伊藤美紀 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤 美紀 Football pictogram.svg
名前
愛称 いときん[1]
カタカナ イトウ ミキ
ラテン文字 ITO Miki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-09-10) 1995年9月10日(27歳)
出身地 日本の旗 日本青森県上北郡おいらせ町
身長 150cm[1]
体重 44kg[1]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 INAC神戸レオネッサ
ポジション MF
背番号 6
利き足 右足[1]
ユース
日本の旗 木内々スポーツ少年団サッカー部
日本の旗 ナカスポ
2011-2013 日本の旗 常盤木学園高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014- 日本の旗 INAC神戸レオネッサ 121 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年5月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

伊藤 美紀(いとう みき、1995年9月10日 - )は、青森県上北郡おいらせ町出身[2]女子サッカー選手。INAC神戸レオネッサ所属。常盤木学園高等学校出身。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

兄の影響でサッカーを始め、中学時代は地元の下田中学校とサッカークラブ「ナカスポ」でプレーし[3]2011年常盤木学園高校へ進学[2]

2014年INAC神戸レオネッサに入団[4]。同年5月4日に行われたなでしこリーグレギュラーシリーズ第6節FC吉備国際大学Charme戦に先発出場し、前半24分にリーグ初得点を記録した[5]

2016年シーズンはシーズン前の練習試合で左膝半月板損傷し手術を行ったため、多くの出場機会を得ることはできなかった[6]

2017年シーズンから背番号が22番から6番に変更になった[7]

エピソード[編集]

本来はフォワードやサイドの攻撃的なポジションでプレーしていたが、松田岳夫監督がINAC神戸レオネッサの監督に就任した2015年に、中盤の守備的なポジションを任されるようになる。

当初は慣れないポジションでの起用に「攻撃でも守備でも何をしていいかわからない」状態だったが、ボランチでコンビを組んだ澤穂希に「自由にやっていい。全部私がカバーするから」と言われ、中盤に欠かせない主力選手へと急成長する[8]。その年に現役引退を表明していた[9]澤と中盤でコンビを組んだ「最後の相方」[10]となった。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2011 常盤木学園高校 26 チャレンジEAST 10 6 - 2 1 12 7
2012 9 15 6 - 2 0 17 6
2013 17 13 - 1 0 18 13
2014 INAC神戸レオネッサ 22 なでしこ 15 2 - 2 0 17 2
2015 なでしこ1部 16 2 - 4 1 20 3
2016 5 0 0 0 3 0 8 0
2017 6 15 0 8 2 2 0 25 2
2018 18 0 9 1 5 0 32 1
2019 14 0 10 0 4 0 28 0
2020 18 0 - 3 0 21 0
2021-22 WE 20 2 - 1 0 21 2
2022-23 4 0 4 0 8 0
通算 日本 1部 121 6 31 3 28 1 180 10
日本 2部 42 25 - 5 1 47 26
総通算 163 31 31 3 33 2 227 36

タイトル[編集]

クラブ[編集]

個人[編集]

代表歴[編集]

主な出場大会[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 登録選手 : 【伊藤 美紀】 | INAC神戸 レオネッサ” (日本語). inac-kobe.com. 2021年5月24日閲覧。
  2. ^ a b 【青森ゴールVOL-33】記事紹介 No.2 AOMORI GOAL、2016年2月11日閲覧。
  3. ^ 選手名鑑 伊藤美紀 なでしこジャパン公式サイト、2016年2月11日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ 2014シーズン新加入選手内定のお知らせINAC神戸レオネッサ公式、2016年3月9日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 公式記録 プレナスなでしこリーグ2014 レギュラーシリーズ 第6節なでしこリーグ公式サイト.2014.5.4付、2017年3月13日閲覧。
  6. ^ INAC伊藤美紀、けがも経験全て生かす/イチオシ日刊スポーツ.2017.1.7付、2017年3月11日閲覧。
  7. ^ リーグ開幕まであと6日![カウントダウン担当:#6伊藤美紀]INAC神戸レオネッサオフィシャルブログ.2017.3.20付、2017年6月17日閲覧。
  8. ^ 『全部私がカバーするから』。20歳を”隣”で支えた澤の言葉。新境地開拓で自信を掴んだ伊藤美紀、愛情に育まれた充実の1年 FOOTBALL CHANNEL、2016年2月11日閲覧。
  9. ^ 澤穂希選手 現役引退のお知らせ INAC神戸レオネッサ公式ホームページ、2016年2月11日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ 澤を追いかけて…“最後の相方”に期待 デイリースポーツ(2016年1月8日)、2016年2月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]