東京ラーメンストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Tokyo Ramen Street in First Avenue Tokyo Station 02.jpg

東京ラーメンストリート(とうきょうラーメンストリート)は、東京都千代田区東京駅八重洲口側に立地する商業施設東京駅一番街の地下エリアにあるラーメン専門の飲食店街。

概要[編集]

2009年6月17日、第1期としてラーメン店4店舗で開業した。2011年4月には第2期4店舗が加わり、計8店舗でグランドオープン[1]。各店舗では店内で各種メニューの提供を行う以外にも、土産用のラーメンも販売している。

2015年6月に第4期2店舗が加わり、計8店舗でリニューアルを実施[2]、16日にプレス向け内博覧会を開催。18日にリニューアルオープン。

店舗の賃貸・管理は、東海旅客鉄道(JR東海)の関連会社である東京ステーション開発が一括して行っている。

かつて、当施設のある八重洲口地下南側のエリアには2001年6月から「ラーメン激戦区 東京編」というラーメン店や中華料理店などが入った飲食店街が存在しており、東京駅の耐震補強工事と八重洲口の再開発工事のために閉鎖された。なお、「ラーメン激戦区 東京編」は当施設とは異なり複数体制で賃貸・管理を行っており、東日本旅客鉄道(JR東日本)の関連会社「鉄道会館」の担当店舗と、東京ステーション開発の担当店舗が混在していた。

テナント[編集]

第1期[編集]

2009年6月17日開店。

  • 二代目けいすけ 海老そば外伝 - 2011年2月13日閉店。同年4月の第2期開店に合わせて新業態で再開店。
  • 塩専門 ひるがお
  • らーめん むつみ屋 - 2013年5月31日閉店。
  • 六厘舎TOKYO

第2期[編集]

2011年4月8日開店[1]

  • 東京駅 斑鳩
  • 麺処 ほん田 - 2015年5月10日閉店。
  • ジャンクガレッジ - 2013年8月18日閉店。
  • 麺や 七彩 / TOKYO味噌らーめん 江戸甘 - 時間帯によって形態を変える店舗。昼は醤油ラーメンの七彩、夜は味噌ラーメンの江戸甘が営業。2015年5月10日閉店。
  • 蟹専門 けいすけ 北の章 - 元。二代目けいすけ 海老そば外伝。新業態で再開店した。2013年8月18日閉店。

第3期[編集]

2013年9月20日開店。

  • 東京タンメン トナリ - 2018年9月2日閉店。
  • 仙台牛タンねぎ塩ラーメン 㐂蔵 - 2018年9月2日閉店。
  • とんこつらーめん 俺式 純

第4期[編集]

2015年6月18日開店。

第5期[編集]

2018年10月30日開店。

  • つじ田 味噌の章
  • らーめん玉

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]