原敬暗殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
原敬暗殺事件
当時の現場。柱の陰に中岡艮一がいた。
当時の現場。柱の陰に中岡艮一がいた。
場所 日本の旗 日本 東京府東京市麹町区東京駅
標的 原敬内閣総理大臣
日付 1921年大正10年)11月4日
概要 暗殺事件
武器 短刀
死亡者 原敬
犯人 中岡艮一
対処 逮捕
テンプレートを表示
原首相遭難現場のプレートと印(2010年前後の東京駅リニューアル以前)
原首相遭難現場のプレートと印(東京駅リニューアル後)

原敬暗殺事件(はらたかしあんさつじけん)は、1921年大正10年)11月4日、当時の首相原敬が、鉄道省山手線大塚駅職員の中岡艮一によって東京駅乗車口(現在の丸の内南口)で暗殺刺殺)された事件。

経緯[編集]

大塚駅の転轍手であった中岡艮一は、以前から原首相に対して批判的な意識を持っていた。中岡の供述によれば、原首相が政商財閥中心の政治を行ったと考えていたこと、野党の提出した普通選挙法に反対したこと、また尼港事件が起こったことなどによるとされている。その他一連の疑獄事件が起きたことや、反政府的な意見の持ち主であった上司・橋本栄五郎の影響を受けたことなどもあって、中岡は原首相暗殺を考えるようになった。

1921年11月4日、原首相は京都で開かれる立憲政友会京都支部大会へ向かうために東京駅乗車口の改札口へと向かっていたが、午後7時25分頃、突進してきた中岡に短刀を右胸に突き刺された。原首相はその場に倒れ、駅長室に運ばれ手当てを受けたが、すでに死亡していた。突き刺された傷は原首相の右肺から心臓に達しており、ほぼ即死状態であったという。

逮捕された中岡は、死刑求刑に対して、東京地裁無期懲役判決を受けた。その後の東京控訴院大審院でも判決は維持され確定した。なおこの裁判は異例の速さで進められ、また調書などもほとんど残されていないなど謎の多い裁判であり、その後の中岡の特別な処遇(3度もの大赦1934年には早くも釈放された、戦時中には比較的安全な軍司令部付の兵となっていたなど。中岡艮一の項参照)とあいまって、本事件に関する政治的背景の存在を推測する論者も多い[1]

暗殺の真相[編集]

中岡が原首相を暗殺するに至ったきっかけははっきりとは分かっていないが、前述した原首相の政治に対する不満のほかに、以下のような話もある。

  • 玄洋社などの当時の右翼勢力と関係があったという説。右翼テロリスト五百木良三が犯行を予言していたことや、右翼が好んでいたとされる短刀での犯行手口などが根拠となっている。
  • 犯行の1カ月前、中岡と上司・橋本栄五郎との政治談義の中で原政治の批判になり、橋本が「今の日本には武士道精神が失われた。腹を切る(政治家は悪いことをした時に、責任を取るという意味)と言うが、実際に腹を切った例はない」というような主旨のことを言ったのに対し、中岡が「腹」と「原」を誤解し、「私が原を斬ってみせます」と言明したという。このため、橋本のその言葉が事件の直接的なきっかけとなったとして、橋本も殺人教唆の疑いで逮捕されたが、判決は無罪であった(求刑は懲役12年)。

現場跡[編集]

東京駅の現場である現丸の内南口の北東面左端付近には、壁に事件の概要を記したプレートがあり、床面には円の内部に6角形という形をしたマークが埋め込まれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 猪瀬直樹『ペルソナ 三島由紀夫伝』文藝春秋,1995年

参考文献[編集]

  • 日本博学倶楽部 『図説 歴史の意外な結末』 PHP研究所、2003年、42-43頁。
  • 豊田穣『西園寺公望』新潮文庫,1985年
  • 長文連『原首相暗殺』図書出版社

関連項目[編集]

座標: 北緯35度40分50.2秒 東経139度45分57秒 / 北緯35.680611度 東経139.76583度 / 35.680611; 139.76583