切手趣味週間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

切手趣味週間(きってしゅみしゅうかん)とは切手の健全な収集をはかるため、日本郵政記念日(旧・逓信記念日)の4月20日を含む1週間に設定されている週間である。

歴史[編集]

切手趣味の普及を図る目的で1947年に当時の逓信省が「切手趣味の週間」として設けた[1]1957年までは11月に行われていたが、1958年より郵政記念日(旧・逓信記念日)の4月20日を中心に行われることになった[2]。これを記念する切手も発行されており、最初の年は普通切手を小型シートに収めたものだったが[3]、翌年には初めて切手趣味週間オリジナルの記念切手が発行され、菱川師宣の『見返り美人』が図案に採用された。この切手は高額印紙用の目打ちを利用して作られたこともあり、翌年に発行された歌川広重の『月に雁』とともに日本の切手の中では最大のサイズとなった[4]。『見返り美人』は日本の記念切手の代名詞といわれ、郵便創業120年にあたる1991年にも採用されている[5]。その後、記念切手の発行は一時中断したが、1955年以降は毎年発行している[6]。近年は日本郵趣協会キャンペーンにより会員が全国各地でミニ切手展を開くなど、実効のある週間となってきている。

発行切手一覧[編集]

普通切手(第1次新昭和1円切手)5枚を組み合わせ、小型シートの形で発行[7]
普通切手(第2次動植物国宝10円切手)10枚を組み合わせ、小型シートの形で発行[6]
郵便事業120周年記念切手として発行。
阪神・淡路大震災の寄付金(20円)付き切手として発行[8]
中国洛陽市で開催された「中国2009世界切手展」記念として、日中両国の画家による牡丹を題材とする絵画を採用。
「切手趣味週間・郵便創業百四十周年」の名称で発行。これにちなみ、郵便を題材にしたデザインを採用[9]

※図案についてはさくら日本切手カタログより

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 特殊切手「切手趣味週間」の発行(特殊切手 平成29年度発行一覧)” (日本語). 日本郵便. 2017年4月22日閲覧。
  2. ^ 日本郵趣協会 監修 『ビジュアル日本切手カタログ Vol.1 記念切手編 1894-2000』 郵趣サービス社、2012年、77頁。 
  3. ^ 日本郵趣協会 監修 『ビジュアル日本切手カタログ Vol.1 記念切手編 1894-2000』 郵趣サービス社、2012年、8頁。 
  4. ^ 日本郵趣協会 監修 『ビジュアル日本切手カタログ Vol.1 記念切手編 1894-2000』 郵趣サービス社、2012年、11,53頁。 
  5. ^ 日本郵趣協会 監修 『ビジュアル日本切手カタログ Vol.1 記念切手編 1894-2000』 郵趣サービス社、2012年、7,238頁。 
  6. ^ a b 日本郵趣協会 監修 『ビジュアル日本切手カタログ Vol.1 記念切手編 1894-2000』 郵趣サービス社、2012年、72頁。 
  7. ^ 日本郵趣協会 監修 『ビジュアル日本切手カタログ Vol.1 記念切手編 1894-2000』 郵趣サービス社、2012年、47頁。 
  8. ^ 日本郵趣協会 監修 『ビジュアル日本切手カタログ Vol.1 記念切手編 1894-2000』 郵趣サービス社、2012年、261頁。 
  9. ^ 特殊切手「切手趣味週間・郵便創業百四十周年」の発行” (日本語). 日本郵便. 2016年8月15日閲覧。
  10. ^ 特殊切手「切手趣味週間」の発行(特殊切手 平成24年度発行一覧)” (日本語). 日本郵便. 2013年8月31日閲覧。
  11. ^ 特殊切手「切手趣味週間」の発行(特殊切手 平成25年度発行一覧)” (日本語). 日本郵便. 2013年8月31日閲覧。
  12. ^ 特殊切手「切手趣味週間」の発行(特殊切手 平成26年度発行一覧)” (日本語). 日本郵便. 2014年3月24日閲覧。
  13. ^ 板橋区立美術館の所蔵作品が切手の絵柄になります!(講座・教室・イベントのご案内)” (日本語). 板橋区立美術館. 2014年9月1日閲覧。
  14. ^ 特殊切手「切手趣味週間」の発行(特殊切手 平成27年度発行一覧)” (日本語). 日本郵便. 2016年8月15日閲覧。
  15. ^ 特殊切手「切手趣味週間」の発行(特殊切手 平成28年度発行一覧)” (日本語). 日本郵便. 2016年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]