山川秀峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山川秀峰(やまかわ しゅうほう、明治31年〈1898年4月3日 - 昭和19年〈1944年12月29日)とは、日本画家版画家美人画で知られる。

来歴[編集]

鏑木清方及び池上秀畝の門人。本名山川嘉雄、京都に生まれる。まず秀畝に師事し花鳥画を学んだ後、大正2年(1913年)に清方に入門し美人画を学ぶ。昭和2年(1927年)長沢小輔の美術社より新版画「婦女四題」連作4点を随時出版、翌昭和3年(1928年)には『新興版画選』と題して「美人八佳選」の第1回分を川瀬巴水の「日本新八景」とともに出版している。また同年の第9回帝展には「安倍野」(培広庵コレクション)を出品して特選となり、昭和5年(1930年)第11回帝展には「大谷武子姫」を出品してこれも特選に入選した。ほかに渡辺版画店からも新版画の美人画作品を発表しており、これらは当時の時代模様を写したモダンな美人画であった。秀峰は伊東深水寺島紫明と共に、清方門下三羽烏と呼ばれた。昭和11年(1936年)には私刊により「をどり十題」を制作する。昭和14年(1939年)伊東深水たちと共に青衿会を設立、美人画家として活動している。版画の作品は少ないが気品のある美人画を残した。代表作に「素踊」、「序の舞」、「羽根の禿」などがあげられる。木版画では「舞踊シリーズ」があり、そのうち、「さらし女」の構図が卓抜で印象的である。他には「赤い襟」、「東京駅」、「信濃路の女」なども優れている。また、雑誌『講談倶楽部』や『キング』の挿絵を描いている。享年47。門人に志村立美武藤嘉亭がいる。作家の山川方夫は息子。

作品[編集]

日本画[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
鷺娘 絹本着色 ホノルル美術館 1925年(大正14年)
花簪の女 絹本著色 額装1面 101x77 培広庵コレクション 大正末期[1]
絹本著色 四曲一隻 講談社野間記念館 1927年(昭和2年)
安倍野 絹本著色 ニ曲一隻 234x222 培広庵コレクション 1928年(昭和3年) 第9回帝展特選。浄瑠璃『芦屋道満大内鑑』に取材[1]
逝く春/銀鳩 紙本著色 二曲一双 佐久市立近代美術館 1929-31年(昭和4-6年)
序の舞 絹本著色 額装1面 181.5x127.0 東京国立近代美術館 1932年(昭和7年) 第13回帝展
山内一豊の妻 紙本著色 額装1面 151x181cm 神宮徴古館 1833-42年(昭和8-17年)[2]
弥生 絹本着色 城西大学水田美術館
三人の姉妹 絹本着色 四曲一隻 ホノルル美術館 1936年(昭和11年)

新版画[編集]

  • 「婦女四題」より 1.秋 木版多色・紙 美術社版 昭和2年(1927年) 東京国立近代美術館千葉市美術館ホノルル美術館所蔵
  • 「婦女四題」より 2.雪もよひ 木版多色・紙 美術社版 昭和2年 東京国立近代美術館、千葉市美術館所蔵
  • 「婦女四題」より 3.赤い襟 木版多色・紙 美術社版 昭和3年(1927年) 東京国立近代美術館所蔵
  • 「婦女四題」より 4.たそがれ 木版多色・紙 美術社版 昭和3年 東京国立近代美術館所蔵
  • 「布晒し」 木版画 昭和11年(1936年)
  • 「東京駅」 木版画 渡辺版 昭和17年(1942年)

著書[編集]

  • 『青森案内』 長谷川書林、1915年
  • 『古典舞踊を描く』(第1、2) 古今堂、1937年

脚注[編集]

  1. ^ a b 加藤類子監修 『培広庵コレクション 「華麗な近代美人画の世界」図録』 アートシステム、2006年、pp.40-42。
  2. ^ 小堀桂一郎監修 所功編著 『名画にみる 國史の歩み』 近代出版社、2000年4月19日、p.55、ISBN 978-4-907816-00-1

参考文献[編集]

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』第10巻 大修館書店、1981年
  • 吉田漱 『浮世絵の基礎知識』 雄山閣、1987年
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年
  • 町田市立国際版画美術館編 『浮世絵モダーン 深水・五葉・巴水…伝統木版画の隆盛』 町田市立国際版画美術館、2005年 
  • 国際アート編 『大正シック展 ‐ホノルル美術館所蔵品より‐』 国際アート 2007年
  • 江戸東京博物館編 『よみがえる浮世絵 うるわしき大正新版画展』 江戸東京博物館・朝日新聞社、2009年

関連項目[編集]