小松美羽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小松 美羽(こまつ みわ、1984年昭和59年)11月29日 - )は、長野県坂城町出身の版画家、現代アーティスト狛犬モチーフにした作品で知られる。彼女をプロデュースするプロジェクトチーム「風土[1]」に所属している。坂城町特命大使。女子美術大学特別招聘教授。東京藝術大学非常勤講師。

来歴[編集]

学生時代[編集]

  • 2004年(平成16年)に女子美術大学短期大学部卒業する[2]。再度、同大学の版画研究室の研究生として専攻し、計4年間(2003年~2007年)在籍する。学位学士。教員免許取得。
  • 銅版画作品「ちょんこづいてた頃」で、2004年度女子美術大学優秀作品賞受賞、2006年度日本版画協会 版画展 入賞する。
  • 銅版画作品「生死」で、2005年度女子美術大学優秀作品賞受賞する。
  • 2005年度 町田市立国際版画美術館 大学版画展 に出展。
  • 2006年度 すどう美術館 銅夢展 に出展。


2007年(平成19年)[編集]


2008年(平成20年)[編集]

  • 雑誌「B.L.T.」にて「小松美羽のオーラのヒミツ」の連載が開始。ゲストを招いたカウンセリング形式で、南まりか華彩なな秦みずほ滝沢乃南渡辺万美らなどを招いた。
  • 1月6日、文化放送「中西哲生のなでしこ応援団!」に出演する。
  • 9月、au ezチャンネル「グラビアセクシーチャンネル」に出演する。
  • 10月、雑誌「ヤングジャンプ 21世紀美少女~newsなアイドル2008~」にて掲載。
  • チャリティアートRoses展(青山スパイラルホール)に出展。
  • 雑誌「特冊新鮮組DX」にて掲載。
  • 雑誌「EX大衆」にて掲載。


2009年(平成21年)[編集]

  • 1月、雑誌「恋運暦」にて「2009年前半運勢を占う」のスピリチュアル&オーラ運を担当する。
  • 1月、雑誌「TOKYO☆一週間」にて、「予約殺到の人気占い師がズバリ予想 2009年日本はどーなる!?」を担当する。
  • 3月14日、インターネット放送局 「あっ!とおどろく放送局〜タケミネット 5時間生放送!!」に出演する[6]
  • 4月、チェアウォーカ専門誌『Wa Wa Wa』の阿部編集長との対談が掲載。
  • 4月、占い師として株式会社ブルームより、小松美羽プロデュース『でるぞ!オーラ真珠貝ストラップ(全24種)』が全国のロフト・トイザらス等で店頭販売される。
  • 11月、ビジネス雑誌『2020Value Creator』表紙絵を294号〜321号までを担当する[7]
  • 12月、ポニーキャニオン発売の阿久悠トリビュートアルバムBad Friends』のジャケットにアクリル画作品が使用される。
  • 12月、スカパー!275チャンネル「池袋ウエストフードパーク」に出演する。
  • TSUTAYAのオリジナル絵本も手がける。
  • チャリティアートRoses展(青山スパイラルホール)に出展。
  • 展覧会「1枚のキャンパス~絵☆花 collaboration live~」に出展。
  • 雑誌「週刊プレイボーイ」にて掲載。
  • プロデューサー高橋紀成に見出され[8]、株式会社風土の支援を受ける。(→詳細は#小松美羽のプロデュース


2010年(平成22年)[編集]


2011年(平成23年)[編集]


2012年(平成24年)[編集]

