古賀颯人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
東アジア選手権団体戦
2015 名古屋 73kg級

古賀 颯人(こが はやと、1997年9月13日 - )は、日本柔道家である。神奈川県出身。階級は73kg級。身長174cm。血液型はA型。段位は初段。組み手は右組み。得意技は内股。 父親はバルセロナオリンピック71kg級金メダリストの古賀稔彦。弟は世界カデ60kg級で優勝した古賀玄暉。妹は全国中学校柔道大会52kg級で2位の古賀ひより。 現在は日体大に在学[1][2]

経歴[編集]

柔道は3歳の時に始めると、その後父親が開設した古賀塾の所属となった[1]。小学校6年生の時には全国小学生学年別柔道大会50kg級の決勝で愛媛県代表の立川新を判定で破って優勝を飾った[1]

愛知県にある大成中学に進むと、3年の時には全国中学校柔道大会で優勝を果たした[1]。なおこの時は、同じ中学に通う1歳年下の弟である玄暉も55kg級で2位となっている。団体戦では3位だった。

大成高校に進むと、1年の時には全国高校選手権で決勝まで進んで神港学園高校1年の阿部一二三と対戦すると、有効を先取しながら1分過ぎに小外刈で敗れて2位に終わった。なお、試合を観戦していた父の稔彦は、「ぼくのときは、もっとけんか腰だった。“ウリャー”とか声を出して、何が何でも勝つとね」と感想を述べた[2]。2年になると、全日本カデで優勝した。金鷲旗では3位だった。インターハイ団体戦で3位になると、個人戦では決勝まで進んで松本第一高校3年の鳥羽潤と対戦するが、先に指導2を取りながら合技で逆転負けを喫して2位に終わった[3]

国体少年男子の部では、愛知県の56年ぶりの優勝に貢献した。全国高校選手権では決勝で小学生時代からのライバルである新田高校2年の立川新と対戦すると、GSを含めて約13分の戦いの末に反則負けを喫して2年連続2位に終わった。一方、弟の玄暉は60kg級で優勝した。なお、団体戦でも2位にとどまった[4][5]。3年の時には名古屋で開催された東アジア選手権に出場するも、決勝でダイコロの土井健史に敗れて2位にとどまった。団体戦ではチームの優勝に貢献した[6][7]金鷲旗ではチームを決勝へ導く活躍をするものの、国士舘高校戦ではポイントを取れず2位にとどまった[8]。8月のインターハイでは個人戦の準決勝で立川に敗れて3位に終わった。団体戦では準決勝で日体荏原高校と対戦して勝利するものの、チームは敗れて3位にとどまった[9]

2016年に日体大へ進学すると[1]、1年の時には学生体重別の2回戦で敗れた[10]。2年の時には全日本ジュニアで3位となった[11]。3年の時には学生体重別で今大会を2度制した父親に続いて優勝を飾った。この際に、「何としても優勝したかったので、うれしい」とコメントした[12][13]体重別団体では同級生である66㎏級世界チャンピオンの阿部一二三などとともに活躍して、チームの初優勝に貢献した[14][15]。2019年のヨーロッパオープン・オディヴェーラスでは3位だった[16]。4年の時には優勝大会の準決勝で東海大学の立川と引き分けるも、チームは敗れて3位だった[17]

IJF世界ランキングは50ポイント獲得で261位(19/2/18現在)[18]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「柔道全日本強化選手名鑑 2016」近代柔道 ベースボールマガジン社、2016年4月号
  2. ^ a b 古賀Jr颯人は銀 金の父「けんか腰に」 日刊スポーツ 2014年3月21日
  3. ^ 五輪メダリスト、2世が活躍…柔道の古賀・小川 読売新聞 2014年8月4日
  4. ^ 古賀最強兄弟 弟玄暉初V 兄颯人準V 日刊スポーツ 2015年3月21日
  5. ^ 「平成の三四郎」2世、偉大な父の背追い頂点へ 柔道・古賀颯人 日本経済新聞 2015年4月3日
  6. ^ 日本勢が全階級制す=古賀兄弟は2位-東アジア柔道個人戦 時事通信 2015年6月21日
  7. ^ 古賀颯人が2戦2勝「すごくいい経験」 日刊スポーツ 2015年6月22日
  8. ^ 準Vの大成 古賀 初の決勝に導く 体格上回る相手 次々撃破 父・稔彦氏ねぎらう 日刊スポーツ 2015年7月24日
  9. ^ 古賀ジュニアは決勝に届かず=高校総体・柔道 時事通信 2015年8月9日
  10. ^ 平成28年度全日本学生柔道体重別選手権大会
  11. ^ 平成29年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
  12. ^ 古賀、親子で制覇=全日本学生体重別柔道 時事通信 2018年9月29日
  13. ^ 泉V2、古賀氏長男が初優勝 全日本学生体重別選手権/柔道 サンケイスポーツ 2018年9月29日
  14. ^ 男子は日体大、女子は龍谷大が初V 全日本学生団体柔道 日本経済新聞 2018年10月21日
  15. ^ 平成30年度全日本学生柔道体重別団体優勝大会
  16. ^ 男子60キロ級の米村が優勝 欧州オープン/柔道
  17. ^ 全日本学生柔道優勝大会
  18. ^ World ranking list
  19. ^ ミライ☆モンスター

外部リンク[編集]