伝染性造血器壊死症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伝染性造血器壊死症(でんせんせいぞうけつきえししょう、英:infectious hematopoietic necrosis;IHN)とはラブドウイルス科Novirhabdovirus属に属する伝染性造血器壊死症ウイルス(infectious hematopoietic necrosis virus;IHNV)の感染を原因とするサケ科魚類の感染症。10℃前後の水温での発生が多い。罹患魚は狂奔的遊泳行動を示し、外部所見として体色黒化、眼球突出、腹部膨満、内部所見、病理所見として体側や肛門付近の筋肉内にV字状出血、腹膜、腹腔内脂肪組織、点状出血、血様腹水貯留、腎臓脾臓の造血器官の壊死、骨格筋内の出血が認められる。水平感染垂直感染のいずれもみられる。発眼卵のヨード剤による消毒は本病の防除に有効である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 畑井喜司雄ほか 『魚病学』 学窓社 1998年 ISBN 4873620775