  • 地元である坂城町の鉄の展示館(人間国宝宮入行平の博物館)で「画家・小松美羽 ふるさと坂城を描く~神ねずみと唐ねこさま~」を開催、歴代動員数4位となる。
  • 4月、オリンパスプラザ東京、大阪にて写真・銅版画30点を出展した個展『画家の原点回帰〜ウガンダ〜』を開催する。
  • トヨタのキャンペーンで地方から日本を元気にするプロジェクト「ニッポンコレカラプロジェクト」長野県代表に選出され、アクセス数は29県中全国1位であった。
  • 11月、北野美術館別館(北野カルチュラルセンター)にて「小松美羽展 信州からの覚醒と神秘~原点~」を開催。
  • 12月にはフランスの文化通信省主催のチャリティーイベント日仏合同展「レ・サパン・ドゥ・ノエル・デ・クレアトゥール(Le sapins de Noël des. Créateurs)」(訳:クリエーターたちのクリスマスツリー)にてフランスのロスチャイルドホテルと阪急百貨店うめだ本店で日本代表アーティストの一人として染色作家・奥田祐斎とコラボでクリスマスツリーを制作する。
  • 坂城町特命大使にも任命され、地元中学の美術の指導やバラ祭りの開会式、びんぐし湯さん館のテープカットなど地元のイベントに参加する。


2013年(平成25年)[編集]

  • 日本の伝統工芸を大切にし、MADE IN JAPANを世界ブランドにするプロジェクトチーム「株式会社 風土」に所属。
  • 2月に第十回長野灯明まつりにおいて長野県を代表するアーティストとして中島千波と共に巨大灯籠を制作、善光寺仲見世通りに展示する。
  • 6月にはフランスの老舗製紙メーカーのCANSON財団英語版が毎年開催するPRIX CANSON2013にて日本代表として選出され、60数カ国からのエントリーの中から世界ファイナル39人にノミネートされ、パリ市立プティ・パレ美術館にて特別企画展示された。
  • 京都の老舗着物メーカーとオリジナルの浴衣、振り袖を制作、博多織とのコラボ作品も発表。空海劇場2013にも招待されライブペイントを行う。また有田焼とのコラボで来春には中東に進出。


2014年(平成26年)[編集]

  • 遷座祭より1年の5月11日に出雲大社に絵画「新・風土記」を奉納し、神祜殿にて展示されている[10]
  • 5月、東京彩鳳堂画廊にて、個展『えほん 誰も教えてくれなかった!小松美羽展』を開催する。
  • 12月21日、求龍堂より初画集『小松美羽ー20代の軌跡ー2004・2014』を出版する。


2015年(平成27年)[編集]

  • 電子写真集『MIWA KOMATSU WORKS』がクリーク・アンド・リバー社より刊行され、世界配信となる[11]
  • 庭園デザイナー・石原和幸の作品「EDO NO NIWA」とコラボした有田焼の「狛犬」が高い評価を受け、大英博物館に所蔵された[12][13]
  • 11月29日放送、TBS系列・情熱大陸にて『決戦は31歳の誕生日!「美しすぎる画家」と注目を集める小松美羽に密着』として出演する[14]


2016年(平成28年)[編集]


2017年(平成29年)[編集]


2018年(平成30年)[編集]

  • 3月7日、ダイヤモンド社より自己啓発書『世界のなかで自分の役割を見つけることー最高のアートを描くための仕事の流儀ー』を出版する。
  • 12月21日、求龍堂より画集『小松美羽ー大和力を、世界へー』を出版する。
  • 12月、東京日本橋三越にて個展『大和力を、世界へ』を開催。


2019年(令和元年)[編集]


2020年(令和2年)[編集]

  • 7月6日放送、日本テレビ系列・「しゃべくり007 ~▽千鳥初登場&後藤SHELLY指原と今夜くらべられちゃうSP~」に出演する。
  • 7月13日放送、日本テレビ系列・「人生が変わる1分間の深イイ話〜小松美羽に密着!」[17]に出演する。
  • 8月19日放送、日本テレビ系列・「今夜くらべてみました ~浜辺美波(秘)サイコ好き&啓発本だらけ美女芸人…本棚独特女~」に出演する[18]
  • 8月22日、日本テレビ系列24時間テレビ43「愛は地球を救う」のチャリTシャツのデザインに起用される。また、放送内でライブペイントを行い、チャリティーオークションを実施。 完成させた幅4m超のライブペイント作品が、2054万円で落札された[19]
  • 10月、雑誌「Discover Japan10月号」にて『祈りをテーマに神獣を描く、注目のアーティスト〜小松美羽〜大和力が世界を救う[20]』で特集される。


2021年(令和3年)[編集]

