切手趣味週間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

切手趣味週間(きってしゅみしゅうかん)とは切手の健全な収集をはかるため、日本郵政記念日(旧・逓信記念日)の4月20日を含む1週間に設定されている週間である。

歴史[編集]

1947年が最初でこれにちなむ特殊切手が例年発行されてきたものの、期間中の活動はことさら行われていなかった。近年は日本郵趣協会キャンペーンにより会員が全国各地でミニ切手展を開くなど、実効のある週間となってきている。

発行切手一覧[編集]

郵便事業120周年記念切手として発行。
阪神・淡路大震災の寄付金(20円)付き切手として発行。
中国洛陽市で開催された「中国2009世界切手展」記念として、日中両国の画家による牡丹を題材とする絵画を採用。
「切手趣味週間・郵便創業百四十周年」の名称で発行。これにちなみ、郵便を題材にしたデザインを採用[1]

※図案についてはさくら日本切手カタログより

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]