ウイルス性出血性敗血症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウイルス性出血性敗血症(ウイルスせいしゅっけつせいはいけつしょう、英:viral hemorrhagic septisemia;VHS)とはラブドウイルス科Novirhabdovirus属に属するウイルス性出血性敗血症ウイルス(viral hemorrhagic septicemia virus;VHSV)の感染を原因とするサケ科魚類の感染症。低水温での発生が多い。外部所見は体色黒化、眼球突出の褪色、内部所見、病理所見は内臓や腹腔の大量出血、腹膜、腹腔内脂肪組織骨格筋点状出血腎臓脾臓の造血器官の壊死貧血白血球の減少。伝播は汚染された飼育水からの水平感染により、垂直感染は起こさない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 畑井喜司雄ほか 『魚病学』 学窓社 1998年 ISBN 4873620775