内山勝 (ロボット研究者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内山 勝
Masaru UCHIYAMA
人物情報
生誕 (1949-09-16) 1949年9月16日(69歳)[1]
福岡県小郡市[2][注釈 1]
出身校 久留米大学附設高等学校[2]
東京大学
学問
研究分野 機械工学ロボット工学航空宇宙工学
研究機関 東北大学
ニューカッスル・アポン・タイン大学
カリフォルニア大学サンタバーバラ校
宇宙科学研究所
博士課程
指導教員
藤井澄二、吉本堅一[5]
博士課程
指導学生
北垣高成[6]、近野敦[7]、妻木勇一[8]、能見公博[9]、多羅尾進[10]尹祐根[11]、辻田哲平[12]阿部幸勇[13]
学位 工学博士(東京大学)
主な業績 ロボットの学習制御[14][15]、ロボットの動的制御、6軸力センサの解析、宇宙ロボットのハイブリッドシミュレータ
主要な作品 パラレルロボットHEXA
影響を
受けた人物
箱守京次郎、中村仁彦金宮好和
学会 IEEE日本ロボット学会日本機械学会、など
主な受賞歴 計測自動制御学会 - 論文賞・技術賞・著述賞、日本ロボット学会 - 論文賞・技術賞
テンプレートを表示

内山 勝(うちやま まさる、1949年(昭和 24年) 9月16日[1] - )は日本のロボット研究者。東京大学工学博士東北大学名誉教授。いち早くロボットの学習制御や動的な制御に取り組み、6軸力センサやパラレルロボット「HEXA」、宇宙ロボットのハイブリッドシミュレータも開発[16]ETS-VIIの宇宙遠隔操作実験にも参画し[17]石渡治の漫画『パスポート・ブルー』に登場した東北大学内村研究室のモデルにもなった[要出典][注釈 2]。フレキシブルアームの制御やヒューマノイド、カーロボティクスの研究も手掛け、宇宙科学研究所教授(併任)や東北大学大学院理工学研究科長も歴任した[18]

略歴[編集]

社会的活動[編集]

ほか、

米国航空宇宙学会、日本工学アカデミー、日本工学教育協会、自動車技術会システム制御情報学会人工知能学会日本航空宇宙学会精密工学会、日本IFToMM会議

などの会員[28][18]

著作[編集]

学位論文[編集]

主な著書[編集]

  • 内山勝、中村仁彦『ロボットモーション』岩波書店〈岩波講座ロボット学〉、2004年11月。ISBN 4000112422978-4000112420

学会誌など記事[編集]

(解説)

(展望)

(研究紹介)

業績[編集]

主な受賞[編集]

事例紹介[編集]

特許[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 福岡県朝倉郡夜須村出身で本籍が福岡県小郡市という記述[3]もあるが、「福岡県小郡市出身」[2][4]にならった。
  2. ^ 『パスポート・ブルー』第7巻(ISBN 4091256171ASIN B009JZH6Q8)を中心に登場。
  3. ^ 単著、『計測自動制御学会論文集』第14巻第6号、1978年、706-712頁。
  4. ^ 受賞者 - 金斗亨、内山勝[29]
  5. ^ 共同受賞者 - 内山勝、中村仁彦[29]
  6. ^ 共同受賞者 - 内山勝、中村吉宏、箱守京次郎、掲載誌 - 『日本ロボット学会誌』第5巻第1号、1987年、4-10頁。
  7. ^ 共同受賞者 - 姜兆慧 内山勝、掲載誌 - 『日本ロボット学会誌』第6巻第5号、1988年、416-423頁。
  8. ^ 受賞者 - 内山勝、飯村憲一、多羅尾進、フランソワ・ピエロ、外山[31]
  9. ^ 『日本機械学会論文集C編』第45巻第391号(1979年)に掲載された以下の単著論文3本が該当論文となる。「人工の手の運動制御に関する研究 ―第1報 特異点を考慮した協調運動の計算」、314-322頁。「人工の手の運動制御に関する研究 ―第2報 数学モデルによる協調運動の制御」、323-335頁。「人工の手の運動制御に関する研究 ―第3報 動的視覚とビジュアルフィードバック」、336-345頁。(#外部リンクの日本ロボット学会のサイトも参照)
  10. ^ 受賞者 - 能見公博、ドゥラゴミル・ネンチェフ、掲載誌 - 『日本機械学会論文集C編』第64巻第618号、1998年、629-635頁。
  11. ^ 受賞者 - 妻木勇一、内山勝、掲載誌 - 『日本機械学会論文集C編』第64巻第626号、1988年、3901-3906頁。
  12. ^ 粟春晨、内山勝、箱守京次郎『計測自動制御学会論文集』第26巻第5号、1990年、487-493頁。
  13. ^ 金斗亨、内山勝『計測自動制御学会論文集』第37巻第9号、2001年、880-885頁。[38]

