古瀬駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:雪のない時期の駅の画像提供をお願いします。2017年10月
古瀬駅
1番線ホーム出入口(2018年9月)
1番線ホーム出入口(2018年9月)
ふるせ
Furuse
K45 音別 (9.7km)
(6.3km) 白糠 K47
所在地 北海道白糠郡白糠町和天別
駅番号 K46
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線
キロ程 274.8km(滝川起点)
電報略号 フセ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1954年昭和29年)7月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

古瀬駅(ふるせえき)は、北海道白糠郡白糠町和天別(わてんべつ)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線駅番号K46

歴史[編集]

駅全景(2004年2月)
1977年の古瀬信号場(当時)と周囲約500 m範囲。上が根室方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

信号場時代から仮乗降場を兼ねており客扱いをしていたが、信号場に併設された官舎に住んでいる職員の家族が主な利用客であった。現在は一部の普通列車のみが停車する。

年表[編集]

駅名の由来[編集]

アイヌ語の「フㇽセンピㇼ(fur-senpir)」(丘の・陰)からとされる[2]

なお、所在地の字は現在「和天別」となっているが、これはアイヌ語の「ウワッテペッ(uwatte-pet)」(〔支流が〕多い・川)からとされている[3]

駅構造[編集]

音別駅管理の無人駅。2面2線の相対式ホームを持つ地上駅で、2番線ホームが釧路(下り)方にずれた千鳥配置となっており、構内踏切で結ばれている。 上下列車ともに1線スルーの1番線を使用し、当駅で交換する場合のみ2番線を使用する。

のりば
番線 路線 方向 行先
1・2 根室本線 下り 釧路方面
上り 帯広芽室方面

利用状況[編集]

2011 - 2015年(平成23 - 27年)の乗降人員調査(11月の調査日)平均は「10名以下」[4]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
根室本線(一部普通列車は当駅通過)
音別駅 (K45) - *波若信号場 - 古瀬駅 (K46) - 白糠駅 (K47)
*打消線は廃駅(廃止時点では当駅が未開業)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『北海道 駅名の起源』日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、128頁。
  2. ^ 本多 貢 (1995-01-25). 児玉 芳明. ed (日本語). 北海道地名漢字解. 札幌市: 北海道新聞社. p. 81. ISBN 4893637606. OCLC 40491505. https://www.worldcat.org/oclc/40491505 2018年10月16日閲覧。. 
  3. ^ 本多 貢 (1995-01-25). 児玉 芳明. ed (日本語). 北海道地名漢字解. 札幌市: 北海道新聞社. p. 98. ISBN 4893637606. OCLC 40491505. https://www.worldcat.org/oclc/40491505 2018年10月16日閲覧。. 
  4. ^ 極端にご利用の少ない駅(3月26日現在) (PDF)”. 平成28年度事業運営の最重点事項. 北海道旅客鉄道. p. 6 (2016年3月28日). 2017年9月25日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]