキーを入れれば何度でも連続して回転攻撃を続けられる。一定時間しゃがみ続けてジャンプボタンを押すと、槍を利用して真上方向へ無敵状態になる「スピア・ハイジャンプ」ができる。これを利用して通常のジャンプでは届かない高い足場まで移動できる。武器は槍 → 三又の槍 → 長い三又の槍 → 火炎残像槍の4段階にパワーアップする。究極のサブウェポンは、電撃が画面全体に拡散する「雷電槍」。開発当初のキャラクターイラストでは緑髪だったが、途中で金髪に変更された。しかし、ゲーム中ではデモシーンは金髪になっているが、プレイキャラクターグラフィックは緑髪のままである。
キンシー・モリス(Quincy Morris)
ジョニーの父親で、ベルモンド家の血を引いている。1897年にドラキュラとの戦いに終止符を打ち、永遠の眠りにつかせた。説明書にキャラクター紹介とイラストがあるのはジョニー、エリック、ドロテア、エリザベート、ドラキュラのみであり、キンシーはストーリー紹介に名前が出てくるだけで、ゲーム中にも登場しない。
ドラキュラ伯爵(Dracula)
吸血鬼。エリザベートの叔父にあたる。人間と幾度となく長い抗争を繰り広げ、キンシーとの戦いに敗れて灰と化したが、怨念だけは残っている。
ドロテア・ツェンテス(Drolta Tzuentes)
魔女。エリザベートの下僕である謎の老婆で、魔物達を操る。ドラキュラ第一形態が倒されると自ら戦いを挑んでくる。
エリザベート・バートリー(Elizabeth Bartley)
ドラキュラ伯爵の姪にあたる女吸血鬼。300年前に処刑されたが蘇った。サラエボでの皇太子暗殺事件に裏で関わり、戦争を引き起こし、ヨーロッパ中の人間の魂を生け贄に、邪悪な儀式によってドラキュラを復活させようとしている。戦闘途中でメデューサに変身(あるいは召喚?)する。
死神(Death)
シリーズ恒例のボスにして、本作ではステージ6の中ボス。最初は八枚のカードを出し、攻撃したカードに応じた攻撃もしくは回復アイテムを出したり、倒したボスを召喚してくる。カードが尽きると空中を飛び鎌攻撃を繰り出して自ら戦いを挑んでくる。
プリンセス・オブ・モス(Princess of Moss)
ステージ5のボス。登場時は貴族風の女性姿だが(説明書のステージ紹介にはマリー・アントワネットの亡霊とある)、一定のダメージを受けると巨大な蛾の正体を現す。なお、エンディングでは上記のような英語表記になっているのだが、「蛾」は英語で「moth」であり、「moss」だと「苔」の意味になってしまうため、誤植の可能性がある。
ギアスチーマー(Gear Steamer)
ステージ4のボス。歯車の集合体。
ガーゴイル(Gargoyle)
ステージ3のボス。コウモリのような翼と長い尻尾を持つ怪物。空中を飛び回る。
ゴーレム(Golem)
ステージ2のボス。岩石で構成されたボディを持つ胴長短足のゴーレム。
アーマーバトラー(Armor Battler)
ステージ1のボス。全身鎧姿の巨大な動く甲冑。両手に槍と斧を携えている。

ユーザー参加企画[編集]

開発中にメガドライブ専門ゲーム雑誌「メガドライブFAN」誌上にて、ゲームに登場する敵キャラクタとステージトラップのアイデアを読者から募集する「コナミ & メガドライブFAN特別共同企画」というアイデアコンテストが行われ、最優秀賞には金、優秀賞には銀、入賞(3枠)には銅色のオリジナルロムカセットの本作バンパイアキラーが賞品として受賞者に送られた。ゲーム中には下記の最優秀作品が登場している。

  • 敵キャラクタ部門最優秀賞: 金賞「フライング・ビートル・ローラー」(ステージ4に登場する甲虫のような敵。)銀賞「首狩りコウモリ」(ステージ5に登場する鎌のような腕を持つ吊り下がった敵。)
  • ステージトラップ部門最優秀賞: 「シルエット・デーモン」(ステージ5に登場。トロンプ・ルイユの『ルビンの壷』を思わせる柱の中ボス。)

スタッフ[編集]

  • プロデューサー: 桐田富和
  • スーパーバイザー: 春木豊
  • プログラマー MK1: Hanaten(山村としき)
  • エネミープログラム: 武田長
  • トラップ & エネミープログラム: 堀尾健一郎
  • ワンダリングプログラマー: 古俣浩二
  • プログラム: 稲邑秀也
  • メインデザイナー: Bunmin(関貞策)
  • デザイン: Mamuun(島村信一郎)
  • スペシャルデザイン: TAT(高野泰)、Norio Takemoto
  • サウンドプログラム: 藤尾敦、笠井治
  • サウンドデザイン: 山根ミチル
  • パッケージデザイン: M.Yoshihashi(吉橋真弘)、Kaori Sasaki

レビュー[編集]

評価
集計結果
媒体 結果
GameRankings 83.50%[6]
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 28/40点[4]
メガドライブFAN 21.7/30点[5]

ゲーム誌「ファミコン通信」のクロスレビューでは、合計で28点(満40点)[4]。「メガドライブFAN」の読者投稿によるゲーム通信簿での平均点は、以下の通りで21.7点(満30点)であった[5]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.8 3.7 3.3 3.7 3.9 3.3 21.7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 雑誌広告などで使われた。
  2. ^ 「ドラキュラ外伝、メガドライブで登場!」[1]
  3. ^ 欧米版では「John Morris」
  4. ^ a b バンパイアキラー [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年7月5日閲覧。
  5. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店 / インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 873頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  6. ^ Castlevania: Bloodlines for Genesis - GameRankings”. GameRankings. 2013年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]