  • 5月27日・6月3日放送、日本テレビ系列・「アナザースカイ」にて2話特集され出演する[21][22]
  • 6月26日放送、広島テレビ開局60周年記念特別番組「神獣アーティスト 小松美羽と地球の涙」に出演する[23]
  • 7月25日、長野市の長野県立美術館の開館を記念してライブペインティングが行われた。7月29日から8月24日まで同美術館にて展覧会も行われる。
  • 8月21、22日放送、日本テレビ系列・「24時間テレビ44」のテレビ信州にて24時間でライブペイントをする[24]
  • 8月、デジタルガレージ主催の「Earthshot 〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜」にて高野山で制作した作品「NEXT MANDALA-魂の故郷」がメインビジュアルに採用される[25]
  • 8月、展覧会「渋谷Bunkamura Gallery 交差点-いま、ここからの」に出展する。

小松美羽のプロデュース[編集]

小松美羽は自身のプロデュースの価値観についてインタビューでは次のように語った[26]

「Who is your behind ?」


以前、展覧会に参加させていただいた「WATERFALL GALLERY」のオーナーにこう聞かれた。

ニューヨークはうまい人も、きらめく人も、才能がある人もいっぱいいる。そこで何を見ているかといえば、behind(後ろ盾)だという。
 「誰が協力してくれて、どんな人があなたのまわりで応援していますか?」という意味なのだ。

アーティストであっても一人でやっているわけではない。協力してくれる人たちでチームをつくって、目標をなしとげる。まして、海外でやっていくのなら、ギャラリーの力が不可欠だ。

だからといって、力があるギャラリーにお世話になればそれで良い、というわけではない。」

(中略)…

私に協力してくれるのは、ギャラリーばかりではない。ギャラリーと二人三脚のアーティストが多い中、私はちょっと変わったケースだ。

アーティストが私、プロデューサーが高橋紀成さん、そして小山政彦会長や岡野博一社長や「風土」の仲間とチームをつくっているという体制。ざっくり言うと「生産部門一人、営業部門が社内外にたくさん」という感じだ。

— 週刊ダイヤモンドonlineインタビューより


また、小松のプロデュースを担当する1人である高橋紀成氏が、雑誌『Art Collectors 2019年3月号』の特集「Who is your behind?小松美羽を世界へと押し上げるプロデューサーとは?」[27]にて語っている。


  • 1:形容詞「美しすぎる」を付けて売り出す

小松のプロデュースを決めた高橋がまず行ったのは、「形容詞」をつけることであった。「小松がメディアに大々的に報じられたのは、『美しすぎる銅板作家』としてでした。これは週刊プレイボーイに特集されました。何者でもない人間を有名にしていくにあたり、形容詞は必要です。(中略)…やがて有名になるにつれ、形容詞が取れ、小松美羽として独り立ちするわけです」 このプロモーションで知名度が一気に上がった結果、(中略)…メディアへの露出が増えてくる。(中略)…高橋の、テレビや広告業界でのキャリアとそこで培った人脈が、メディア戦略に優位に働くことは容易に想像できる。メディアにのせるコンテンツは、「小松美羽=現代の巫女」としての物語だ。 次に興味を持つのは、マスへのプロモーションがいかに販売に結びつくのか(中略)…


  • 2:富裕層へのアプローチ&開成高校人脈をフル活用

「現在、コレクターの割合は、日本40%、中華圏(台湾、香港、北京、上海、シンガポール、マレーシア)50%、ヨーロッパ3%、アメリカ5%です。 アートを買える人を考えた時に、アピールすべきは美術界ではなく経済界。マスメディアを使って広く一般に情報を伝える一方で、興味を持ってくれた企業の経営層や銀行の頭取、政治家、役人といった人に個別にアプローチをしていきました。 加えて開成高校の卒業生が、各界の重要なポストについていることもあり、開成人脈のサポートも強力です。(中略)…総じて言えるのは、彼らは既存のアートコレクターではない、ということです」


