仮性皮疽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仮性皮疽(かせいひそ、英:pseudofarcy)とはヒストプラズマ属に属するHistoplasma capsulatum var. farciminosum 感染を原因とする真菌症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はウマ節足動物による媒介が示唆されている。ウマにおける症状は頚部や四肢の念珠状膿瘍を特徴とする。伝染性リンパ管炎が認められる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 清水悠紀臣ほか 『動物の感染症』 近代出版 2002年 ISBN 4874020747