小倉黒人米兵集団脱走事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小倉黒人米兵集団脱走事件1950年7月11日小倉市(現北九州市)で、基地から多数の在日米軍黒人兵が集団脱走し、周辺地区の住民に暴行を行なった騒擾事件。

概要[編集]

1950年7月11日、在日米軍の駐屯する小倉市・城野補給基地から武装した黒人兵士約75~250名が脱走、数名ずつに分かれて繁華街や周辺民家に侵入し、破壊、略奪、傷害、強姦など暴行狼藉を繰り返した。脱走兵らはカービン銃ライフル銃を手にし、手榴弾をぶら下げている者もおり、少人数の米軍憲兵と小倉警察では対応できず、アメリカ陸軍二個中隊が鎮圧のために出動する。翌日12日には収束に向かうが、市街戦の末15日に鎮圧したともいう。

彼らは前日10日に岐阜から城野補給基地第24連隊に移送され、近いうちに朝鮮戦争の前線に送られる予定であった。事件当時は国連軍が連戦連敗の劣勢の時期で、危険な戦場に送られる恐怖と自暴自棄が脱走につながったともいう。生き残った逮捕者は朝鮮半島の激戦地に送られ、ほとんどが戦死したともいう。

大事件ではあったが、当時の日本がGHQの占領下であったことから、情報規制のためほとんど報道されず、被害の詳細もわかっていない。警察に届けられた被害は70数件に過ぎないが、被害者や周囲がひた隠しにして表ざたにならない性暴行事件も多数あったと伝えられる。当時の日本人の多くはこの事件を知らなかった。

参考文献[編集]