山川方夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山川 方夫
Masao Yamakawa in Asahi Joournal 1964.10.4.JPG
1964年の肖像
誕生 山川 嘉巳
1930年2月25日
東京市下谷区上野桜木町
死没 (1965-02-20) 1965年2月20日(34歳没)
日本の旗 日本 神奈川県大磯町
墓地 妙覚寺東京都大田区[1]
職業 作家編集者
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士仏文
最終学歴 慶應義塾大学仏文科
活動期間 1950年 - 1965年
ジャンル 小説評論随筆
文学活動 三田文学
代表作 『演技の果て』(1958年)
『海の告発』(1958年)
『その一年』(1959年)
『日々の死』(1959年)
『海岸公園』(1961年)
『親しい友人たち』(1963年)
『長くて短い一年』(1964年)
愛のごとく』(1965年)
『トコという男』(1965年)
デビュー作 『バンドの休暇』(1950年)
配偶者 山川みどり
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

山川 方夫(やまかわ まさお、本名:山川 嘉巳1930年2月25日 - 1965年2月20日)は日本小説家

略歴[編集]

東京市下谷区上野桜木町(現在の東京都台東区上野桜木町)にて、日本画家山川秀峰の長男として生まれ、品川区下大崎(現在の品川区東五反田)に育つ。

1936年慶應義塾幼稚舎に入学。1942年慶應義塾普通部に進学。1944年、神奈川県中郡二宮(現在の二宮町)の家に疎開。同年8月より普通部を休学。敗戦を二宮の家で迎える。1945年4月普通部3年に復学[2]1947年、慶應義塾予科文学部に入学。在学中に学制改革を経て慶應義塾大学文学部仏文科に進む。1952年卒業。卒論はサルトル。慶應義塾大学大学院文学研究科仏文専攻に入学。『三田文学』に参加。1953年、大学院中退。1954年田久保英夫桂芳久と共に第3次『三田文学』を創刊。新人発掘に力を注ぎ曽野綾子江藤淳坂上弘などの作品を掲載する。1956年、編集を退く。

1958年、『演技の果て』で第39回芥川賞候補となる。1959年、『その一年』『海の告発』で第40回芥川賞候補となる。1960年中原弓彦編集の『ヒッチコック・マガジン』誌に登場し、ショートショートを執筆。後に日本国外の雑誌に翻訳される「お守り」を『宝石』に発表する。1961年、『海岸公園』で第45回芥川賞候補となる。

1962年から1963年にかけて『ヒッチコック・マガジン』誌で、『夏の葬列』などのショートショート『親しい友人たち』を連載。同じ頃、寿屋(現在のサントリー)のPR誌『洋酒天国』の編集に関与。1964年、『クリスマスの贈物』で第50回直木賞候補、『愛のごとく』で第51回芥川賞候補となる。同年5月、聖心女子大学国文科を卒業して大学院在学の傍ら母校の湘南白百合学園の講師になったばかりの生田みどり(1942年生まれ)と結婚[3]

1965年2月19日12時30分頃、二宮駅前の国道1号の横断歩道を渡ろうとした際にトラックに轢かれる交通事故に遭い、翌日午前10時20分に搬送先の大磯町の病院で死去[4]。享年34。

妻の山川みどり旧姓 生田)は、1983年から2001年まで『芸術新潮』誌の編集長を勤める。

エピソード[編集]

  • ペンネームの「方夫」は、父の師の一人である日本画家 鏑木清方の「方」と、親交のあった劇作家 梅田晴夫の「夫」を組み合わせたもの。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山川方夫 文学者掃苔録
  2. ^ 三田文学 1967, p. 42.
  3. ^ 山川方夫、みどりさんの本、連続刊行! 清流出版、2011年2月14日。
  4. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)338頁

参考文献[編集]

  • 「山川方夫年譜」、『三田文学』第3号、1967年3月、 42-44頁。

外部リンク[編集]