ぶらさがり健康法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ぶらさがり健康法(ぶらさがりけんこうほう)は健康法の一種。日本体育大学教授、塩谷宗雄らによって考案され、1975年(昭和50年)に健康をテーマとした月刊誌「壮快」(マキノ出版)に掲載されたのが最初とされる。

効果[編集]

体重を支えられる器具に1日1分程度ぶらさがることで背筋を伸ばす。肩こり腰痛、内臓の疾患などに効果があるとされた。

ぶらさがり健康器[編集]

1978年ぶらさがり健康器こと「サンパワー」が日本直販などのテレビ通販を通じて爆発的なブームとなった。多いときには1日20万台以上売れたという。この器具の生みの親は塩谷宗雄とは関係がないいわゆる町の発明家で、ブーム時には一気に大金を手にした。ちなみにその発明家は元おきゃんぴー中野の父親である。[1]しかし翌年にはブームは急速に沈静化、廉価版の類似商品も出回り、多大な不良在庫をかかえることになる。そしてその翌年には会社が倒産するという憂き目に会うことになる。

出典[編集]