  • 3:小松美羽をアピールするための情報を100人〜500人、毎日、10年間送り続ける

高橋は、小松の作品の成約情報や著名人からの高評価、今後の展示会へのプロセス、美術館の収蔵への動きなど、小松をアピールするための情報を毎日、100人から500人に対して10年間送り続けているという。マスメディア戦略と、インフルエンサーや顧客になりうる人々への一対一の地道なプロモーションが、現在の小松美羽を巡る状況を生み出していることは間違いない。


  • 4:作品の価格のコントロール

「ギャラリーからは値段を上げたいと言われていますが、プライマリー価格は上げず、キープしている状態です。今は値段を上げるよりも、アジア各国にそれぞれ30名以上のコレクターを作り、一国の経済に左右されず、アジアでの地盤を確立させることが先決です。というのも今後、作品がセカンダリーマーケットに出てきた時に(もちろん自分たちでも買い支えますが)作品を買い続けてくれるコレクターが必要であるからです。アジアでインターネット広告を数十万円規模で投じて、一定以上の露出をしているのも、アジア戦略の一つとして既に2年前から行っています」


  • 5:欧米での実績づくり

高橋はこの雑誌のインタビューで、小松について好意的に書かれている論考を英語に翻訳して海外に発信することも積極的に行っている、と明かしている。日本美術に力を入れている欧米の美術館にアプローチを続けているそうだ。 そしてその結果、クリーブランド美術館のキュレーターSinead Vilbarさんは(小松の)動画、英文記事、作品画像を見て、神道をテーマにした「Shinto: Discovery of the Divine in Japanese Art」に小松を選出してくれることに結果が結びついた。


(P58~P59より抜粋)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 株式会社風土HP
  2. ^ プロフィール 小松美羽 Official Site
  3. ^ 株式会社マーリン 小松美羽 Official Site
  4. ^ 小松美羽の恋愛鑑定
  5. ^ お宝鑑定大会 in 六本木ヒルズ
  6. ^ 小松美羽 タケミネット出演
  7. ^ 2020Value Creatorバックナンバー
  8. ^ 超越し繋ぐ力―キメラ化され、爆ぜる「生と死」の画
  9. ^ 小松美羽 2011旅行記
  10. ^ “東京ウォーカーでも連載中の“美しすぎる銅版画家”小松美羽が出雲大社に作品を奉納”. 東京ウォーカー. (2014年5月16日). https://www.walkerplus.com/article/46715/ 2015年11月29日閲覧。 
  11. ^ “美しすぎる銅版画家”とも評される小松美羽氏の電子写真集「MIWA KOMATSU WORKS」
  12. ^ 坂城町公式サイト - 平成27年10月のできごと > 快挙!小松美羽さんの作品が大英博物館に展示・所蔵されました
  13. ^ “コラム:情熱大陸:決戦は31歳の誕生日! 「美しすぎる画家」と注目を集める小松美羽に密着”. 毎日新聞. (2015年11月27日). http://mainichi.jp/feature/news/20151127org00m200019000c.html 2015年11月29日閲覧。 
  14. ^ 小松美羽 情熱大陸
  15. ^ TED信州大学
  16. ^ 小松美羽 徹子の部屋
  17. ^ 小松美羽 深イイ話 出演
  18. ^ 今夜くらべてみました 小松美羽 本棚独特女
  19. ^ “日本テレビ『24時間テレビ43』チャリTシャツのデザインに、現代アーティスト・小松美羽を起用” (プレスリリース), 株式会社 風土, (2020年7月6日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000045680.html 2020年7月6日閲覧。 
  20. ^ 小松美羽特集Discover Japan10月号web版特集記事
  21. ^ 小松美羽 アナザースカイ 伊勢編
  22. ^ 小松美羽 アナザースカイ 出雲編
  23. ^ 小松美羽 テレビ派
  24. ^ 小松美羽 24時間テレビ44信州放送
  25. ^ Earthshot 2021
  26. ^ ダイヤモンド者 (2018年4月6日). “現代アートの本場・ニューヨークで聞かれた「Who is your behind ?」”. diamond. 週刊ダイヤモンドonline. 2018年4月6日閲覧。
  27. ^ Who is your behind ? 小松美羽を世界へと押し上げるプロデューサーとは?」 文/アートダイバー細川英一

外部リンク[編集]