健康法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
睡眠の確保
犬との散歩
ラジオ体操会(2002年夏休み、大阪市鶴見区でのひとコマ)
太極拳は中国で盛んに行われている健康法
健康法として合気道を行っている人もいる
温泉は人間だけでなく猿も本能的に行う健康法(地獄谷温泉にて)
気功は世界各地で行われている
もみ」は先あたりを揉む健康法
ヨーガのアサナ(ポーズ)のひとつ
山中にてヨーガの蓮華座を組む人

健康法(けんこうほう)とは、健康を保つことを目的として日常的に行なわれる行為や方法のことである。健康法を実践することは養生ともいう。

体操の類、自分で行うマッサージの類、食事の管理や控えめな飲食の習慣、心身調和をもたらす方法の実践(呼吸法瞑想の習慣)、心の持ち方(短気にならない、怒らない、「足るを知る」 等々)、そのほか生活習慣全般など、その範囲は多岐に及ぶ。

歴史[編集]

江戸時代中期、貝原益軒は『養生訓』にて「身をたもつ」という表現を利用し、日常の中で健康に生きるすべを説き、運動栄養休息に過不足なく(つまりそれらが適切な量の)生活をすること、控えめな飲食、口腔の衛生(口腔つまりを清潔に保つこと)などを説いた。

明治期に「三大健康法」と呼ばれたのは「岡田式呼吸静坐法」「二木式腹式呼吸法」「藤田式息心調和法」であった[1]

1974年には、カナダから、健康には(それまで欧米で想定されがちであった)生物医学的な要素よりも、むしろ環境的な要因や個人の行動そして生活様式が重要な要素である、という報告がもたらされ、健康づくりの重要性が認識される流れが生まれ、現在まで続いている。

1985年、厚生省は、「健康づくりのための食生活指針[2]」を策定した。

2004年5月には、非伝染性疾病のもたらす世界的な脅威への世界的対策として、食事と運動、健康についての世界戦略が提唱されている[3]

2006年、厚生労働省は、国民の生活習慣病予防のために「健康づくりのための運動指針2006」を策定した。

具体例[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 厚生省保健医療局健康増進栄養課『健康づくりのための食生活指針-解説と指導要領』第一出版、1986年5月、ISBN 978-4-8041-0327-3
  3. ^ 食事と運動、健康についての世界戦略(世界保健機関)、全文
  4. ^ 福田稔、安保徹『奇跡が起こる爪もみ療法』マキノ出版、2002
  5. ^ 有田秀穂、中川一郎 『「セロトニン脳」健康法―呼吸日光タッピング・タッチの驚くべき効果』、講談社プラスアルファ新書、2009
  6. ^ 松本幸夫『超健康法-中村天風に学ぶ心身統一法』総合法令出版
  7. ^ 甲田光雄『奇跡が起こる半日断食』マキノ出版(ビタミン文庫)、2001、ISBN 4837611567
  8. ^ 渡辺正『朝食抜き!ときどき断食!』 講談社プラスアルファ新書、2003、ISBN 4062722313
  9. ^ 石原結實『「半断食」健康法』講談社、2004、ISBN 4062722828
  10. ^ 俳優の高橋英樹は、健康法として日常的に蹲踞姿勢をとるようにしていて、蹲踞姿勢のままテレビを見たり台本を読んだりしているという。背筋がすっと伸びて体調が整い腰痛防止にもなるという。
  11. ^ 島谷浩幸『歯磨き健康法 お口の掃除で健康・長寿』アスキー・メディアワークス

関連文献[編集]

論文等

関連項目[編集]