コイ春ウイルス病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コイ春ウイルス病(コイはるウイルスびょう、英:spring viremia of carp;SVC)とはラブドウイルス科Vesiculovirus属に属するコイ春季ウイルス血症ウイルス(spring viremia of carp virus;SVCV)感染を原因とするコイ科魚類感染症。水を介した水平感染を引き起こし、外部所見として腹部膨満、皮膚点状出血、眼球突出、体色黒化、鰓色明化、内部所見および病理所見として内臓の出血、腹水貯留、の点状出血、肝臓の多発性壊死、全身の充血膵臓化膿性炎が認められる。

他のラブドウイルス科ウイルスを原因とする魚類の感染症[編集]

参考文献[編集]

  • 畑井喜司雄ほか 『魚病学』 学窓社 1998年 ISBN 4873620775