八重洲乗客降り口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八重洲乗客降り口

八重洲乗客降り口(やえすじょうきゃくおりぐち)は、首都高速道路八重洲線東京都中央区にある八重洲駐車場出入口に隣接する設備である。

設備概要[編集]

ここで降車し、出口のドアを開けて隣接の階段を上がると八重洲地下街へ出る。近隣のJR東京駅等へ同乗者を送る場合、首都高速を流出することなく送り出すことが可能となっている。

この設備は上下線とも降車専用であり、ここより乗車することはできない。

  • 降車専用の為、上下線ともに八重洲地下街から八重洲乗客降り口へ向かうルートに案内はなく(ドアに乗客降り口である旨が書かれている程度)、その位置を知っている者以外は到達が非常に難しい。さらに、地下街側からドアを開けることが出来ない。
  • 降車用の車寄せは乗用車2台程度の規模しかないため、乗車の為の待機が困難である。
  • 2.1mの高さ制限がある。

24時間利用可能だが、乗客降り口の出口にあるドアは午前0時30分から午前4時00分まで閉鎖され、閉鎖中は八重洲駐車場に繋がる車路のドアを利用する形となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]