蔦谷喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蔦谷喜一
ペンネーム フジヲ
キイチ/KIICHI
きいち
誕生 (1914-02-18) 1914年2月18日
大日本帝国の旗 大日本帝国東京市京橋区
紙問屋「蔦谷音次郎商店」
死没 (2005-02-24) 2005年2月24日(91歳没)
埼玉県春日部市
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 川端画学校
活動期間 1940年 -
ジャンル 塗り絵
テンプレートを表示

蔦谷喜一(つたや きいち、1914年2月18日 - 2005年2月24日)は画家塗り絵作家東京都出身。[1]

生涯[編集]

この節の出典:[2] [3]

大正3年(1914年京橋の紙問屋「蔦谷音次郎商店」の9人兄弟の7番目(五男)として生まれる。

昭和6年 (1931年)、東京市立京橋商業学校を中退し、画家を志し川端画学校で学ぶ。

昭和15年 (1940年)、友人が持ち込んだ「ぬりえ」の仕事をフジヲの名で始める。フジヲは、夏目漱石の「虞美人草」の藤尾からとった。

昭和16年 (1941年)、太平洋戦争の勃発によりぬりえの仕事は休止。

昭和22年 (1947年)、キイチ/KIICHIの名でぬりえの制作と販売を始める。その後、石川松声堂山海堂との共同経営となる。

昭和23年 (1948年) に「きいち」の名で、ぬりえを描くことに専念、大人気となる。昭和30年代後半にアニメブームが起こるまでぬりえ人気が続く。

昭和40年 (1965年)、リースや即売用の日本画の美人画や、肖像画を書き始める。

昭和47年1972年きいちファンであったデザイナー長谷川義太郎と初めて出会う。長谷川の店「文化屋雑貨店」原宿の雑貨のイラストを担当するようになる。

昭和53年 (1978年)、長谷川の働きかけで資生堂ザ・ギンザのギャラリーにて「きいちのぬりえ展」が開催され、第2次きいちブームの火付け役となる。

昭和60年 (1985年) 頃から、ひな祭り羽根つき七夕など、主に日本の文化や風習ななどを取り入れた童女の姿を描く「童女百態シリーズ」に取り組み始める。

平成5年(1993年)、テレビ朝日キャンペーンのポスターに起用され、駅張りや電車内吊り広告、新聞紙上でのカラー広告、テレビCMになり、1993年、朝日広告賞・多色部門賞を受賞。雑誌広告批評などでもインパクトの強い作品として評価され、話題となった。

平成17年 (2005年)、埼玉県春日部市の病院にて死去。

戦後出版された「きいちのぬりえ」シリーズの塗り絵本は、当時の少女たちから絶大なる人気を誇り、2005年に老衰で没すまで(享年91)続刊され続け、今日も少女から中高年の特に女性の人気を集めているベストセラーとなった。

ぬりえ美術館[編集]

東京都荒川区町屋には「きいちのぬりえ」を中心としたコレクションを展示するぬりえ美術館がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東文研アーカイブデータベース 2015.
  2. ^ 『わたしのきいち-ぬりえ作家、蔦谷喜一の世界』蔦谷喜一・上村久留美著・小学館1997年発行
  3. ^ 世界大百科事典内の蔦谷喜一の言及『蔦谷喜一』 - コトバンク


外部リンク[編集]