出典[編集]

  1. ^ a b 内山・近野 1998, p. 923.
  2. ^ a b c 瀬名秀明.“出演者プロフィール”. 東北大学機械系― 瀬名秀明がゆく!. 東北大学. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ a b 東北大学大学院工学研究科長候補者の選出について”. 東北大学 (2008年12月10日) 2018年1月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 次期部局長予定者の内定について”. 東北大学 (2011年2月8日) 2018年1月1日閲覧。
  5. ^ 藤井澄二、吉本堅一「ロボット研究の回顧と展望」、『日本ロボット学会誌』第1巻第1号、1983年4月、 4-8頁。
  6. ^ 北垣高成『ロボットマニピュレータの接触制御に関する研究』東北大学〈博士学位論文(甲第4030号)、1989年3月24日。
  7. ^ 近野敦『3次元フレキシブルマニピュレータの運動制御に関する研究』東北大学〈博士学位論文(甲第4811号)〉、1993年3月25日。doi:10.11501/3066899
  8. ^ 妻木勇一『宇宙ロボットの遠隔操作に関する研究』東北大学〈博士学位論文(乙第7616号)〉、1998年12月9日。doi:10.11501/3150334
  9. ^ 能見公博『テザー宇宙ロボットの空間移動と手先位置姿勢制御』東北大学〈博士学位論文(甲第6400号)〉、1998年3月25日。NAID 500000162595doi:10.11501/3141717
  10. ^ 多羅尾進『高速ロボットによるハイブリッドモーションシミュレーションの実現と応用』東北大学〈博士学位論文(甲第7598号)〉2000年9月13日。doi:10.11501/3177945
  11. ^ 尹祐根モデルベースト遠隔操作に関する研究』東北大学〈博士学位論文(乙第8380号号)〉、2003年9月10日。
  12. ^ 辻田哲平『A humanoid robot motion generation method to perform tasks utilizing impact dynamics』東北大学〈博士学位論文(甲第12840号)〉、2009年3月25日。日本語題名『衝撃力を活用した作業実現のためのヒューマノイドロボット動作生成手法』
  13. ^ 阿部幸勇『高指向性弾性はり構造とその力覚センサへの応用に関する研究』東北大学〈博士学位論文(乙第8988号)〉、2009年7月8日。
  14. ^ 有本卓『新版 ロボットの力学と制御』朝倉書店〈システム制御情報ライブラリー〉、1990年(2003年、新版第2刷)、211-212頁。ISBN 4-254-20945-2
  15. ^ 吉川恒夫ロボット技術」、『計測と制御』第41巻第1号、2002年、17-21頁。
  16. ^ メッセージ 2007, pp. 1-8.
  17. ^ メッセージ 2007, p. 2.
  18. ^ a b 東北大学史料館 2015.
  19. ^ a b 内山 1988, p. 458.
  20. ^ a b c d e f g h 東北大学史料館 2015, p. 0-1.
  21. ^ 内山 1983, p. 9.
  22. ^ a b 近野・内山 1998, p. 923.
  23. ^ a b 内山勝 教授の最終講義を開催しました(平成27年2月27日開催)”. 東北大学機械系 (2015年3月9日) 2017年9月18日閲覧。
  24. ^ 北條春夫 (2016年5月10日). “2016年度日本IFToMM会議シンポジウムおよび総会のお知らせ”. 2017年9月18日閲覧。
  25. ^ 日本機会学会フェロー一覧”. 2017年9月18日閲覧。
  26. ^ フェロー”. 計測自動制御学会. 2017年9月18日閲覧。
  27. ^ フェロー”. 日本ロボット学会. 2017年9月18日閲覧。
  28. ^ researchmap 2015.
  29. ^ a b c d 学会賞受賞者”. 計測自動制御学会. 2017年9月18日閲覧。
  30. ^ a b 論文賞”. 日本ロボット学会. 2017年9月18日閲覧。
  31. ^ a b 実用化技術賞”. 日本ロボット学会. 2017年9月18日閲覧。
  32. ^ 設立特別功労賞”. 日本ロボット学会. 2017年9月18日閲覧。
  33. ^ 東北大学史料館 2015, p. 8.
  34. ^ 1998年度 日本機械学会賞,日本機械学会奨励賞受賞者”. 日本機械学会. 最近の受賞者一覧. 2018年1月1日閲覧。
  35. ^ 2000年度(平成12年度)日本機械学会賞受賞者”. 日本機械学会. 2017年9月18日閲覧。
  36. ^ 2002年部門賞”. 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門. 2017年9月18日閲覧。
  37. ^ (平成4年度)”. 論文顕彰対象一覧表. 油空圧技術振興財団. 2017年9月18日閲覧。
  38. ^ a b 過去の「論文賞(含む特別賞)」一覧(平成14年から平成27年). 2017年9月18日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]